ARTICLE PAGE

ジテツウは最高である

IMG_5100.jpg


ジテツウとは自転車通勤の通称。
都市部において車と自転車の時間差は意外なほど小さい。
満員電車や渋滞でイライラすることなく、ついでに地脚強化にも繋がるという最高すぎる通勤方法だ。

IMG_5111.jpg

ジテツウしているとちょっとした自然の変化に敏感になれるのも楽しい。
いつもと違う道、いつもと違う角を曲がれば新しい発見がある。

慣れた道をタラタラ走ると漫然運転になりがちだがそういったこともない。
自然の音色に飽きたなら胸ポケットに入れたスマホからラジオを流せばいい。

無論、車通勤より疲れるが、疲れを上回る充実感と心地よい疲労感を得られる。
控えめに言ってジテツウは最高だ。

もちろん良いことばかりではない。
通勤時間帯は無茶な運転をする人が多い。見通しの悪い交差点では標識なくとも一時停止。
私が自主的に一時停止していても向こうから一時停止無視で突っ込んできたりするから侮れない。

通勤時間帯は太陽を背に走ることも多いが、逆光になると相手からは全く見えてない。
強い日差しのとき、木陰やビルの影に入った時、薄暗いとき、迷わずライトオン。
西日を背にしたときのライトオンは絶対。このあたりは気をつけてるつもり。

IMG_0748.jpg
[モンベル・サイクルツーリングショーツ]
ジテツウをより快適にするために導入してみたアイテム。
サラサラ素材の短パン。パットも付いているので通常のパンツのまま乗ることができる。

普通に乗るときも夏タイツの上に履いてもいいな…
こういう服を着ると自然と優しい速度で走れるような気がする。

速度の余裕は、気持ちの余裕。
余裕が生まれれば、視野は広がり新しい発見が得られる。

自転車を通して自然や街と対話するかのような感覚。
それこそが自転車の楽しさなんじゃないかな。



七分タイプも使い勝手良さそう。


IMG_5107.jpg

空を眺めたら夏の気配がした。

今年の6月はカラッとした晴天が続いている。
こんな心地よい気候なんて稀なんじゃないかな?

今年の夏はどんな夏になるのだろう。

たぶん、良い夏になるんじゃないかな?
そういう"気配"って大事(・∀・)

0 Comments

Leave a comment