ARTICLE PAGE

超小径車の世界へ【キャリーミー】


毎日暑いですね。
ほぼ毎日コンスタントに自転車には乗っていますがブログに書いたり、Stravaで公開するほどドヤれるものでもないので敢えて投稿していません。しかしそのくらいの距離感が心地よかったりするのです。


話は戻して…

今日はキャリーミー(Carry Me)の試乗に行ってきました。
キャリーミーとは超小径の折りたたみ自転車なのです。もはや自転車とは思えない風体で折りたたむと極めてコンパクトになります。そこらの18インチや20インチの比ではないほどコンパクトになるのです。

これを上手く活用すれば車に常時積んでおくのはもちろん気兼ねなく輪行旅に出ることが出来ます。自転車が主体ではない旅が容易になる…いいなぁと思い試乗に向かったわけです。

IMG_1581_2017080818150211d.jpg

まず乗ったのはエアータイヤ仕様。
良くも悪くもマイルドでコーナーでも踏ん張りが効きます。
超小径車ゆえのピーキーさはありますが思ったよりもしっかりしています。

IMG_1582.jpg

お次にソリッドタイヤ仕様。簡単にいえばノーパンクタイヤですね。
こちらはタイヤに空気が入っていないので乗り心地がコツコツしています。しかしエアタイヤ仕様と比べて良くも悪くも路面の状態を伝えてくれるので僕はこっちのほうが好みです。ただコーナーでは踏ん張りが効かず、スーパーのカートなどの台車のイメージなのでどっちかは好みかは個人差がありそうです。

エアタイヤ仕様とソリッドタイヤ仕様は全く別の乗り物と思った方が良さそうですね。

0 Comments

Leave a comment