ARTICLE PAGE

旧佐屋川・天王川の面影を探そう 【AcademicCycling】


連休初日‥
前日の昼に食べたものに当たってしまったらしく調子がイマイチ。

そんなこんなで廃川跡を辿る学究的なサイクリングをすることにした。

目的は佐屋川の面影をみつけること。

佐屋川とは木曽川の支流。祖父江緑地付近から木曽川から分かれ、森川町の先で再合流していた。しかし明治時代に堆砂が深刻だったため締め切られてしまった。その後、佐屋川用水が整備され、現在は海部幹線水路が佐屋川跡をほぼ踏襲している。

佐屋川を紐解かないと津島の街を語れない。
早速、現場へ向かった。
IMG_3899.jpg

まず向かったのは佐屋川の支流だった旧天王川。
旅の起点は愛西市にある小津橋。

現在は三宅川・日光川・領内川が南に流れているが、かつては兼平堤に沿って西に流れていた。

コースとしては領内川を少し逆流し、新堀川をトレースして天王川公園に至る。

IMG_3902.jpg

天王川の左岸堤防であった兼平堤の上を津島街道が通っている。
名鉄尾西線の踏切を越えたあたりで堤外地に降りてみた。

IMG_3908.jpg

現在では新堀川が流れているが、かつては天王川が流れていた。
川の流れが変わっても、流路自体は一致している。

IMG_3907.jpg

新堀川から兼平堤を見上げると段差ができているのがわかる。

河川跡の面影だ。


IMG_3912.jpg

しばらく走ると天王川公園の猿尾跡に辿り着いた。
天王川の流れに沿って天王川公園にやってくるとただの池というイメージではなくなる。

IMG_3916.jpg

天王川公園の両岸堤防は古来からの雰囲気を残している貴重な場所。

IMG_3920.jpg

そんな堤防跡も天王川公園の南端で終了。
これより南の左岸堤防は都市化によって取り壊されてしまったようだ。

IMG_3919.jpg

あくまで想像で描いてみる。
今の道路は取り壊された堤防跡に造られたのではないだろうか。

そして右側にある建物群は恐らく河川跡に建設されたと考えられる。

IMG_3921.jpg

天王川はこの先で佐屋川と合流してしまうので、ここからは佐屋川の跡を探すことにする。
津島高校に伸びる堤のようなものは、堤ではなく高校が所在する自然堤防へのアプローチだった模様。


IMG_3922.jpg

津島高校を通り過ぎた場所が佐屋川の流路跡だ。
気持ち低くなってる気もするが、廃川になってから耕地造成されたのか面影がない。

そもそも河床が高く、砂の川と呼ばれていたくらいのだから面影は探しづらい。
流路跡を辿っても仕方ないので佐屋川右岸堤防を目指す。

IMG_3929.jpg

このあたりは佐屋川の氾濫原だったと思われる場所。
国土地理院の地図によると明治時代は泥地だったらしい。

IMG_3930.jpg

そしてこの流れが海部幹線水路。ほぼ、佐屋川の流れを踏襲する水路だ。
多度山や二之瀬に行く自転車乗りなら遭遇したことがあると思う。

IMG_3932.jpg

海部幹線水路を少し過ぎたところが佐屋川右岸堤防跡。
地図をみると"堤内"とか、"堤外"といった地名が載っているからすぐにわかる。

IMG_3934.jpg

また、旧街道や堤防跡には必ずと言って良いほど神社や祠が確認できる。
堤防の祠は人柱を供養するためなのだろうか?

IMG_3941.jpg

佐屋川排水機場の池あたりから木曽川堤防に出た。
恐らく、この場所が木曽川と佐屋川との合流点だったと思われる。

kakou.jpg

ここから佐屋川右岸堤防を祖父江の分派口まで遡ることにした。



IMG_3944.jpg

佐屋川の右岸堤防跡は周囲に比べて土地が高いので民家が密集している。
昔の人達はよく考えて住居を構えていたわけだ。

IMG_3943.jpg
[早尾の渡し]

どんな渡しだったのかは知らないけど‥

IMG_3946.jpg

右岸堤防から左岸堤防を見ると佐屋川の旧河道がはっきりわかる。
小高くなった土地の間に低地、幸い宅地化されていない。

IMG_3947.jpg

祖父江の分派口に到達。

sobue.jpg

祖父江の分派口跡は祖父江緑地公園になっていて、旧河道には王子製紙の工場がある。
旧河道はまとまった土地が手に入るので大規模工場には最適なのだろう。


ここからは佐屋川左岸堤防を津島まで下ることにする。

IMG_3951.jpg

佐屋川左岸堤防はかつて徳川家康によって建造された御囲堤に一致する。
そのため取り壊されている箇所が多く、面影を探すのが極めて難しい。

IMG_3956.jpg

神社が代官所の跡だったとか…

IMG_3957.jpg

おっと、これは欠かせない。
鵜多須切れ…。佐屋川の廃川直前に決壊して甚大な被害をもたらした事件。

IMG_3958.jpg

甚目寺から東海大橋に抜ける道沿いにある山神社。
この場所だけ往時の御囲堤が残されている。

IMG_3960.jpg

ところどころ堤防感があるが、基本的にパッとしない道。
自転車で走るなら佐屋川右岸堤防のほうが断然楽しい。

IMG_3964.jpg

津島に近づいてくると佐屋川の流れが推測し易い場所も出てくる。
あくまでイメージだが旧河道の窪みだと思う。

今回は時間の都合上、津島図書館付近で切り上げ。
この先の佐屋川左岸堤防はパッとしない。

"古堤"とか地名は残っているので、もし探索したい方がいればどうぞ(^^)

IMG_3966.jpg

私は再び天王川公園に戻り、佐屋川の支流・天王川の面影を探していくことにした。

IMG_3971.jpg

津島神社の鳥居近くにある大銀杏。
この東側を天王川は流れていた。ちょっと驚き。

IMG_3974.jpg

天王通?というのが旧河道に一致しているとみた。

IMG_3984.jpg

その先を探しに佐織町方面に左岸堤防を走ってみたものの面影を見つけられず‥。

ちょっとした神社とかはあるので間違いないとは思うのだが。

IMG_3988.jpg

領内川の堤防に出ると、あの伝説の廃墟があった場所に出た。
わかる人にはわかる、あのボーリング場だ。

IMG_3990.jpg

小津橋に戻る。
川の流れが正反対になっているといのも面白いところ。

IMG_3994.jpg

勝幡駅でゴール!
駅前になぜかジオラマがあった。



このログを見れば佐屋川の流れがくっきり浮き上がってくるはずだ。
川跡を辿るサイクリング。なかなか面白い。

佐屋川堤防区間は、木曽川堤防や背割堤、そして比較的路肩の広いR155があるだけに利用する価値は低いと思われるが、風の強い日にはいいかも。道幅が狭いのでくれぐれもクルマには気をつけて、近隣住民の迷惑にならぬようご通行くださいませ。

0 Comments

Leave a comment