ARTICLE PAGE

それをライト沼と呼ぶ?【光量確認編】


昨日は雨。
明日を楽しみに寝落ち、起きたら6時。
日が昇る前に撮影行こう!!

DSC03708.jpg
この場所で「あっ、」と気づいた方もいるかもです。
多くの自転車乗りを見かけます。
一つずつライトの光量を確認していこう。

下の比較はいずれもF1.8 SS1/3 ISO1600で固定しました。

DSC03725.jpg
[EL540RC] ローモード 
ライトアダプタに移設したので遠くまで広がるように照らすことができた。

DSC03726.jpg
[レザイン・スーパードライブXL] ローモード
一番明るい、最強モードにしたら無敵だ。電池の持ちが・・・だけど。

DSC03727.jpg
[ジェントス閃355] 点灯モード
こうしてみると閃355とEL540RCの違いがそれほどないようにも思える。

DSC03728.jpg
[GTR-931H] 点灯モード不明 
一番光量が少ないが、見たい所を照らせられるので感覚的に暗さを感じない。

DSC03722.jpg
[全点灯]
破壊的な明るさ。
散歩中の方に
「兄ちゃん、えっらい明るいねぇ〜」と言われました。
光軸をしっかり配慮しないと目眩ましになってしまう危険性がありますね。

DSC03731_20150308080248555.jpg
DSC03732.jpg
DSC03733.jpg
DSC03736.jpg
本当に光量が半端じゃないことになった。
直視すると目がチラチラする。
三枚目の写真はもはや何かの爆発でも起こったのかという迫力
キチンと光軸管理しないと殺人光線Zになりうる。

DSC03741.jpg
バイクを越えられるレベルの光量。
遠くの反射板までも視認することができる。
また、車がいつもの1.5倍ほど距離をとって追い越してくれる。

本当は低い位置に閃355を付けたかった。
しかし低重心化という面で231gを誇る猫目を下に追いやりたいのは事実。

普段使いには猫目は常時点灯。中目?として閃355。
遠目としてレザインを使いたい。ヘルメライトはポタでは使わないかも。
ところで、「遠目?とうめい?」って名古屋弁なんですかね?東京では聞かないのですが。

DSC03743.jpg
DSC03720.jpg
ヘルメットにライトをつけるとナイトライドがかなり快適になる。
サイコンのバックライトも不必要になる。
ただしローモードにしないと反射が眩しくて見ることができない。
懸念されていた重量もさほど気にならずGood!

DSC03748.jpg
この紐はどう考えても鬱陶しいうえに臭い。
ホルムアルデヒドなのかしらないけど、人体に決して良い臭いではない。
知らず知らずのうちにヘルメット先端から移動してしまうのもダメだ。

ふれあい橋付近で出くわした歩行者が圧倒的光量を前に立ち止まったのには驚いた。
命を守るライト。ここはケチってはいけない。
今回の改良でかなり良くなった。

今回の改善にかかった費用、1樋口未満と考えればお得なのかもしれない。
ライトが暗いと自分のみならず相手にも被害を与えてしまうリスクもある。

無灯火は論外として、今一度ライトを点検してみてはいかがでしょうか?
ジェントス閃シリーズは適度に明るくて軽い。
とても優秀な撒き餌ライトだと思います。

4 Comments

kanz  

これ程明るければ安心ですね。
自分の場合、後方のライトが課題です。

2015/03/08 (Sun) 11:27 | EDIT | REPLY |   
hamo">

hamo  

Re: タイトルなし

hamo">

>kanz様

ありがとうございます。
後方のライトは悩みどころですよね。
猫目の自動点灯するのも評判いいですし、目立ちやすさではファイバーフレアおすすめですよ(^^)

2015/03/08 (Sun) 21:06 | EDIT | hamoさん">REPLY |   

ひろ@bike  

ライトの台数・明るさ、反射ベスト、いつでもブルベに出られますね(笑)
GENTOS355は普通のフラッシュライトと同じ光軸なので注意が必要ですが、他のものはよほど上向きにしない限り大丈夫だと思いますよ。

2015/03/08 (Sun) 23:14 | EDIT | REPLY |   
hamo">

hamo  

Re: タイトルなし

hamo">

>ひろ様

いつでもブルベ・・・それくらいが丁度いいのかもですね。
ジェントス355の情報ありがとうございます。今一度チェックしてみます!

2015/03/10 (Tue) 17:42 | EDIT | hamoさん">REPLY |   

Leave a comment