ARTICLE PAGE

カトサイ往還 【裏道紹介】




春よ、こんにちは。
小さな春の訪れを感じる暖かい日。

信号待ちをしていると虫が僕に寄ってきた。
そういえば最近虫にも会ってなかったな。

今回は名古屋では有名な[カトーサイクル]に向かう裏道を紹介する。
自転車乗りたちの多くは[環状線]を使ってるようだ。
しかし[環状線]は交通量も多く路肩も荒れている。
そんな環状線の裏道を辿ることにしよう。

DSC02015.jpg
[郡道]
R153(飯田街道)と東海道を結ぶ旧道で明治時代に造られたらしい。
古井ノ坂交差点の近くからその道を辿る※ルートラボ参照

いつも通っていた裏道が[郡道]という云われのある道だとは最近知った。
今日は荒畑まで郡道の一本西の古井村道(登城街道)を辿ってみる。

DSC02016.jpg
[名古屋工業大学]
何かと縁がある名工大。今後も縁があるのだろうか?

DSC02018.jpg
[古井村道・登城街道]
狭い道だ。この道が郡道に進化し、やがて環状線になったのだ。
この地域の南北交通軸の源ともいえる。

DSC02019.jpg
この近辺は戦前高級住宅だったそうだ。
今でもその面影がある。
今では南山などが高級住宅街の代名詞だが、当時としては町外れの高台だったのだろう。

DSC02020.jpg
荒畑から郡道に復帰する。
郡道は旧街道と同じ要領で飛び出しには注意して進む必要がある。
飛ばしたい人は幹線道路に行くべきだが、20km/h程でのんびり流すなら丁度いい。

DSC02022-1.jpg
郡道・東海道分岐点?
ここで旧東海道に合流する。

DSC02024.jpg
[旧東海道]
ここから一気に笠寺台地を駆け上がる
笠寺台地は松巨島とかつては呼ばれていたらしい。


DSC02025.jpg
テストサドルを返却する。
オルトリーブの金具を外すのを忘れてしまいドライバーを借りた。
久々の元のサドル、結構攻撃力がある。

DSC02029.jpg
矢橋ホキ
帰りは大津通で都心を突っ切るルートで。
熱田の踏切待ちをしていると矢橋ホキと呼ばれる石灰石貨物が来た。

DSC02036.jpg
[なっちゃんストレート]
東別院から上前津までの区間は快走できる。
大須より先は路肩が混雑するので左車線を専有して車と共に走る。

DSC02040.jpg
[御用水跡街園]
スタート地点の三階橋に戻る。
距離と時間の比較がこちら。

[三階橋→妙音通]
郡道ルート→11km 52分(実質45分くらい)
大津通ルート→14km 52分
※郡道ルートはコンビニ寄ってたりしてるので時間かかってます。

たまには違う道でカトサイ行くのもいいのではないでしょうか?
慣れた道を走ると交通事故の原因にもなりますし。

近道は遠回り、急ぐほどに足をとられる。
始まりと終わりを直線で結べない道が、この世にはあります。
迷った道が、私の道です。

4 Comments

ひろ@bike  

ただの道や建物でも歴史・由来を学んでみると、違った視点で見ることが出来ますね。
あと、慣れた道・・たしかに油断しがちです。記事を読んで通勤路でも気を引き締めなきゃ!と思いましたw

2015/02/13 (Fri) 10:09 | EDIT | REPLY |   
hamo">

hamo  

Re: タイトルなし

hamo">

>ひろ様

慣れた道ご注意下さい。交通事故の多くは自宅から半径2km圏内で起きるともいわれています。
特にロングライドの帰りなど安心感に浸りやすい時は数倍の警戒が必要です。

通勤ルートもたまには少し変えてみると新しい発見もできておすすめですよ(^^)
お互い安全運転で自転車ライフを楽しみましょう!

2015/02/13 (Fri) 11:56 | EDIT | hamoさん">REPLY |   

kanz  

都会に隠れた古い道、いいですね。
いつも名古屋を南下するときは
堀川沿いしか走った事がありません
でした。
今度走ってみようかな。

2015/02/14 (Sat) 15:20 | EDIT | REPLY |   
hamo">

hamo  

Re: タイトルなし

hamo">

>kanz様

堀川沿いの道いいですよね、僕も愛用しております。
ぜひ秘密基地ならぬ、自分だけの[秘密の抜け道]みつけてみてください笑

2015/02/14 (Sat) 18:38 | EDIT | hamoさん">REPLY |   

Leave a comment