ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

今こそ、乗鞍!【クルマで現地までワープ】  

IMG_1928_20161010221511b91.jpg

今こそ、乗鞍!てっぺんとったんで!


そもそもは深夜発で南信に行こうと思ってた。
しかし予想外の冷え込み。寒さに慣れてないと余計に寒く感じる。
そんな弱気に打ち勝ち家を出るとフリョーがウロウロ〜〜

「やべっ、こりゃ殴られる」



急遽、諦めかけていた乗鞍アタックを実行に移すことにした。
自走ではないにせよ、完璧にこだわってウジウジしてるよりはマシとの判断。

決まったら早い。主に下山用ウエアを揃えて…

IMG_1890_20161010220925060.jpg


3時前に自宅を出発。
GSで満タンにして、夜明け前の中央道を疾走!!

東海北陸道ルートや木曽高速ルートは対面通行なのが高リスクなので回避。

今日のクルマは中央道のようなワインディングでも快適に走ることができる。
以前はマークxに乗っていたけど、中央道のような道だと怖い。
なんせステアリングの操舵感があまりにも希薄なのです。


IMG_6926_20161010221124808.jpg

7時前に乗鞍観光センター駐車場に到着。

ここで事件が…

なんと車載時にチェーンキャッチャーの内側にチェーン脱落。
それを強引に戻そうとしたらゴリッ!!

またもやチェーンステーのクリア層をやってしまいました(泣)
カーボンまで削れてないのが救いでしょう。

その後、チェーンキャッチャーを緩めようとツール缶を開け工具を…

チャックがなぜか取れました(笑)

あ〜続きますね。
クルマもウォッシャー液不足の警告出ますし…

こりゃ落車か、クマに捕食されるのかな〜と不穏な空気が漂います。

IMG_1903_201610102209272c0.jpg

テキトーに登り始めたはいいけどとにかく寒い!!
気温は一桁。霧も出ている状態。
これでは頂上に行けないんじゃないか?と思いつつ三本滝ゲートを目指す。


IMG_1905_20161010220929c93.jpg

フロントインナーで23tを踏む。
霧と紅葉した木々の色は特に好き。


IMG_1910_20161010220931c84.jpg

いやぁ〜この風景みただけで来てよかったと思ったものです。
今日一番だったかも。


IMG_1912_201610102209335c1.jpg

しばらくすると乗鞍岳山頂が見えてきました。
今からあのてっぺんへ行くわけです。

三本滝駐車場より先はマイカー通行止区間。
管理人に「頑張れよ!」と励まされながら出発!!

三本滝で給水しておくべきだったという反省も…


IMG_1914_20161010221310a42.jpg

先程の霧は雲海となって絶景を作り出します。
前半は5%くらいの弱傾斜。淡々と登っていれば苦ではありません。

IMG_1917_2016101022131202a.jpg

「空が青い。」
当たり前のことかもしれませんが、青が濃いのです。


IMG_1919_2016101022131354d.jpg

所々、バスが大回りでヘアピンカーブを曲がっていきます。
こんなときは素直に待つ。競技大会ではないですからね。
お互い小さな配慮というものは大切です。

途中から斜度がキツくなり10%超が連続。
位ヶ原山荘手前のヘアピン8つから「二四六九士坂」と名付けました。

に・・・し・・・む・・・

キツイったらキツイ(汗)


IMG_6930_20161010221316c1a.jpg

程なく「位ヶ原山荘」に到達。
ここで標高約2300米。畳平までは400m(二之瀬一本)くらいです。

ポカリスエットを売店でゲットして小休止していると・・・

IMG_6929_20161010221315522.jpg

調光レンズが見たことない濃さになってる!!!

山は紫外線が強いとは聞いていましたが、まさかここまでとは驚きです。
ちなみに乗鞍エコーライン前線でauLTEが利用できました。これまた驚き。


IMG_1924_2016101022143668f.jpg

再出発ししばらく登るとハイマツ帯に差し掛かります。
遠くにみえるのは穂高連峰と槍ヶ岳でしょうか?

こうしてみると乗鞍岳は、

自転車で「走ってよし」
カメラで「撮ってよし」
登山で「登ってよし」
 誰かしらの公約みたい(笑)

と、自転車乗りが更なる沼に突き進む「きっかけ」になる場所だったり、
沼要素が全て揃った場所だということに気付かされます。

IMG_1925_20161010221438b14.jpg

今日は乗鞍岳の初氷が観測されたと後からニュースで知りました。
ご覧の通り路面凍結箇所も…。

IMG_1926_2016101022153788c.jpg

風景が自転車で見るようなスケールじゃない。
キツイ坂なのに新鮮だしなぜか楽しい。

この景色は本来登山しなければ見られないものなのだと思う。


IMG_1927_20161010221510824.jpg

なんもいえない。

ただ、ただ、吹き渡る風が凍てつく寒さ。



あと少し…。


GOAL!!
結局2時間くらい。

途中で休憩したし、そんなもんでしょう(笑)

折角なので某ブロガーさんを参考に畳平で軽食でも食べようかと思ったのですが・・・

寒すぎるのでトンボ返りします!!!

体が火照ってるうちに下山しないとマズイので最高標高地点で引き返すことに。
リュックに入れた冬用ジャージやフェイスマスクをフル装備でダウンヒル!!


IMG_1929.jpg

下山は早い…。
路面凍結に気をつけて、挨拶する余裕だけは忘れずに…。


IMG_1932_20161010221514917.jpg

ありがとう!乗鞍!!
来年は自走でエコーラインからスカイラインにでも走り抜けたい!

IMG_1934.jpg

このまま直帰でもつまらないので白骨温泉で温泉粥を食べました。
帰りも松本ICから中央道で…。計500km超のクルマ移動。

こんな楽しみ方もいいものです。
クルマでのドライブも楽しめますし(*^^*)

今年は行けないと半ば諦めてた乗鞍岳。
一つ未練を消すことができました(^^)


冬になる前に、次はどこをアタックしようかな?笑

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 4

コメント

さすが乗鞍、季節の進み方が全然早〜い(*_*)
10月で凍結なんて驚きです!
行きたい行きたいと思いつつ行けていない場所の1つの乗鞍…普段から腰が重い自分ですが、最近は「乗鞍は逃げないから」と開き直っています(笑)
それにしても、1日で500km超のドライブと絶景のロングヒルクライムは贅沢な楽しみ方ですね~♪
20年〜10年くらい前の自分なら当たり前にやれていた事ですが、せっかく今月の自分は平日休みが多いことですし、今は出来る範囲で秋を楽しみたいと思います(^o^)

URL | アディ #-
2016/10/10 22:54 | edit

Re: タイトルなし

>アディ様

コメントありがとうございます。

私も行きたい行きたいと思いつつ行けなかった場所でした。
下呂温泉旅行のときも、白骨温泉旅行のときも、天気やらが味方してくれず(泣)

そうですよね。開き直ることも大事だと思います。
ただ、昨今は自然災害も多く行けるときに行っておかないと行けなることもありますから…

「思い立ったが吉日」とでもいいましょうか笑

ドライブ&ヒルクライムはいい組み合わせでした!

URL | hamo #-
2016/10/11 23:46 | edit

こんばんは。
すばらしい景色と風景との出会い!
写真一枚ごとに味わいがちがっていていいですね。

乗鞍はすてきな場所ですよね。
ぼくも,今年はじめて登って,毎年来たいと思いました。
そのたびにちがって表情を見せてくれるでしょうね。

URL | リキ #-
2016/10/12 23:12 | edit

Re: タイトルなし

>リキ様

コメントありがとうございます。

リキさんの仰る通り、目まぐるしく景色が変化していました。
乗鞍は自転車で見られる景色ではない景色を見せてくれるのがいいですね。

ただ、2700mを越える高地なので荒天になると地獄でしょうけど汗
それでも、来年も行きたいと思えるステキな場所でした\(^o^)/

URL | hamo #-
2016/10/14 00:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/249-4cd12089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)