ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

ゆるぽた&春のウエア選び?  


ぽっかぽかな日曜日。
どこかに行かなきゃもったいない。

どんな服装がいいんだろう?
さすがに真冬用は暑すぎる・・・。

半袖ジャージ+15℃対応レーパン+ウィンドブレーカーで出発

真夏用のレーパン
真冬用のインナー
指切りグローブも持って出発。

DSC03763.jpg
[庄内川自転車道]
もうGWなのかって思うくらい暖かい。
ライトを大量装備してから初めて真剣に走る。
フロントが重く感じる。コーナーではもう少し慎重に曲がらないと少し怖い。

DSC03764.jpg
庄内緑地を過ぎて汗が出てきたので、ウィンドブレーカー脱ぐ。
グローブも夏用に。初めて肌を晒す。

DSC03765.jpg
[問屋記念館]
ここでレーパンを履き替えた。

DSC03769.jpg
[甚目寺観音]
祭り?かなんかやってるようだ。
たまたまプレミアムおまかせオートで撮ったのだが、結構いい感じ。

DSC03802.jpg
[竹馬]
津島街道五八悪水碑から少し入った所にある。
昼食は某人物と・・・
DSC03795_20150309142728670.jpg
DSC03799.jpg
お値段はそれなりにするが、かなり美味しい。
暖かくなったら冷たいざるそばを食べにきたい。

DSC03810.jpg
虫が肌についた。虫たちも冬の眠りから覚めたようだ。

DSC03845.jpg
DSC03844.jpg
[りんきち]
初めてきた。大治に自転車屋があるとは全く知らなくて。
店内はとても和やかな雰囲気で、アットホームだ。

しばし店員さんと談笑。
打ち解けられるのもオーナーの雰囲気作りが上手いからだと思う。

あまりにも盛り上がって飲み屋みたいになってきてしまったので撤退。
本当は何か買いたかったのに財布にまとまったお金がなくすみません(泣)

DSC03846.jpg
自転車屋から佐屋街道を目指そうかとも思ったけど、結局この道。
路肩ない、歩道狭い、交通量多い。もはやタヒ街道。
かつて津島方面へはこの道でしか行ってなかった。
某ブログで道を知ってからは僕の中では[廃道]と化している。

車の来ない隙を狙って高速巡航。
100均までの約1kmを1分50秒で。アベ32km/h ※ルートラボ解析

市内を突っ切っても良かったけど、なんとなく庄内川沿いに。
貧脚のくせに25km/h巡航するから息があがる。
50Tx19or21Tあたりで100ケイデンス目安に回してるっぽい。

DSC03851.jpg
枇杷島橋交差点は落車ポイント。
友達が路肩にタイヤを取られ転けそうになったり・・・・


今回はインナーに入れるのを忘れて、登り坂で停車→発進→おっ・・・ 
危うく立ちごけ!!!!


DSC03856.jpg
枇杷島の開かずの踏切から先は信号がないエリアが続く。
春日井市の花長橋まで約10kmを信号0で行くことができる。
知る人ぞ知る水分橋アンダーパスは非常に便利だ。

DSC03857.jpg
[トピーク・フュエルタンクL]
こいつが安定しない。傾いてくる。
それを避けようとするから変なペダリングになり痛みの温床になる。
改善するなり工夫しないと・・・。

DSC03858.jpg
[バーチャルトレーナー]
こんな機能いらねぇよと思ってた。けど意外な活用法を発見。
これを15km/hに設定しておけばブルベ最低ペースを掴むことができる。
この段階で貯時間40分・・・ポタリングごときでブルベを語っては論外だ。

DSC03865.jpg
DSC03867.jpg
気温が15℃を割るとさすがに夏用レーパンでは寒さを感じるようになる。
春・秋はウエア選びが難しい。装備がかさばるのが難点だ。

スキャン 2
[自分的ウエアー対応温度表]
※わかりにくい上に字が汚くてすみません。15℃は10℃の誤りです
個人的にはこんな感じかな?と。
最低気温が10℃未満で最高気温が15℃以上になるのが一番厄介だ。

冬用のジャージは素材がいいのか15℃までは耐えられる。
それ以上は厳しい。

今日の最高気温は約18℃、手元の温度計より2℃低い。
真冬の最低気温特性も考慮すると、
[最低気温-2℃][最高気温+2℃]して服装を選ぶといいのかもしれない。
迷った時は寒さ優先。

僕が愛用してる[モンベルライトシェルサイクルジャケット]
着ていないときに嵩張ってしまうけど上手く活用しよう。
下は10℃対応と真夏のレーパンを持ち歩いて途中で履き替える。
面倒だけどコストは抑えないと。

ウォーマーはあまり積極的になれないので必然的に・・・
半袖の下にジオラインの長袖着て上にウィンドブレーカーもありか。

春・秋、季節の変わり目の服装は難しい(´・ω・`)

category: 2015 ゆるポタ

tb: 0   cm: 2

コメント

水分橋の下が通れるとは,知りませんでした!
今度通るときには挑戦してみよ。

URL | リキ #-
2015/03/10 23:45 | edit

Re: タイトルなし

>リキ様

水分橋北詰にはアンダーパスあるんですよ(^^)
ショートカットの分合流付近は出会い頭にお気をつけください。

URL | hamo #-
2015/03/11 18:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/91-2e95e3f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)