ARTICLE PAGE

旧春野町・天空の茶畑スカイラインへ行こう

IMG_4346.jpg




何気なく国土地理院の地形図をみていたら浜松市天竜区(旧春野町)に良さげな尾根道を見つけた。
Googleストリートビューも途中の集落までしか対応していない。

その先に続く道を見てみたい!

徹夜で名古屋を出発。
23号バイパス-東名高速-新東名と繋ぎ浜松浜北ICより下道で。

IMG_4329.jpg

春野町のとある駐車場に拠点を設置。
迷惑になってはいけないので一番隅っこに駐車した。

眠くなる前に登ってしまおう!!

IMG_4336.jpg

麓の標高は140mほど。1.2kmで150m登る激坂で一気に高度を稼ぐ。



IMG_4362.jpg

尾根の標高は500m前後。
集落と集落を繋ぐ名も無き尾根道を"春野茶畑スカイライン"と勝手に命名することにした。

IMG_4341.jpg

地元の車が時々通る程度でバイクも皆無、人の気配もあまり感じない道。
恐らく、地元の人しか使わないのだと思う。

IMG_4349.jpg

空と茶畑の連続!!
集落と集落の間はちゃんと山林で途切れてる。

かっ飛ばすのはもったいない。ゆっくり丁寧に走りたくなるような道。

IMG_4353.jpg

しばらく走ると南向きの斜面になる。
その場所こそが越木平の集落だ。

南向きの斜面なのに、先程の北向きの斜面より薄暗い雰囲気。
尾根というより崖に張り付いた集落。

チロルみたいで面白い。

IMG_4358.jpg

この先、林道春野中央線を使うと樽山をかすめてR362との交点である久保尾辻に出る。

だが…

徹夜明けでフラフラしてきた。

電波もろくにない山道で遭難するわけにはいかない。

自己完結が第一、安全が第一。

この先は大規模茶畑もなさそうなので来た道を戻ることにした。

IMG_4365.jpg

遠くにみえるのは南アルプス深南部の蕎麦粒山をはじめとする峰々。

やっぱり、尾根道っていい。

IMG_4369.jpg

道標もいい感じに苔生している。
道路マニアの心を揺さぶる。

IMG_4375.jpg

IMG_4381.jpg

IMG_4384.jpg

尾根は水が得られにくく稲作には不向き。
一方で、尾根は寒暖差が大きく茶の生産には最適。

結果、集落が発生しそれを結ぶ尾根道ができた。
多分こんな所だろうと推測する。

尾根に集落が発生しにくいからこそ尾根道は少なく。
谷間にある集落と集落を結ぶ峠道が発達しやすいのかも。


IMG_4404.jpg

道路からみえる崖下にも茶畑がある。どうやってアクセスするんだろう?
エリア51みたいな雰囲気で面白い。

IMG_4405.jpg

林道を下っていく…
誰もいない、手入れされてる人工林なので熊もいなさそう。

IMG_4374.jpg

わかりやすいモニュメントはない。
地域に暮らす人々の息遣いが感じられるスカイライン。

正直、自分だけが知ってる秘密の道にしておこうかとも思ったくらい。
行き詰ったときこそ訪れたい道だった。

IMG_4406.jpg

崖下に春野町気田の集落がみえた。
どことなく八百津っぽい(笑)

そんなこんなで拠点に帰投。
駐車場で仮眠をとり帰路についた。


初めての旧春野町、とても良い印象だった。
霧が出ている日に来たら、もっと素晴らしい風景だったのかもとも。

中部道の駅を制覇したといえど、まだまだ知らない中部がある。

Chubu discovery trip.

そんな目的をもって自転車に乗るのもいいなって思ったりも。

0 Comments

Leave a comment