ぴなたんに乗って

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

郡上八幡ライド  


GWどこかへ新緑を見に行きたい。
fbを見てると「郡上八幡に行ってきた」的投稿が目についた。

クルマで行くと呆気無い。
そうだ、自転車で行こう。

IMG_2578 (1) 

決めてしまえば、即行動。
徹夜状態でも問題ない。
郡上といえば郡上おどり、郡上おどりといえば徹夜おどりだ。

r102を北上。車通りが少なく高ペースで進む。

IMG_2582 (1)

犬山城下町に到達。
クルマで来るのと10分しか変わらないっていう発見。

空の色が少しづつ変わっていくのを実感できるのも自転車ならではだ。

IMG_2588 (1) 

御囲堤を爆走し、愛岐大橋へ。
ここから先は自転車では未開の地。

IMG_2589 (1) 

明け方の空の色、朝露に濡れる草の香り。
何度もくどいが自転車でしか味わえないように思える。

IMG_2590 (1)

ここから桐谷坂という小さな峠を越える。
桐谷坂とは各務原アルプスの鞍部を越える道。

日曜の明け方にも関わらず交通量が多い。
そしてかなり暴走してる。平日だったらと思うと通りたくない道だ。

桐谷坂を越えたら道なりに美濃を目指す。
美濃といえば「うだつの上がる町並み」


IMG_2598 (1) 

はい、来ました。
2015年春に道の駅ライドで来たとき以来ぶり。

IMG_2599 (1) 

うだつの上がる町並みを抜けるとこんな看板が目につく。
「白川郷 108km」・・・思ったより近い。
いつかは白川郷経由で日本海に抜けるライドもしてみたい。

美濃からのR156は突然向かい風になり、気温もグッと下がる。
今日は暑くなるとの予報で半袖ジャージも持ってきたのにそれどころではない。
慌ててウィンドブレーカー着用。

IMG_2601 (1) 

今日は交通量が少なかったのでR156を走行することにした。
川の蛇行をショートカットするために小さなトンネルもある道だ。

IMG_2604 (1) 

美並を過ぎた辺りで国道に飽きてしまいr61へ進路を変える。
やはり国道より旧道のほうが気ままに走れて気持ちがいい。
国道だと無意識のうちにオーバーペースになってしまう気がする。

IMG_2605 (1) 

しばらく進むと「粥川」との分岐にさしかかる。
「粥川」といえばウナギを食べないことで有名な地域という印象。
へぇ〜と思いながら分岐点で立ち止まると・・・

IMG_3852.jpg 



サル軍団発見!!
しかも何匹もいる。

そして、自分の進路をみると・・・

IMG_2607 (1) 

またも猿の軍団。
とりあえず熊鈴を鳴らす。
すると、対向車が来てくれて猿が退却。助かった。

IMG_2608 (1) 

IMG_2613 (1) 

粥川との分岐を過ぎると道が細くなり景色も良くなる。
僕は細くて険しい道が大好きだ。

運転は性格が現れるというが、道の好みは人生観にも影響してる気がする。



途中の支流も流れが清らかだ。

IMG_2617 (1) 

小さなアップダウン、小さな集落を抜けていく道は好み。
この道筋はかつての旧郡上街道の一部なのだろうか。
ただ正規の道筋を紹介するサイト等がないのでわからない。

IMG_2620 (1) 

何だかんだで着いちゃいました(笑)
駅名のフォントがこれまたいい。

IMG_2624 (1) 

駅から八幡市街へ向かう。

IMG_2626 (1) 

IMG_2628 (1) 

小京都という言葉が適切なのだろうか。
美しい水に恵まれた八幡の町。
この写真だけなら「京都に来た」と言っても誰も疑わないと思う。

朝だからこそ誰もいない新鮮な町を堪能できるが、昼になれば観光客で賑やかしい事になってるんだと思う。私は人混み嫌いなので一足お先に…だ。

IMG_2629 (1) 

せっかくなので宗祇(そうぎ)水にも行ってみる。

IMG_2630 (1)

郡上の湧水スポットの中でも一番有名な宗祇水。
水を飲もうか迷ったが「生水のためご留意ください」と書かれていたので飲むのをやめた。
こんな注意書きがされてる湧水スポットは初めてだ。
おそらく、「飲んでも問題ないが、飲めない状態のときもある」という意味なんだろうと解釈した。

郡上八幡まで来たなら郡上八幡城。

IMG_2634 (1) 

ぼちぼちな急傾斜アタック。
先行のミニバンがヘアピンでタイヤスピンしてるレベル。

IMG_2635 (1) 

まぁ、フツーな味気ない城。
一応、木造で再建されたらしいですけどね。

ちなみに城内はヒールやスパイク等で入ることができません。
天守閣へ行きたい方は替えの靴を…そもそも自転車乗り相手にしてませんw

まだ時間は8時前…。
高山へ抜けようか?下呂に抜けようか?
はたまた福井?金沢?いろいろ考えた。

しかし、今日はGWだ。
輪行するための特急列車のチケットが取れるとも限らない。

IMG_2636 (1) 

気づいたらR256堀越峠を登っていた。
淡々とヘアピンを回るが斜度が緩いのか標高が稼げない。

IMG_2641 (1) 

もう少しで峠という地点で左膝を痛め急遽転進。
飛騨金山に抜けて周回する予定はなしになってしまった。

IMG_2645 (1) 

毎回定番の輪行。
それにしてもこの風景、
「今、話したい誰かがいる」の風景に似てるんですが(笑)
※本物は三峰口駅ですけどねw

IMG_2647 (1) 

長良川鉄道は最近観光列車を運行し始めて勢いがついてる。
一方で脱線事故もあったりと・・・(汗)

IMG_2650 (1) 


列車に乗り込むと…窓が開いた!!!
私はクロスシートのローカル線で窓開けるのが大好きだ。
輪行なんて・・・と思ってたけど想定外の充実感UP!!
幸せな輪行旅になった。

その後、美濃太田で太多線に乗り換え中央線で帰投。
今回の撤退戦は約3時間でした(^_^;)

やっと長良川水系を少し切り開いたといった感じ。
今度は日本海を目指してみたいなとも思います。

いつになることやら(笑)

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 2

コメント

郡上八幡から小川峠を越えて金山経由で関に帰ってくるという企画を以前しましたが、雨で流れてしまいました。いつか行ってみたいです。
それにしても桐谷峠はいつ行っても車が多いのですね!以前後ろから煽られてクラクション鳴らされました。他に良いルートは無いものでしょうか。

URL | kanz #-
2016/05/02 06:34 | edit

Re: タイトルなし

>kanz様

小川峠…明宝から登る峠ですね!
堀越峠と小川峠を組み合わせてみたいとも思います。

桐谷坂は迂回したい道です。
一本東の"岩坂トンネル"や西側のr93も候補ですが、r93のほうが傾斜がないのでラクだと思われます。
大穴として坂祝からぐるっと回り込むのもありかなと思ってます。

URL | hamo #-
2016/05/02 16:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/210-076487a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。