ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

【まさかの展開】 登っていきゃあせ雨沢峠  

IMG_1407_R.jpg
え、えぇ~(;・∀・)




先日、雨沢峠が記事なった。その過去記事については→雨沢問題(リンク)へ。
最近、自称・雨沢峠研究家?としても活動しているので行ってみようかな~って

IMG_1354_R.jpg

コンデジで御嶽山を撮ろうとするも、まさかのSDカード未挿入wwwwwwww
iPhoneによる撮影になることが決定\(^o^)/ ホント何やってんだか笑笑

追い風に乗って瀬戸に到着。シナサイさんの開店待ちをして・・・・
今回は本気なのでサドルバッグ&ツールボトルを預かってもらい軽量化!!

上品野までのアプローチでも1.5kgの軽量化の効果を感じます。
これは期待できる!!

IMG_1355_R.jpg
[上品野口バス停]
車の途切れたタイミングでスタートしてぐんぐん加速していく。
確かに今までより進んでいく。傾斜がキツくても振れるので一段重いギアが踏める。

いいぞ~!!と思いきや、運動不足が祟り脇腹痛に(*_*)
東海環状道の先で大きく失速・・・・もう20分切りは無理だ()

しかも口呼吸でどんどん喉の奥が冷えて痛い・・・

IMG_1356_R.jpg
[GOAL]
TIME: 23:53
ぼちぼちといったところ。1.5kg軽量化しても自己ベストの20分38秒には届かない現実・・・
20分の壁は今年中に越えられそうにない。

結局のところ機材を軽量化するよりエンジンの調子を整えることが大事ってことですね。

IMG_1370_R.jpg
6月以来、久々に雨沢峠にある白鳥神社にお参りすることに。

今までのお礼と、
「これからも地元住民とサイクリストが共存し、安全に事故なく楽しめる峠でありますようにお見守りください。」と手を合わせました。

IMG_1373_R.jpg
今も昔も雨沢の守り神である白鳥神社。
階段が急で滑りやすいですが、もし機会があればどうぞ。

さぁ帰ろう!とすると、石仏さまに花を手向けているおばあちゃんを発見!

私 「こんにちは~お邪魔してま~す」
おばあちゃん 「こんにちは~どこからみえはったの?」

そんなことはよくあること。
いろいろ話していると突然ポケットを探り「あのさぁ~」と言い始めたので手元を見ると、

IMG_1376_R.jpg
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
なぜにこのタイミングで?しかもここ岐阜県だぞ!!と思いきや、下界から情報が回覧板で回っていたらしい。
これって何かの巡り合わせなのかな?
やらせでも演出でもないですよ 笑笑笑

実は私、この記事作成に深く関わっています。

そう、打ち明かすとおばあちゃんは
「あんたかねぇ、よくぞ言ってくださった。ありがとうな」と。
いえいえ、とんでもございません。私も迷惑をおかけしてる一人でありますと。

IMG_1377_R.jpg
おばあちゃんは更に話を続ける・・・

雨沢峠なんて名前聞いたこともないとか。
昔は砥石が採れていたとか。
私が小さい頃は薪木を伐採していたので、雨沢峠の柿野側からは御嶽山が綺麗にみえたとか。
イノシシやサルが多い。ただクマはいないとか。

その他いろいろ雨沢周辺ことを学ばせて頂きました。

自転車乗りに対しては、
「そういう理由で登ってるんだったら頑張ればいいと思うわな。むしろ現代の人は頭ばかり動かして体を動かさないから鬱になる人が多いと聞いてる。そうやって何かに打ち込めるってええことではないかね。」と。

ありがとうございます。
その気持ちに私たちが応えていきたいものです。

そして最後におばあちゃんは、
「私らの雨沢は柿野の集落より空気がええんよ」と語った。
そうやって故郷を愛し誇りに思ってる人たちってカッコいいですね。

IMG_1407_R.jpg
おばあちゃんがお礼に大根を分けてくれるというので畑まで付いて行きました。
そこには地元の方が集結していてちょっとした集会状態。

「夜でも登ってくるやつがいるんよ~」と話されてる方がいたので、
「あっ、すみません。僕も数回登りました」と白状。

そりゃそうだ。
集落の人からすれば、自転車乗りはただ登ってまた下って登るわけわかめな人たちに過ぎない。
こうして何をしてるのか?顔が見える関係にしていくことこそ理解への近道だと思う。

IMG_1382_R.jpg
それにしても美味しそうな大根だ。おでんにするのがオススメとのこと。
すると、これも持ってきやぁ~せと、蕪やキャベツ・ブロッコリーを持ってきて下さった。
「持って帰れないです」と私がいうと「リュックあげるで持ってきゃあ」と。

なんて優しい人たちなのだろう。
都会で暮らす私たちが忘れかけている何かが雨沢にはある。

みんな笑顔で余裕があり、助け合うということを自然に行ってる。
僕はそんなおばあちゃんたちを見て、
「幸せってなんだろう?」と感じてしまった。

おばあちゃんが使う簡易リュックを背負い別れを告げる。

またリュック返しに雨沢に来ますね~
それまでお元気で~(^^)

IMG_1384_R.jpg
雨沢の県境手前、中馬街道の看板があるところに一つ未舗装の廃道がある。
この道は上半田川の養鱒場に繋がっているらしい。
もし、この道がサイクリングロード化すれば養鱒場に行きやすくなるのにな~と

IMG_1391_R.jpg

IMG_1390_R.jpg
先ほどのおばあちゃんが
「ガードレールが二重になっとるとこが見晴峠って呼んどった」と話してくれたのって、ここなのかな?

意識してブレーキをかけても30km/hちょい出てしまう下り坂。
ヤビツ並の速度で下るには相当気をつけないと厳しいな~って。

シナサイで瓶コーラを頂き、雜談し、荷物を受け取り道の駅へレッツゴー!

IMG_1392_R.jpg

平日なのに大人気の道の駅のレストラン。
今日は何とかおかずにもありつけました!!

ここからどうやって帰ろう?
瀬戸街道もつまらないし、高蔵寺経由もつまらない。

そんなときはGooglemap歩行ルート検索!!
知らない最短経路を教えてくれる。これで行ってみよう。

IMG_1394_R.jpg

東谷山を越え大村池の近くでまさかの"行き止まり警告"
こういう標識に萌えてしまうのはなぜだろう。行けるとこまで突っ込んでみることに。

IMG_1397_R.jpg
行ったことないけど、深沢峡を髣髴とさせるバリゲート
ここから先は自己責任で通ってみる。

ちなみにここ、名古屋市守山区です!!
さすが名古屋のチベットと揶揄される志段味地区だけあります。最近はだいぶ開発されましたけど。

IMG_1399_R.jpg

100mくらいで呆気無く荒れた区間は終了
ただ新道との間に段差があり担いで登りました。

IMG_1401_R.jpg
それにしても池ばっかだな~
しばらく走ると"雨池"交差点に出た。

「あれ?雨池って志段味CRの????」

IMG_1403_R.jpg
やっぱりそうでした!
今年の2月に定光寺行った時の記憶だけでしたが、まさかこうして再び通ることになるとは!!

この道、小幡緑地-志段味-東谷山と繋がると便利になりそう。

帰りは向かい風、めげずにトロトロ流していく。
竜泉寺のチベット坂?を登り、庄内川堤防に出て帰宅。


IMG_1410_R.jpg
雨沢産の野菜たち5kgほど。
ささっと下処理して保存。
どうやって食べようかな~??(・∀・)


こうして雨沢峠に再び行くことがほぼ決定になりましたとさ。
雨沢のおばあちゃんはじめ集落の方々、本当にありがとうございました\(^o^)/
美味しく頂きま~す(^^)

p.s.ないとは思いますが、集落の方に「僕にも野菜をくれ」と押しかけないでくださいね!

category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 4

コメント

No title

なんと…な展開でしたね!!
でも「挨拶」というのはとても大切な要素ですね

目を三角にして走り一辺倒になってて、すれ違いざまの挨拶もままならない方もたまにみえますが、気持ちよい挨拶をしながら、颯爽と走っている人のほうが当然好感が持てますし、マナーもしっかりしていておまけに速い(上りです)場合が多いと思います

もちろん挨拶の余裕が無いくらい、精一杯上っている方には当てはまりませんが(自分もそのシチュエーションだったら挨拶無理ですw)

いつも挨拶くらい自然にできるような心の余裕をもって、これからもライドしていきたいと思います
そういう有形のコミュニケーションを通じて理解が生まれていけば、無用な軋轢も生じないと信じています

URL | アディ #-
2015/11/23 17:11 | edit

アディ様

コメントありがとうございます。

その通りですね。
私は登りでキツイ場面でも挨拶…できなくとも会釈するようにしています。

挨拶するのはしんどいですが、挨拶されると頑張れるので積極的にしています。
そうして良い連鎖が起きていけばもっといい空間になると信じています。

"余裕がないときこそ、余裕があるように振る舞う"
競技ではない以上、事故防止のためにも余裕を持ちたいですよね。

URL | hamo #-
2015/11/23 19:08 | edit

No title

いやいや,何ともホッコリする展開!
きっとhamoさんの笑顔が地元のおばちゃんたちに通じたのでしょうね。
少し遠慮気味に考えていましたが,また走りたくなってきました!

URL | リキ #KLtzAfy.
2015/11/27 23:56 | edit

リキ様

コメントありがとうございます(^^)

雨沢峠ぜひ登ってください!
リキさんのように良識ある自転車乗りが登ることによって良い環境が保たれると思います。
些細な気配りができれば大丈夫だと思いますよ(*^^*)

URL | hamo #-
2015/11/28 20:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/153-e10fd501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)