ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

【事故報告】  


ご心配いただきありがとうございます。
タイトルの通りです。
事故を起こしてしまいました。

事故とはいっても単独事故です。
今後の事故防止に役立てるために書き留めておきます。

※【閲覧注意】途中、血のついたバーテープが写ります。



<詳細>
○発生日時 平成28年1月15日 15時53分55秒
○場所 国道19号下り線 赤塚交差点付近
○原因 前方不注意 路上落下物
○被害 唇の切り傷 左肘打撲 両膝打撲と擦り傷 自転車はSTIが曲がっただけのようです。

私は国道19号を春日井方面に向かって走行していました。
赤塚交差点には左折レーンが設置されているので左車線右寄りを走行していました。
GPSログ解析によると時速30km/hくらい。
すると、前方の信号が赤になったのでブレーキ。

次の瞬間



スルッ!!!!
○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・・・・・・・・!?


目の前にコンクリートの白い路面
無意識のうちに頭と首を打ち付けないように避けた。
唇の強打を確認・・・
コケてる最中に後続車がみえた。車間距離はある。

一瞬で衝撃が収まる、自分の体より、自転車より、とにかく後続車。
幸い止まっていてくれた。ふぅ・・・・。

モタモタしてると交通の妨げになってしまうので歩道に逃げる。
パッとバーテープに目をやる。

IMG_2298 copy
赤白バーテープが気に入らなくて巻き替えて1時間も経たないうちに再び赤白に…。
血がポタポタ・・・
私は血が苦手だ。口から出る血はとくに怖い。

ここで救急車を呼ぶレベルではないと判断。


とにかくティッシュを・・・

駆け込めそうな施設を探すが見つからない。
少し行くと不動産屋があった。しかも中の人が扉の近くに立っている。



「ふみ・・ましぇ・・・・っん」


たまたま絆創膏も用意してる会社だった。
とりあえず頂いたティッシュで出血を確認する。

鼻の下あたりだろうか?とりあえず分けて頂いた絆創膏を貼る。
でも、血は止まることをしらない。
どうやら唇を切ってしまったようだ。何だか腫れてる。

でも、家内にSOSを呼ぶのは自己完結を目指す身において気に食わない。
チェーンが外れてしまったので直す。STIはこのままでも大丈夫。ハンガー折れもなし。

まずは帰る前に現場検証。
しっかり写真に収める。
IMG_2307 copy
これだ。これだ。
こんな些細な落下物で命の駆け引きになる。

一見、落下物を責めたくなるが
「落下物があっても問題ない走り方」をしていなかったのだ。
想定外では済まされない。想像力が足りなかったのだ。


いつも通り車道走行で緊急着陸を企むが、左腕が少しだるい。
昨年春に事故っているが記事あのときより速度が出てる。
しばらくは安静に様子をみることが大事。


日頃、事故防止を叫んでいる私が事故を起こすという顔向けできない状況。
twitterでも多くの方からご心配いただき申し訳ございません。

今回は、珍しく向かい風対策で上ハン腕曲げポジションをとっていたことや、
後続車が車間距離を開けていたことも幸いしこの程度の怪我で済みました。
車道走行時における転倒は初めてでしたが一歩間違うと命に関わります。
ヘルメットはもちろん、アイウェア、グローブの大切さを思い知らされました。


事故は"まさか"の場所で、"まさか"のタイミングで起こります。

事故は少し無理をしている状況で起こりやすいです。
速度的に…や、体力的にや…、気分的にや…、気象状況やら…

「なんか自転車乗る気がしないな〜」
そんな気分のときは勇気を出して自転車に乗らないことも大切です。

起きてしまったことは仕方ない。しかし次を防がねば。
皆さんも事故にはくれぐれもお気をつけ下さい。

そして楽しいロードバイクライフを!!


p.s.手を差し伸べて頂いた不動産屋の方、本当にありがとうございました。

category: ひとりごと

コメント

No title

大変でしたね!!
後続車等との接触がなかったのは幸いです!
この趣味は我が身を守るものはヘルメットのみで、他は身体むき出し…やはり受傷の可能性はいつ何時でもある事を肝に銘じます
それにしても事故は些細なことが引き金になりますね!
自分は一昨年の8月末に単独事故で落車して鎖骨骨折しました
その原因は、草むらから飛び出してきた「猫」
それに気づきフルブレーキング→ちょうど路面に砂が浮いていた→真左に横転→受身も取れず縁石にヒット…という具合でした
来月ようやく鎖骨プレートを除去する予定がたちましたが、この傷を見るたびに「ライドからは必ず無事に帰る!」と改めて思います

今後なんらかの症状が出る可能性もあるので、くれぐれもご自愛くださいm(_ _)m
そして同じく自転車を嗜む者として、安全に楽しい自転車ライフを心がけます


URL | アディ #-
2016/01/15 20:19 | edit

ご無事で何よりでした
先日私もYS'前の自転車道で危うく自転車同士で正面衝突ということがありました。双方の不注意が原因でした。
街中の走行は特に注意が必要ですね。

URL | kanz #-
2016/01/16 00:57 | edit

アディ様

ご心配ありがとうございます。

些細なことが引き金で起こりますね。
先日、路地裏を走っていた時に浮いた砂でコケかけたのでわかります。

サイクリングの最大の目標は無事に帰ることなのかもしれませんね。
自分の運転を見直したいと思います。

ばらくは安静にしてます。どちらにしても寒いのでちょうどいいかも。
ご心配おけしました。

URL | hamo #-
2016/01/16 03:31 | edit

kanz様

ご心配ありがとうございます。

自転車道で正面衝突は怖いですね。単独事故より相対速度ありますし…
私も何度か脇見をしていた自転車とぶつかりそうになったことがあります。

事故を起こした私がいうのはあれだと思いますが、くれぐれも事故にはお気をつけ下さい。
ご心配おかけしました。

URL | hamo #-
2016/01/16 03:36 | edit

大大丈夫ですか(・_・;)

車両との接触事故に至らなかったのが不幸中の幸いでしょうか。

慣れは恐ろしいですね。
忘れた時に事故はやってくる。
怖いと思って注意しているほど事故は起こりにくい。

何にでもいえることなんですよね。
自分もしばらく無落車無事故を継続していますが、そろそろ忘れかけてきたこの時期に起こるんじゃないか不安になります。

事故はライド中いつ起こってもおかしくないので、ライドの際は気を抜かないということを忘れないように改めてしたいと感じました。

また、事故のレポートありがとうございます。
自分も気をつけないといけないと感じさせられました。

長くなってすみません、最後に、今後もお互い無事故でライドを楽しみましょう。

URL | ikaruga #-
2016/01/16 09:23 | edit

ikaruga様

ご心配ありがとうございます。

事故を他人事と思った時に事故が起こる。
それは昨年の事故で肝に銘じたはずなのですが起きてしまいました。

無意識なうちの油断や慢心は災いを呼び込みます。
また自分が気をつけていてもぶつかってくることだってありえます。

そう考えてみると峠のタイム云々より無事に帰宅することが大事なんだなと痛感するこの頃です。
ikarugaさんも事故にはお気をつけて。
いつかどこかでお会いできたらいいですね(^^)

URL | hamo #-
2016/01/16 10:14 | edit

大事に至らず何よりでした。
口の周りの怪我って、けっこうたいへんなんですよね。ぼくも二度ほどやっていますから。
こうして、報告をしてもらうことでみんなの気をつけるべきポイントが一つずつ増えていきます。ありがとうございます。
お大事に。

URL | リキ #KLtzAfy.
2016/01/17 19:52 | edit

No title

まあ、大変!しばらくは食事も苦労しそう・・
それにしてもプラ板?紙?この手の物は街中にはありがちなので怖いですね。
かといって人間緊張感をずっと保って運転はできませんし、難しい問題ですね。

URL | ひろ@bike #-
2016/01/17 23:02 | edit

リキ様

こんばんは。
ご心配ありがとうございます。
リキさんの怪我は順調に回復されているようでブログ読みながらホッとしています。

口周りの怪我は辛いですね。。
まぁこの程度で済んだと思ってポジティブに捉えるよう心がけてます。

起きたことは仕方ない。
これから起こることは防げますからね。

リキさんも事故にはお気をつけ下さい。

URL | hamo #-
2016/01/17 23:46 | edit

ひろ様

ご心配ありがとうございます。

だいぶ治まりましたが依然として唇が腫れてます(泣)
飲み物飲むときにストローを使わないといけないのが辛みです。

実はあのスリップしたとき前方にはかなり車間距離があったので、
一度ブレーキを緩解してそのあと急ブレーキかければ落車せずに済んだんです。

後輪がまさか落下物に乗ってるとは思いませんから状況判断を誤ってしまった。
何ともいえない後悔もありますが前向きに考えていきたいと思います。

ひろさんも事故にはお気をつけてください。

URL | hamo #-
2016/01/17 23:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/176-4b047396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)