ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

ママチャリ de 雨沢峠  



たまに気晴らしに走りに行く雨沢峠。
ここ最近はピナで5回登ったのとBHで登ったくらい。

家には伝家の宝刀?であるママチャリがある。
そうだ、これで登ってみよう。
twitterで「雨沢 ママチャリ」でググっても出なかったのでいいかなって笑

ちなみにママチャリのスペック
・サイクルベースあさひのプライベートブランド
・値段は1万5000〜2万前後だったような…。
・外装6段変速
・重量 20.8kgこことても重要。

DSC08730.jpg
尾張瀬戸までは矢田川沿いの道を開拓したくていつもとは違う道で。
ロードなら遠回りでも価値はある?かもだけど、ママチャリだと、ん〜。

DSC08731.jpg
一度、千代田橋で矢田川左岸に乗り換えるんだけど全然信号がない。
あとから振り返ると約12km信号なし。平均時速もグロスで18を超えている。
ロードで走ったら快適だと思う。

DSC08733.jpg
尾張旭市の稲葉橋で快走路は途切れる。
ここからは街路。
この界隈、実はBHで長久手行った帰りに通ったことがある。
いい思い出ではないけど、あれから4年…工場の独特の臭いは健在だった。

水野でいつもの道と合流。
3~4kmの遠回りでも緩やかな上りが堪える。

DSC08734.jpg
[雨沢峠TT]
ママチャリにマウントしてあるガーミンのラップボタンを押す。

前半はすこぶる順調!東海環状道下の第一激坂もクリア!
回転を上げずに踏む作戦で消防団前の第二激坂もクリア!

ついに森林区間へ…これはもしや脚付きなしでいけるかも!
そう思った瞬間に後ろを振り向くとダンプが…

避けたくても逃げ代がない。止まらないギリギリの速度で走っていると
痛テテ!!足が瞬間的に攣ってしまった。危ないので片足をつく(>_<)

脚付きなしで登れそうだったのでクッソ!と思ったけど切り替えは大事。
「なんならもう一回登ればいいのだから。」

坂にしがみついていると岐阜県との県境の標識がみえてきた。
ここからラストスパートをかける。

DSC08735.jpg

TIME 32:00
他にママチャリで登った人の記録がないのでどの程度なのか不明。
でも、とりあえず登れた!やったぜ!!

ロードに乗っていると"高い自転車だから行けるんだよ"と言われるがそれは嘘だ。
機材問わず「行く気さえあれば、どこへでも行ける。」
そう確信した。

DSC08742.jpg
だいぶ朝晩も肌寒いくらいになった。
こうやってボッーっと昼間の月をみるのも何かいい。

さぁ、問題のダウンヒル。フレームの剛性云々よりブレーキが不安材料。

DSC08747.jpg
ママチャリのドラムブレーキは簡単に発熱する。
だらだらブレーキは厳禁。ピンポイントで思い切りかける。

DSC08748.jpg
それでも効きが悪くなり小休止。
ドラムブレーキに水をかける水冷作戦に成功。
それにしてもママチャリが山道にあるの違和感でしかない笑

後半は空気抵抗を利用した空力ブレーキ(笑)を活用した影響でほとんどブレーキを使わずに下れた。
そのくらい空気抵抗って凄まじいものがある。5%の下りでも減速するのだから。

セトシナノサイクルに立ち寄り瓶コーラで一服。
気さくなマスターとの会話も楽しい。

DSC08752.jpg
今日の目的である野菜仕入れに道の駅へ。
途中の高台からは名古屋のビル群が綺麗にみえた。

DSC08760.jpg
[道の駅 瀬戸しなの]
瀬戸焼きそば。独特の風味がして好き。どこかローメンっぽい。
プラ容器に入れて売っていたけど、一度焼きそばを陶器の皿に移している。
それもそのはず"せとものに乗せる"のが原則だからだ。
"体裁"って大事だと思う。

DSC08770.jpg
大道芸の人が猿回しをやってた。
ほのぼのとしていい雰囲気だ。

帰りはいつもの道を逆向きに。
下り基調なので快適に走行。

走行時間の平均時速がロードでゆるポタしたときとそんなに変わらない。
ママチャリの割に飛ばしすぎてるのか、ロードで怠けすぎてるのか。
果たしてどちらなんだろう。

この状態でピナに乗ったらきっと感動するだろうな。
楽しみ〜(・∀・)


追伸:ブログ書きながら写真がとてもアンバーだなぁと思っていたらなんと・・・
クリエティブスタイルが夕景になってました(汗)しまった(>_<)

category: 2015 ゆるポタ

tb: 0   cm: 4

コメント

矢田川経由もいいですね。
それにしてもママチャリで32分ですか。
恥ずかしながら私の雨沢タイムと
変わりません。(^^;)

URL | kanz #-
2015/09/05 16:47 | edit

20kg以上の自転車で32分!
すごい!
ちみなに,スタイルは,ジャージとレーパンで?
だったら,もっとすごい!(笑)

URL | リキ #-
2015/09/06 22:47 | edit

Re: タイトルなし

kanz様

ありがとうございます。
矢田川ルートなかなか良かったです(^^)

タイムを競うのも楽しいですが、移り変わる風景だったりを味わうのもこれまた楽しいです。
"シゴト"でやっているのではなく"シュミ"の自転車だからこそあまり数値にこだわらないほうが純粋に楽しめるのかなって最近感じています!これからは涼しくなるので自転車乗りたくなる日も増えそうです(反面、ウエア選びが難しくなる汗)

URL | hamo #-
2015/09/07 14:39 | edit

Re: タイトルなし

リキ様

お久しぶりです。
ウエアは"あえて"普段着にしました。
といいつつ、下着代わりにレーパンを履いて行きました笑

普段のままのスタイルでも誰でも雨沢峠に登れる。
それを実証したかっただけの根性ライドでした。

後日、異常な怠さに見舞われたので当分は再チャレンジしません^^;

URL | hamo #-
2015/09/07 14:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pinapha.blog.fc2.com/tb.php/134-d8658a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)