ARTICLE PAGE

東濃牧場150km【初めての累積標高2000m】



家に引きこもると体調が目に見えて悪化する。
どっかへ行こう。そうだ、前から行きたかった東濃牧場へ行こう。

5:40に目を覚まし準備をする。
長袖ジャージに冬用と夏用のインナー。
グローブは夏用と冬用、タイツは10℃
寒かったのでフェイスマスクも・

DSC04596.jpg
[行ってきます!]
走りだしてすぐ暑くなり顔面マスクを脱ぐ。
どうやら過剰装備だったようだ。
雨沢峠の入口で冬用インナーを脱ぐ。たちまちサドルバック満タン(汗)

DSC04601.jpg
[ぼちぼち登ろう]
初めの緩い区間で飛ばし過ぎ脇腹痛に・・・
思わず数分休憩してしまった。
休憩抜きのタイムは[23:59]でした。

DSC04613.jpg
[あの日諦めた分岐点]
雨沢峠を抜けてから本当に行こうか迷いが生じる。
お腹が痛かったが、あの日の角まで行こうとペダルを回す。
あの日の自分に勝つんじゃない、今の自分がどこまで行けるか試すんだ。

DSC04617.jpg
[曽木公園]
ここが紅葉で有名な曽木公園らしい。
すごく小さく思えた。
曽木からは長い下り坂。バイク集団が駆け抜けていく。

DSC04620.jpg
[名物・日本一の狛犬]
ついに狛犬とご対面することができた。
ここを右に行くと小原周回コースになる。
まだまだ先に進もう。

DSC04622.jpg
弱気が出てきたため陶町の交番でトイレ休憩をした。
道の駅やめて瑞浪駅まで降りて輪行しようかとか。
人は迷ってる時が一番弱い。
行きたいという気持ちが少しでもあることを確認し再スタート
お巡りさん、とても親切でした。ありがとうございます。

DSC04627.jpg
[小里川ダム]
庄内川の唯一のダムらしい。覗きこむと怖い。

DSC04629.jpg
[道の駅・おばあちゃん市山岡]
スタンプを押しつつルートを確認。
瑞浪に降りるとなるとあの高所にある橋を渡らないといけない。
だったら武並駅目指そう。東濃牧場にも近づくし。

DSC04632.jpg
ここからは快走できた。走っていて気持ちがいい。
起伏が少なくなり景色が開けてくる。
サークルKで休憩しているとチーム練している人がやってきた。
皆「暑い・・気持ち悪い」と言ってる。僕だけじゃないんだと安心。

めげそうになってる時に挨拶されると勇気が出る。
僕も勇気をもらった以上、勇気を与えられる人になろう。
そんな風に好循環を起こしていければ素晴らしいと思う。

DSC04636.jpg
DSC04638 copy
[のどかな岩村]
ゆったりとした空気が流れている。
今みたいに刺激で溢れてない「なちゅらる」な街
アップダウン地獄のあとの平地は嬉しさ倍増

DSC04645.jpg
DSC04642.jpg
DSC04651.jpg
[岩村城下町]
ひな祭りをやっているようで賑わっていた。
団子型の五平餅を食べながらぶ〜らぶら。
ところで岩村って中馬街道の宿場ではないの?

いろいろブラブラしてたら岩村城跡に行ってみたくなった。
迷いながらも行くと決めR257を登る。
分岐すると激坂、押して上るが腰がいたい。

DSC04662.jpg
DSC04657 copy
[岩村城跡]
なかなかの眺めでございます。
思ったより人がいて驚き。
自転車を担いで石垣を登っていると

あいつ、自転車で登ってきたんやぞ」って話題に。

自分でもこの場所は自転車で来るような場所ではないと思いました。
登ったということは激坂を下らねば。
登りでは薄着、下りではウィンドブレーカ&冬用グローブを必ず着用。

DSC04669.jpg
岩村を離れる途中にの山をみてアレ?って。
もしかして右上の白い部分岩村城跡じゃね?何やってんだ自分ww

DSC04671.jpg
[東濃牧場まで?]
この看板すぐそこみたいな感じだがここからが遠い。
ハイキングしている人に忠告された。

ヘアピンカーブは傾斜10%を越える。
それでも行く、ここまで来たからには。

DSC04675.jpg
谷の向こうに憧れの地・東濃牧場が姿を表した。
ここからどう反対側の山に行くのか。道筋が不安でしかない。

DSC04676.jpg
尾根に近いからか源流っぽいのがいくつも流れてさながら高原気分。
キジのひな?メス?にも出会った。

口ぐさむ歌はカントリーロード♪

DSC04679.jpg

DSC04684.jpg
[東濃牧場]
ついに到着!!
GoogleMAPで見つけてから約1年!!
自分も成長したんですね。

牛乳を飲んで一息。
自然と深呼吸になってる、癒される。
大変な道のりがあるからこそかもです。

なぜ東濃牧場に執着してたのか?
それはこの景色を見たかったから!!

DSC04712.jpg
眼下に阿木川湖、遠くに恵那山。
少し霞んでいても美しい!
また来たい?と聞かれれば・・・今はちょっといいです笑

DSC04690.jpg
ここのヤギさん、STIに興味津々。変速してみたいのでしょうか?
かじるなよ(# ゚Д゚)

DSC04721.jpg
雲の流れを見ていると自分の悩みなんて・・と思えてきます。
大きなものや遠くをみると自分のちっぽけさに気づくのかもしれません。
ちなみにこの牧場は一人客が多く、夫婦やカップルはほぼいませんでした。
それだけ観光地化はされていないようなので、よければ笑

DSC04726.jpg
[ダウンヒル恐怖症克服法]
windowsXPの壁紙みたい。
ここから250m(平均10%)のダウンヒル。
ダウンヒル恐怖症の僕だが克服法で乗り切る。岩村城跡の激坂も乗り切った。
その克服法とは単純に飛ばさないこと。
15〜20km/hで下れば焦らない。
登りが早い人は下りが早いというけど、そんなに急いでどないすんねん

DSC04728.jpg
[阿木川湖]
さっきまで眼下にあった湖に僕はいる。
阿木川ダムのダウンヒルは少し手強い。
路面に縦方向に溝が掘ってありコーナーでハンドルを取られる。
自転車乗りにとって危険アイテムでしかない。

DSC04732.jpg
[中山道・大井宿]
恵那が大都会に感じた。
そんな感覚は普段はなかなか感じられない。
三大都市圏に暮らしているから都会慣れしてしまっているんだろう。
イオンに行くのが楽しみ。一つのレジャー。わかる気がした。

DSC04733.jpg
[銀の森]
何かと注目されている銀の森に行ってみた。

DSC04736.jpg
DSC04737.jpg
DSC04738_2015032223250012b.jpg
とにかくおしゃれなのであります。
写真はないですがレストランは特に。まるで東京の表参道のような・・・。
レーパンでお土産選びをしている自分が場違いすぎて早々に撤退しました。
いつか、あの人と来たいと思います。

DSC04742.jpg
どう帰ろう?
①坂折棚田から八百津方面へ
②下街道で無難に
③輪行チート

迷った結果②に決定。①にしてたら雷に打たれていたかも。
槙ヶ根という小さな峠を越えると庄内川流域。
この角から下街道に入る。

DSC04746.jpg
[下街道]
とってものどかな道。
川の流れのようにを歌いたくなるような雰囲気。

DSC04748.jpg
ん?何かの滝があるぞ???
−2%の下りが永遠と。逆ならかなり嫌な登りだなぁと思いつつ。

DSC04749.jpg
途中から一緒に走る。
おかげでペースを落とすことなく瑞浪に辿り着くことができた。
ありがとうございます。

土岐を越えると神明峠。
雨がパラパラ降り始める。
サドルバックはオルトリーブ、入れておけば心配無用。

DSC04755.jpg
すごい入道雲。
今季初ではないだろうか?

DSC04758.jpg
[内津峠への登り]
槙ヶ根・神明峠・内津峠の最後の砦。
傾斜が3%程度なのでインナーローでくるくる回す。
ウィンドブレーカーを脱がずに登ったため汗をびっしょり。油断してた

DSC04760.jpg
[内津トンネル]
今回は旧道で峠越えをせずトンネルを通る。
テールライトを灯し車が途切れたタイミングで突入。
トンネル恐怖症も幾分緩和された。苦手は挑まないと治らない。

春日井に入ると風が強くなる。
コンビニで炭酸水を買っていると光線が。
すると雨がパラパラしてきた。
急がねば、逃げ切らねば。

DSC04765.jpg
[勝川駅]
ここで数分雨宿り、結構本降り。
夕方からは雷のおそれ・・・と言ってた天気予報通り。

このまま直帰しても良かったが、集中力が低下しているのでコンビニ休憩で喝を。
自宅近所は事故多発エリア、念には念を。

無事ゴール。
総距離150km超、累積標高2000m。
未だかつて経験したことないような日帰りライド。
顔と指先が結構日焼けしちゃいました(笑)

下り坂に対する苦手意識がなくなれば、色んな場所に行けるようになる。
何事も一歩一歩。幸せは歩いてこない。
3歩進んで2歩下がってもいい。

登り坂もノイローゼになるほど登っていると怖くなくなる。
逃げると些細な坂でも怖くなる。何か人生にも通ずるかもしれない。

難しく考えない。
行きたいなら行く、行きたくないならやめる。
行きたいんんだけど・・・そんな答えはいらないんだなって。


今度はどこへ行こうかな?

4 Comments

MMR  

お疲れ様でした!
良い1日を過ごされましたね!

どの『画』も良いですが、五平餅を焼いている後ろ姿や岩村城跡の石垣..
東濃牧場の風景..
観ていると走りに行きたくなる、そんな気持ちになります。

今度はどこに行きましょう(笑)
楽しみにしています。

2015/03/23 (Mon) 07:03 | EDIT | REPLY |   

リキ  

こんばんは。

ぼくも,363を陶まで一人で走ってました。
二人だったら,もっと楽しく走れたかもしれません。
あの道の繰り返されるアップダウンは,けっこう脚に来ます。

ぼくはまだ,自走で岩村まで行ったことがありません。
いつか,とは思っています。

2015/03/23 (Mon) 22:11 | EDIT | REPLY |   
hamo">

hamo  

Re: タイトルなし

hamo">

>MMR様

ありがとうございます。
自分のブログながら旅に行きたいという衝動にかられてしまいました笑

多少大変なコースの方が思い出に残りますね!

2015/03/23 (Mon) 23:00 | EDIT | hamoさん">REPLY |   
hamo">

hamo  

Re: タイトルなし

hamo">

>リキ様

陶町まで行かれていたとは!驚
この日のR363はローディーが多かったですね。

地味なアップダウン、話しながら登れる心拍数なら・・と思ってしまいます。
ローディーに抜かされながらペースを保つのもなかなか大変です。

曽木あたりや陶町あたりでめげそうになりますが、あと一歩だけ踏み出せば行けます。
小里川ダムから岩村までは体感的にとても短く感じました。

2015/03/23 (Mon) 23:06 | EDIT | hamoさん">REPLY |   

Leave a comment