ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

ロングライドのコツとは?  




先日の「ええじゃないか!お伊勢参り246km」でロングライドのコツを感じ取れました。

ロングライドで戦うことになる三大敵軍を紹介します(笑
あくまで筆者の個人的な直感ですので個人差あります(^_^;)




第一の敵・弱気
ロングライドを妨げる一番の敵は自分の弱気です。
今まで挑戦したことない距離や、途方に暮れる目的地までの距離をみたときコイツが出やすいです。
実際、ロングライドをしてみると、体力的な限界よりかなり手前に心理的な壁が大きく立ちふさがっているように感じます。裏を返せば、弱気さえなんとかコントロールすることができれば、どこへでも行けるのではないか?と思った次第です。
弱気を克服する一番の方法は、
「恐れるな、起きたら起きたで、対処しろ」
です。
勝手にできないと決めつけず、とりまペダルを回してみる。
それが例え1cmであれど目的地には確実に近づいています。
また長距離走るときは1時間で進める距離を小目標にして、それを淡々と繰り返すと自然と距離数を稼げます。
小目標は15km〜くらいになると思いますのでオススメです。



第二の敵・眠気
これもロングライド故の問題です。ロングライドになると走行時間が長くなるのでどうしても眠気を感じやすくなります。前回のお伊勢参りライドでは眠気が到来しなかったものの、おととしの彦根往復ライドの帰りガチな居眠り運転するに至った経験があり侮れません。眠気を感じると眠ってしまうだけではなく、頭がくらくらしたり、貧血になりかけたりと非常に厄介な存在です。そんなときは素直に休憩するのが一番ですし、体内の血糖値が激しく乱高下しないよう安定的に補給することが眠気防止に効果的なのではないかと思っています。早め早めの補給が吉です。もしそれでも眠くなったらスルメを噛むといいそうです。今度試してみます(^^)


第三の敵・痛み
これも致し方ない問題です。長距離を走るときは必ず休憩のたびにストレッチするようにしています。それだけでだいぶ痛みの進行を遅らせることができます。しかし今回の長距離ライドでは自己ベストの170kmを超えたあたりから左膝が痛み始めました。その後手首が痛み始めたりしました。このような場合はストレッチするか、素直に鎮痛剤的なものを飲んだほうがいいかもしれません。単なる筋肉痛的なものはアミノバイタルプロの効果なのかはわかりませんでしたが一切ありませんでした。




今回の246kmライドを終えた直後の感想としては、「まだHPが4割位残ってる」ということでした。
つまり体力には余裕がある。
しかし痛みや眠気には勝てたなかったということです。

なので、次長距離を走るときは上記の3大敵軍をどう管理するかに重きを置いてプランニングします(^^)

あと、気づいた点とすれば、パンク修理等のトラブル対策は二重三重にすべきということです。
伊勢神宮のわずか30km手前でタイヤのあちこちでサイドカットしてる時は絶望しました。

体力も気力もあるのに、タイヤごときでDNF。これは辛い。
今まで走った距離も無駄になってしまう。こんな時のためにスペアタイヤがいるんだって痛感しました。
日本は自転車文化が広がったとはいえ、まだまだコンビニでタイヤやチューブを扱ってるとこは稀の稀ですからね


次はロングライドのおすすめ備品をまとめてみようかな?


※あくまでロング初心者の意見です。ベテランの方のほうが知識豊富と思われますので参考までに。

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 2

コメント

はじめまして。MMRさんのところから流れてきました。
サイドカットからのパンク、辛いですよね。
予備のタイヤを持てればいうことはないんですが、
ワタシは古いタイヤを切り取ってタイヤブート代わりに持ってます。以前何もない誰もいない峠の途中でサイドカットした時にこのチューブの切れ端がとても助かりました。
タイヤブートとともに常備しておくと心強いですよ。

ホント、コンビニでチューブ売ってくれるようになると嬉しいなぁ^^

URL | himiyoshi #PnFm5lIg
2015/01/08 20:42 | edit

Re: タイトルなし


himiyoshi様、はじめまして。
ブログへの訪問&コメントありがとうございます(^^)

タイヤブート、一応持っていたのですけどね。たくさん穴が開いてしまうと困ったことになりまして。
その後ネットで色々調べてみるとタイヤブートを三分割して使うのがいいとか。

コンビニで空気入れレンタルサービスやチューブやタイヤの取り扱いしてくれると助かりますね(^^)

URL | hamo #-
2015/01/09 00:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/65-8c23e386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)