ARTICLE PAGE

discover west.第二弾!【京都ライド】



そうだ、京都いこう。

僕にとって、遠いけど行けそうな場所だった京都。

年末にガールフレンドと食事をしていたとき、こんなことを言われた。

東京は無理そうだけど、京都なら行けそうじゃない?
どうせ君は行かないくせにヾ(*`Д´*)ノ"

もう行くしかない。
なめられてたまるか!

DSC_0304.jpg
今日は[しぶんぎ座流星群]の活動期。数年で一番観察に適しているらしい。
濃尾大橋の袂から空を見上げる。
気持ちを落ち着かせ眺め続ける・・もうダメだ・・すると
スラッ☆彡
見えた。もしかしたら見えたような気がしたのかもしれない。
そんな細かいことはどうでもいい。見れたんだ、僕は見れたんだ。

DSC_0314.jpg
[相川橋からの朝焼け]
垂井で朝焼けを迎える。
彦根ライドの反省を生かし旧街道を進んでいく。

DSC_0318.jpg
[今須峠冬景色]
今須峠には雪が残っていた。
この日のドリンクはレッドブル+ポカリ
効果も確かめたい。

DSC_0323 (1)
[荒野より]
荒野より君に告ぐ、僕のために立ち止まるな。
そんな気分だった。どこか幻想的な景色。一生忘れないと思う。
気温は氷点下3℃、道路が所々凍結している。

DSC_0342.jpg
柏原宿から摺針峠まではかなり凍っていた。
ほとんど押し歩き。微妙な下り坂でクリートが滑る。
凍っている箇所では絶対にトラクションをかけてはいけない。
ハンドル切らない、ブレーキかけない、加速しない。
たったこれだけで凍結路面に強くなれる。微妙に揺するのもトラクションアップになるのかな?

DSC_0347.jpg
[摺針峠]
かなりの傾斜で鳥居本に降りていく。
こちらはあまり凍結していないので助かった。
どこか寂しい道。旧中山道を進む。

DSC_0348 (1)
[丸亀製麺・五箇荘店]
開店時間ぴったしに入店。スタッフがうどんを運んでくれた。
親に電話すると新幹線が止まっているらしい。
え?帰るか?大したことないだろう、取り敢えず進むしかない。

安土町のあたりで違う国に来ちゃた的感覚に襲われる。
かつては信長が都を構えた地。思いを馳せる。

DSC_0349_201502212118545b0.jpg
[近江大橋]
バーテープが汚い。
未知な道を走る感覚が楽しい。

山科からは修学旅行のバスで通った覚えのある町並み。

DSC_0356.jpg
[三条大橋]
来てしまった。三条大橋。
ガーミンがピロリロリン♪と不思議な音楽を奏でて祝福する。

DSC_0358.jpg
[鴨川等間隔の法則]
年始とあってか人はまばら。
しばし鴨川の流れを眺める。

DSC_0354_20150221213850812.jpg
京都は表裏がある都市だ。
僕は今回裏の京都を見たかった。
京都駅の南東の方。これ以上は言わないでおこう。

京都駅に向かい輪行の準備をして、新幹線の切符を買う。
しかし「電車は当分来ませんよ」との衝撃発言。

自走で帰ってもいいなと思ったけど夜の関ヶ原越えは無理。
じゃあ在来線だ。

京都→難波→近鉄名古屋 アーバンライナー
京都→敦賀→名古屋 サンダーバード


いろいろ考えたが混んでる東海道線で帰ることに。
駅でおにぎりを購入し新快速に乗り込む。

混んでるのに乗ってもダメ、数本見送る。
接近メロディーが脳を蝕む。

ようやく乗車し、おにぎりを食べ就寝。
起きたら彦根だった。

米原で大垣行きに乗り換える。
しかし米原駅は新幹線大幅遅延の影響で大混雑。
まるで東京のラッシュアワーのように。
普通列車はもちろん立席。

大垣で乗り換え名古屋へ。
身内に駅まで迎えにきてもらい帰宅。

こんなトラブルも思い出の1ページ。
今度は表の京都を散策したいものです。


0 Comments

Leave a comment