ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

コンデジでも綺麗に撮ろう【長時間露光】  


コンパクトデジタルカメラ。略してコンデジ。
今となってはスマホと画質が変わらないとされているカメラ

でも!たった一つのアイテムで劇的に写りを良くすることができます。


<必要なもの>
・"長時間露光が可能な"コンデジ本体
・ミニ三脚



理屈を語っていても仕方がないので実際の写りをご確認ください。
瀬戸街道で戸越峠を目指すも寒くて引き返してきたときの様子です。

IMG_0672.jpg
コンデジ手持ちでフルオートで撮影。なんか暗くないですか?それにノイズもすごい。

そこで三脚を活用し、長秒時撮影モード(15秒)で撮影

IMG_0673.jpg
アングルが違う点はご容赦ください(汗)
劇的に良くなってませんか?

これでは違いがわかりづらいので…

IMG_1119.jpg
iPhone6のカメラで撮影



IMG_0676.jpg
コンデジ手持ちフルオート



IMG_0674.jpg
コンデジ長時間露光

夜空のグラデーションや高層雲が確認できるようになりました。
ここまででも十分違いがあると思いますが、効果が歴然となるのが望遠端です。

IMG_1123.jpg
iPhone6 デジタルズームなのでとても見るに耐えない写真ですね^^;



IMG_0694.jpg
コンデジ手持ちフルオート

望遠端はレンズの絞り値が暗くなるのでどうしても露光不足で暗く写ります。
また、手ブレの影響も顕著に…

それが長時間露光すると…

IMG_0693.jpg
若干車の振動でブレてますがどうでしょう?
ブログサイズでもかなり画質が向上していると思います。

ちなみに…ですが、

IMG_0691.jpg

長時間露光をすると、車の流れを光のラインで表現することもできます。
交通量が少なく綺麗には撮れませんでしたが表現方法が広がるのは確実です。

長時間露光をするときはセルフタイマーを2秒にするのがコツ?です。
意外にシャッターボタンを押すときのブレって侮れません。

あと、長時間露光をした後に画像処理されるのに露光時間とほぼ同等の時間がかかります。
15秒露光すると15秒画像処理。すなわち一枚撮るのに30秒かかるのでサクサク撮るのには不向きですね。
また長時間露光すると電池の減りが多くなる気がしますので注意してください。


IMG_1118.jpg

今回使用したカメラはCanon IXY610F、アマゾンで1万ちょいで売ってるカメラ。
そして三脚はJOBYミニ三脚、アマゾンで2000位で売っているモデルです。


このサイズなら嵩張らないので常に持ち歩ける気がします。



実は私、このコンデジに長時間露光できるモードがあるとはつい先日まで知りませんでした。
コンデジを活用してる方は是非、設定の中に長時間露光できるモードがないか確認してみてください。

光学ズームがない&長時間露光できないスマホのカメラ…

まだまだコンデジ負けてませんよ 笑笑




蛇足ですが…

IMG_0680.jpg

コンビニ手袋の上に指切りグローブをはめると春秋用グローブとして活用できました。
7~8℃まではこれで十分です。タッチパネルが操作できるので愛用しています。
若干指の付け根に食い込む感が不快ですが、そうも贅沢言ってられません 笑

category: カメラネタ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/147-2789fae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)