ARTICLE PAGE

津島の藤と赤坂の牡丹を求めて

IMG_3844.jpg

津島・天王川公園の藤棚と、美濃赤坂のぼたん園に行ってきました!

前回の韓国視察サイクリングのあと、ディレーラーハンガーが届かずしばらく乗れずにいました。
やっと復活したので半袖短パンの日焼け仕様で走りましょう。

ちゃんと反省してサブも一緒に取り寄せましたよ(泣)
IMG_3825.jpg

津島に行くなら津島街道を…

尾張地域の河川勉強会に参加したこともあり風景が少し違って見える。
知識は無駄にならない。



兼平堤をいく…。

IMG_3827.jpg
[津島・天王川公園]

ついた〜!っていう程でもないかな?

かつては天王川という流れがあった場所。
三宅川や日光川が兼平堤に沿って津島に流れていたんだとか。

津島界隈の栄枯盛衰は今の地図を見るだけではわからない。

IMG_3829.jpg

すごーい

天王川公園の藤棚は日本最大の藤棚といわれている。

何度か遊びには来ていたけど藤の季節に訪れたのは初めて。


IMG_3835.jpg

私にとって藤色は2番目か3番目に好きな色。
日本的でいいと思う。

人混みで疲れそうだったのでとっとと退散。
続いて、美濃赤坂を目指す。

IMG_3847.jpg

木曽川堤防を飛ばし、東海大橋へ。
絶好のサイクリング日和。

IMG_3848.jpg

福岡大橋で二之瀬へのルートから離脱し津屋川堤防へ。
この道を使えば大型トラックが走る県道を走ることなく養老まで抜けられる。

IMG_3850.jpg

養老から適当に走ってたら城跡に遭遇!
こういう出会いは旅のアクセントになる。

IMG_3853.jpg
[赤坂・お茶屋屋敷跡]

美濃赤坂には何度も訪れてるけどお茶屋屋敷跡に入るのは初めて。

IMG_3857.jpg

矢橋家

美濃赤坂という街は矢橋家抜きには語れない。
このお茶屋屋敷跡も矢橋家の持ち物。すごい。

IMG_3867.jpg

お茶屋屋敷跡とは、徳川家康の御休所。
岐阜にあった織田信長の住まいを移築させたもの。

しかし、中山道赤坂宿の整備に伴い解体。
その後、跡地の西半分に中学校が建設され再び解体。

その中学校跡地をぼたん園として整備している。
5月上旬はボタンの季節。そんな絡みで見に来たっていうわけ。

IMG_3860.jpg

これがボタン

IMG_3861.jpg

客足も少なく、ゆっくりとした心持ちで鑑賞できる。

IMG_3866.jpg

遺構の残る東半分には古井戸などがあったり…

夏場なんかいいだろうな〜と思った。


せっかく赤坂に来たんだから…

自然な成り行きで金生山ヒルクライムを実施することにした。

金生山は「すごーい」坂。
立派な激坂フレンズだ。

2014年から脚付きなしを目標に何度もトライしているのですが中々…
さぁ、やってみよう。



子安神社の坂…クリア
化石館前の坂…クリア

一番めげる祠の坂を前に駐車場で旋回して呼吸を整える…
行こう!!

IMG_3885.jpg

何度も脚付いた箇所…
気合だけで踏み切る!!!

やったー\(^o^)/
初めて脚付きなしで明星輪寺(虚空蔵山)に辿り着きました(^^)

ブレイクスルーは突然に‥ですね(笑)

IMG_3883.jpg

ゆっくり下りつつも約束の時間に間に合わせるために気持ち早めに巡航。

が・・・

IMG_3888.jpg

頭がボーッとしてきて急遽うどんを食べることに。
無理に走ってハンガーノックになると却って時間がかかる。
これは自転車と付き合って覚えたことの一つ。早め早めの補給が大事。

IMG_3891.jpg

起宿から美濃路に入ったら"あの塀"が壊されていました。

DSC08413_R.jpg
DSC08036_R.jpg

美濃路で好きな場所の一つだったのに…

どこかの国の大統領が「国境に壁を!」と言っていましたが、壁がなくなるのも寂しいですね。

日焼けして心地いい気分になりました。
GWは危険なドライバーも増えるので事故にはいつも以上に気をつけないと。

まだまだ後半があるので、どこに行こうか思案中です(^^)

2 Comments

kanz  

こんにちは
お疲れ様でした。
壊されていた塀はもしかして冨田の一里塚付近でしょうか?
今日、たまたま美濃路をトレースして写真と似た状況を見かけました。
これからどんどん古い建物は壊されて行くのでしょうね。少しでも写真に収めて残しておきたいです。

2017/05/03 (Wed) 14:28 | EDIT | REPLY |   

hamo  

Re: タイトルなし

>kanz様

そうです!冨田一里塚の近くです。

美濃路でもっとも画になる場所でしたので惜しいです。
美濃赤坂の用水路にある木も、津島街道の桜も切り倒され、どんどん思い出が過去のことになっていくような気がしてならなりません。

あるうちに自分の目でしっかり見て、写真に収める。
そうすれば後悔しなくて済むのではないか?と考えています。

壊されるものを止めるわけにいきませんからね。(古い建造物の維持は大変です(泣)

2017/05/04 (Thu) 00:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment