ARTICLE PAGE

カメラは画質第一ではない。


年明け早々「装備の軽量化」を目的に導入したコンデジRX100M3。
どうも色合いを自分好みにするのが難しい。

以下、DROはオフ、マルチショットノイズリダクションはオンです。

DSC03117.jpg
こちらがプレミアムおまかせオートで撮影した絵です。
人それぞれですが、コントラストが高くてのっぺりしてませんか?
どこか油絵?みたいな感じ。

DSC03118.jpg
こちらはプログラムオートでクリエイティブスタイルポートレート。
少しは柔らかい絵になった気がします。
コントラストが下がると明暗差が下がるので白飛び黒潰れが減りますね。

ん〜なんか違う。色合いが自分の好みと一致しない。
RAWも撮りたいけどコンデジだからこそJpeg撮って出ししたい。
しょうがない試しにRAWでやってみるか。

夜景
どうでしょう?
何か不自然にコテコテしちゃうんですよね。

続いて、IXY610(1万円台)との比較
どちらが好みですか?

DSC03028.jpg
IMG_0106.jpg
どちらが綺麗ですか?
画質的には圧勝なんですけど、色なんですよ、色。
カメラって画質至上主義になりがちですが、画質だけじゃないんだなと。

DSC03091.jpg
これは自分なりに成功した写真だと思っています。
設定はプログラムオート。
クリエイティブスタイルはポートレートでDROをレベル2に。

価格.com マガジン 徹底比較人気ミラーレス5機種
これをみるとメーカーごとの個性がよくわかります。

カメラを購入される際はしっかり作例をみて購入することをおすすめします。
今まで画質しかみてなかったw

IXY610Fのグダグダリコールからソニーに移行した私。
カシャカシャオートで撮るならIXY最高。

上手く個性を掴みながら使い分けていきたいと思います。

0 Comments

Leave a comment