ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

タイムをアップするならマナーもアップしよう。【雨沢問題】  

IMG_1143_R.jpg

※2015年11月16日 中日新聞朝刊 16面県内版より引用


DSC03184-1.jpg

2015年11月16日の中日新聞朝刊 16面(県内版)にて雨沢峠について掲載がありました。

まず最初に、私は下りでのタイムトライアルには断固反対です。
かつて「お前、下り遅えな」と言われたこともありますが、そのくらいでちょうどいいのでは?と考えています。これでも飛ばし過ぎかもしれません。
一方で最近GPS共有サイトSTRAVAに雨沢ダウンヒルなるセグメントが誕生し競争が過熱しているように感じます。※2015年11月17日現在 このセグメントは削除されたようです。


競争が熱くなるにつれて冷たくなっていく地域住民の視線・・・


噂ではありますが、ここ数ヶ月ダウンヒル時における事故多発を受け、眉をひそめた住民らのグループが雨沢峠区間を自転車通行禁止にするよう市長に懇願しよう!という動きが出ているとも聞きます。
万が一通行禁止になってしまうと、名古屋から瑞浪・恵那方面への移動が不便になるに違いありません。

大事なことなので何度も言いますが、そもそも公道は競技場ではありません
すなわち、通行の自由は保障されていても、競い合うことは認められていないのです。
雨沢峠のみならず私を含めた自転車愛好家が公道をシェアしているという事実を忘れ、相手から見て危険な運転を繰り返せば、かつての二輪ブームによる締め出しと同様、「自転車通行禁止措置」という全国初の不名誉をこの地域の自転車愛好家が背負うことになってしまいかねないでしょう。
それは苦情の声が上がっている雨沢峠はもちろん。今はまだ苦情が出ていない道や峠でも同じことです。

ただ雨沢峠から自転車を締め出しても違う道や峠に集まるなど分散・潜在化するので私は逆効果だと思います。もし分散化してしまうと次なるステージとして包括的な自転車に対する規制が待っています。最悪、ロードバイクの公道走行禁止に至ってしまうことも想定せねばなりません。そこで重要となるのが私を含めたマナー・モラルの抜本的改善です。

一部の自転車愛好家が暴走し、ほとんどの人は丁寧に走っているとはいえ、私を含め同じようなカタチの自転車、同じような服装をしている自転車愛好家は傍から見て"同一の集団"と画一化されて然るべきものだと感じています。

その負のイメージを払拭するには"誰かのせい"にするのではなく、私を含め峠を登らせてもらっている立場の一人ひとりが謙虚に責任をもって利用することが求められます。地元の方、そしてすれ違う自転車乗りに挨拶できる速度で下るのはもちろん、登坂中であっても後続車に脚付きして停まって譲る=すなわちタイム至上主義にならないこと。そしてただ登って一銭も地元に貢献せず帰るのではなく地元商店、例えば○○茶屋を利用すれば少しは心象が変わるかもしれません。

少し逸れますが、神奈川県秦野市に関東エリアのヒルクライムの聖地・ヤビツ峠があります。
この峠も雨沢峠と同様、数年前に自転車通行禁止の危機に瀕しNHKでも取り上げられました。
私は同じ問題を抱え乗り越えてきたヤビツ峠にヒントがあるのではないかと思い、先日、視察がてらヒルクライムに行ってきました。そこで気づいたのは圧倒的なダウンヒルスピードの遅さです。速度的には20~25km/hくらい。下ってくる自転車とはっきり挨拶ができるスピードです。中には攻めた走りをしている人も当然いましたが、総合的に丁寧に走っている印象を受けました。ヤビツ峠が理想的な状態とは思いませんが、学べる点は多々あるように感じます。


私は今回の件について、雨沢峠を利用する一人の自転車乗りとして責任を感じています。
それと同時に、自転車だからこそ地域の活性化に貢献できることが必ずあると確信しています。
だからこそ地域社会と良い関係を築いていきたい。それが私の願いです。

これからも地元住民とサイクリストの笑顔が溢れる道であってほしい。
私にとって雨沢峠は、山を登る楽しさを教えてくれた大切な場所の一つです。
今後、私も気をつけますので、皆さんもお力添えをよろしくお願いします。



平成27年11月16日
hamo

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

先日も公道走行でのマナーについての記載があり、コメントさせていただきましたが、この地方のメジャー新聞にこのような啓蒙記事が載ってしまうほどの問題になっていたんですね!
「サイクリスト マナー守れ」…この表題だけで事の深刻さが伝わってきます!
一部の暴走サイクリストの行動は、傍からみれば同じようなスタイルのサイクリストは同一視されかねません
いずれ「ピチピチ服でハンドル曲がった自転車の奴=悪」のレッテルが貼られてしまうのは避けられませんね
この中日新聞の記事、近隣サイクルショップや飲食店、コンビニ等に掲示してもらいたい気がしますし、何より走行者全員が周知しなければいけない大問題だと思います

免許が必要なくて手軽な反面、「軽車両」の区分で道交法による公道での交通規則が適用されており、その義務と責任を失念することが無いように自己を戒めていかなければ行けません

個人的な思いですが、一般サイクリストに対して影響がある人…この地方ならバイシクルクラブ誌の峠特集で雨沢峠も紹介していた、筧五郎氏あたりに発信してもらいたいとも思いました

URL | アディ #-
2015/11/18 21:24 | edit

アディ様

コメントありがとうございます。
そうですね、近隣のコンビニには掲示の協力をお願いしてもいいかもしれませんね。

どうしてもサイクリストたちが集結してしまうと私含め "サイクリストの中での常識" が世間一般の常識との乖離を起こしやすくなるんだと思います。ベテランの方々は口を揃えて「若者たちのせいで」とか、私らの世代では「一部の人らのせいで」と言ってしまいがちですが、そんなこと地元住民からみれば内輪の責任のなすりつけ合いにしか感じていないと思います。いま私たちにできることは一人ひとりが適切な振る舞いをするに尽きるのかな~と。

この道に限らずどの道でも楽しくこれからも乗れるように謙虚な態度を心がけたいですね(^^)

URL | hamo #-
2015/11/20 02:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/152-b30f49a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)