ARTICLE PAGE

幻の曙峠を探して・・・


最近、急に暑くなりましたね。
暑くなると鱧の季節。私も暑熱順化して夏の暑さに負けない体を作らねば。(錯乱)

今日はぶらっと幻の曙峠を探しに行ってきました!

曙峠とは東山にあった?70mちょいの峠。
「古地図で楽しむなごや今昔」という本の中に載ってた地図にチラッと書いてあった。
大名古屋市新地圖 1955年に記載されてたが、現代では名も無き丘みたいな扱いになっている。

一度気になったら実際出向いてみたくなる性格だから仕方ない。
さぁ行こう。

IMG_4723 (1)_R

しかし暑い暑い。
手元のガーミンは40℃を突破。完全に夏の始まりだ。
湿度が真夏よりマシなのが救いかもしれない。

IMG_4726 (1)_R

曙峠に車道は開通していない模様。
古地図を見ながらおおよそ曙峠だろうと思われる地点に向かう。

IMG_4734 (1)_R

ここ??

曙峠?の鞍部には曙橋という陸橋が架かっている。
陸橋上の道は四谷から高針方面の抜け道となっている。

IMG_4730 (1)_R

南を見るとと植田一本松付近の市街地が一望できる。
夜はきっと夜景が綺麗なはず。
ただ落書きもあったし治安は悪そう?

IMG_4740 (1)_R

ついでなので、ちょっと下ってみると湧き水発見!!
こんな場所に湧き水があるなんて驚きですね。
さすがは名古屋のグリーンベルトですw

IMG_4746 (1)_R

さっきの場所が曙峠ってことでいいか~と思ってると巡回中の方がいたので声をかける。

hamo 「すみません。古地図に載ってる曙峠を探してるんですがあの陸橋のところで間違いないですか?」
巡回員 「広義では曙峠で間違いないです。あのあたり一帯が曙峠って言うんです。」
hamo 「では、古地図に載ってる地点はどこですか?」
巡回員 「東山一万歩コースの25番付近です。」
hamo 「ありがとうございます。」


こうなったら行くしかない。

IMG_4748 (1)_R

東山一万歩コースは自転車乗り入れ禁止。
かといって放置するわけにも行かないので押し歩き&担ぎ上げ。

日陰が多く虫が湧いてたり泥濘んでたり結構厄介な道。
ただ小石は散らばってないのでクリートへのダメージは少ないと見た。

IMG_4751 (1)_R

ここらへんがピーク?

IMG_4752 (1)_R

古地図に載ってるピークと思われる地点。
ここが一番高い地点となっている。

ただ・・・曙峠なんて看板もないし文字もない。
名も無き峠だ。古地図には南に抜けられる道筋があったけど・・・そんな道筋なかったような。

IMG_4755 (1)_R

ふぅ・・・長かった。
峠が丘になったり、丘が峠になったり。
その違いは人の捉え方次第なのかもしれない。

地図から消えた峠、地図から消えた道。
そんなルートにロマンを感じるのはなぜだろう。



今回紹介した幻の曙峠はこちら。
わかりづらいですが冒険感覚で是非どうぞ(^^)

0 Comments

Leave a comment