ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

【朝練】名古屋から南に快適に走る方法を発見。  


涼しかったので唐突に朝練することにしました。

IMG_0551.jpg

やってきたのは大須商店街。スマホを開き、今流行のポケモンGOを開くとたくさんポイントが表示されます。試しに大須商店街を歩いてみたところポケモンかなりゲットできました。どれも弱い奴ですが笑

IMG_0552.jpg

朝食を食べずに出てきたので急遽金山のマクドに寄ることに。ここのマクド自転車が見張れるのでいいですね。また利用したいと思いました。

IMG_0553.jpg

高辻からは空港線で南下。しかし通勤時間帯ということもあって道が殺気立ってきます。

IMG_0555.jpg

南下とともに道を走る車が凶暴になってきて何度もヒヤッと。このまま走り続けると後悔しそうだったので空港線から東海通に逸れることにしました。
ちょっとでも嫌な気配がしたら止まってみたり、道を変えるのも大切です。

IMG_0557.jpg

今回、殺気立っていた空港線は7:00~9:00までバス専用レーンが設置されています。自転車は軽車両なので専用レーンの時間帯でも通ることができるわけです。それでいて、追い抜くのはバスと原付くらいですから尚安心。鶴舞〜星崎間を安全に快適に走るなら7:00~9:00がおすすめです。


IMG_0558.jpg

雨もパラついてきたので旧東海道から路地裏をウロウロしつつ帰投しました。先日のライドで感覚を取り戻せたのか、足裏やふくらはぎで踏むのではなく、太ももで回すことができたので徐々に復活してる模様です。名古屋から南に快適に走るコツ?を掴めただけ良しとしましょう。

category: 2016 ポタリング

tb: 0   cm: 0

Onshore Ride130km!【坂折棚田右回り周回】  


暑いですね。最近はクルマばかりで体力もだら下がり。このままじゃ夏に負けちゃう。海から陸に吹くオンショアに乗って山に行こう。日程の都合上(一番暑い)真っ昼間からのスタート。さぁ行きまっせ。

IMG_0464_201607252130590cc.jpg

木曽街道を走り可児へ。中山道との追分を過ぎ兼山へ。途中で脱水気味になったりと撤退する理由はありましたが、走りたいという欲だけで何とかここまでたどり着きました。

IMG_0466.jpg

兼山から錦織に抜ける県道はかつての線路跡。クルマで通ると少し狭く感じるが自転車だとちょうどいい。少なくとも対岸のR418よりは快適なサイクリングが楽しめます。

IMG_0476.jpg

そのまま道なりに進むと蘇水峡橋。ここから道が本気を出してきます。

IMG_0477.jpg

不気味なトンネルを抜け・・・

IMG_0478_20160725213732d19.jpg


超道を走り抜けると・・・

IMG_0483.jpg

丸山ダムの小和沢橋。この橋の廃れ具合が気に入ってる。ただ、現場周辺は現在新丸山ダム関連工事で賑やか。いずれこの橋も取り壊される運命なのかもしれません。ここからは人道の丘(笑)経由でR418丸山バイパスに合流します。なぜ(笑)を付けたのか。

IMG_0485_20160725213735524.jpg

はい、どう考えても非人道的です。

私は人道の丘に登る坂を"非人道的な坂"と名づけています。

IMG_0486.jpg

実際行ってもらうとわかりますが、谷底から一気に這い上がる道なので傾斜がキツイ&長い。もうこれだけでお腹いっぱいな感じです。人道の丘より潮南方面は自販機がないのでドリンクを自販機にて調達。

IMG_0487.jpg

R418丸山バイパスは傾斜が地味にキツく、直線基調で見通しが良いため気力が奪われる道。そんな道の途中でちょっと好きな風景に遭遇しました。集落を綺麗なカーブで走る二車線道路。なんか好きです。ちなみにこの丸山バイパスは下りなら快適なのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし西風がそれなりに吹いているので惰性でスピードに乗って下ることがほぼほぼ困難で思ったほど快走路ではないのでご注意ください。


IMG_0492 copy

やっときました、新旅足橋。昼間だと高低感が強調され高所恐怖症に陥ってしまいそうです。橋の途中で立ち往生するわけにはいかないので、極力道路の端に寄り過ぎないように走行しました。ここで、ふと補給地点の営業時間が気になり調べると残り30分。急がねば。単調な上り坂を極力飛ばし、最後はスプリント!!!

IMG_0496.jpg

【しおなみ山の直売所】

何度かドライブがてら立ち寄りましたが、自転車では初めて来ました。何とか営業時間にも間に合い五平餅を食べよう!と張り切っていると、なんと日曜日しか五平餅を焼いてないと宣告されました(汗)。仕方ないので、近くにあった栗大福やよもぎ餅を購入してみましたが絶品!

IMG_5148 copy

※食べかけの写真でごめんなさいorz

まだ7月なのに、早くも秋を先取りです!ちなみに、この大福や餅は八百津の亀喜総本家のものらしい。美味しかったんでまた食べにこようかな?(笑)

IMG_0499.jpg

補給を済ましたら尾根伝いの道を走り篠原集落へ。標高も600mを超えるので体に当たる風がヒンヤリとしています。そして名も無きピークを越えていくと、どこへ出るでしょう?

IMG_0515.jpg

当ブログでお馴染み?の坂 折 棚 田 です!
クルマでも来てはいますが、自分の脚で幾つもの坂を越えてたどり着くと違った風景を見ているような気分になります。

IMG_0510.jpg
IMG_0519.jpg

周囲でひぐらしが鳴く中、撮影していると小学生くらいの女の子が補助輪を付けて登ってくるではありませんか。ビックリです。こちらから挨拶すると事案になりかねないので会釈すると元気のいい「こんにちは〜」との声。ごく普通のことですが挨拶というのは大切ですね。

IMG_0521.jpg

中野方川沿いに下り笠置峡へ。swarmでチェックインしようと思ったら登録されてなかったので登録しておきました。あとは武並橋を超え、小さなピークを超えて土岐川の谷筋を目指します。

と、ここで。最近流行りのポケモンGOを開いてみました!

IMG_0523.jpg

結果です(笑)
ポケモンより野生動物のほうがいそうですね^^;

最近の自転車走行不足による体力の低下で上り坂での速度維持が厳しくなっていました。武並橋からヘアピンカーブでちょっとした峠を越えるのですが、全然踏めない、回せない(泣)。ちょっと真剣に鍛えなおさねばと思った瞬間であります。

IMG_0529.jpg

ピークを越え、土岐川流域に入ったらR19をアンダーパスし下街道へ。R19を使う人もいるかもしれませんが、断然下街道のほうが安全でかつ快適なサイクリングを楽しめます。道は1%の下り坂。これが逆方向だと結構鬱陶しい道です。

IMG_0535.jpg

途中にはナンチャラ酒造だとか風情ある建物もあったりと走っていて良いアクセントがあります。釜戸を過ぎてしばらく走ると追分があり右斜めへ進みます。ここで直進すると瑞浪駅前に出やすいので五平餅を食べに行くときは直進するのですが、本日は残念ながら休業日。どちらにしても営業時間外でしょうけどね(笑)

IMG_0539.jpg

瑞浪のコンビニで焼き鳥補給して再び走り出します。土岐市高山宿を通り抜けると地味にキツイ神明峠。ササッと登り、R19へ。神明交差点から東町交差点までの1.5km区間は抜け道がないので気合でスプリントして抜けます。某ブロガーさんの記事で土岐川沿いの道を通ることで神明峠を迂回できるとの情報を掴んではいるのですが試したことはありません。

IMG_0540.jpg

多治見に下ると、なぜか熱風が吹いていて暑い。そんな暑い多治見の街に、美濃焼風鈴の音色が響き渡っていました。

IMG_0543.jpg

多治見と春日井の間は自転車乗りにとって厄介な迂回不可避な区間。そんな区間に突入する前に最後の休憩でソフトクリームを食べました。今回走行したルートでクルマが怖い!と感じるのは先程の神明峠区間と内津峠の登坂区間。反射タスキや尾灯を2つ点灯させて突入です。路肩は広いので比較的マイペースに登れますが皆さん爆走してるので怖いものがあります。

IMG_0544.jpg

やっとこさ内津トンネル。だいぶ慣れましたがパワー不足が否めない感触。まぁ地道に走りの秋に向けて鍛えていきましょう。峠を越えると春日井市。下り坂に身を委ねサラーッと加速していきます。

IMG_0548.jpg

100kmを超えたあたりから淡々と足が回るようになってきて、残距離は快適に走行することができました。久々の130km。体力不足な人に累積標高1200mは少しキツかったようにも感じますが、自分の脚に自信が持てたので良しとしましょうか。

やっと風が変わった♪ナンチャッテ笑

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 2

新しいルートを探ろう、結果は失敗(汗)  



久しぶりの更新です。先日、某ブロガーさんが内津峠回避ルートを探ってて面白そうだな〜と思い地図とにらめっこしてました。Googleはもちろん、国土地理院の地図でも手がかりが掴めなかったので実地調査に赴くことに。この時点でヤバイ道だろうってことを察してはいましたが・・・。果たして。

IMG_0273.jpg

あっちっちな国道19号を春日井インターまで走り下街道へ。慣れない暑さでバテ気味だったので早速休憩。熱中症にだけはならないことを目標に走ります。

IMG_0277.jpg

だいぶ内津峠の上りも苦手意識克服できたようで、あっさり内津神社に到着。ここからは激坂!

ututu32.jpg

序盤は沢沿いの涼しい道なのですが、中央道のガードから先はキツイ!!
おまけにダンプカーがかなり往来しています。

IMG_0283.jpg

少し走ると突然広い道に出ます。
この道は剣道16号線の一部のようで、将来的には犬山まで開通させる気なのかもしれません。

IMG_0284.jpg

このガードレールの隙間に獣道らしき道を見つけましたが、どうやらその道こそが県道とのこと。某ブロガーさんは足を踏み入れたそうですが、そっと見ないふりをしておきました。汗

IMG_0286.jpg

通行止めゲートの先は道が北に90°方向を変えます。曲がった先は見晴らしのいい場所もありますが、あっという間に狭路に…。

IMG_0289.jpg

道の形状的に尾根道と思われます。思った以上に山深い雰囲気でいい道です。この道は最後につづら折れで北小木町に下ります。これより先が実地調査区間。行きましょう。

IMG_0291.jpg

キャンプ場入り口にこんな表示がありました。どうやら、敷地内を通り抜けるときは維持費協力してね!ってことらしい。しかもマウンテンバイクとの記述もあり、自転車の進入もできそう。200円払い、いざ場内へ。※この時点でダートです。

hachiso1_201607181731458d7.jpg

???
キャンプ場の終わりはこんな状態。川沿いには道がなし。

そう、登山なのであります。


日当たりが悪く沢沿いの湿った道。
マムシやヒルがいそう。自転車で踏む先を探りつつ慎重に・・・

IMG_0294.jpg

難所、沢越え。

ちゃんとした木橋が架かってるのが救いです。

hachiso2.jpg

この木橋から林道までは一気に斜面を登ります。
足元が緩くビンディングで踏ん張ると土が崩れるので厄介な道。

そもそもこの時点で抜け道として利用する価値はないと理解して頂けるかと思います。


IMG_0298.jpg

整備された林道という言葉も、この分けわからない登山道みたいな道に比べての話で全線ダートです。大きな石がないのが救いではありますが、先が見えないので押し歩きしていると気が遠くなっていきます。

IMG_0300.jpg

ようやく人の声が聞こえてきたと思ったらキャンプ場に出ました。どのくらい時間がかかったか記憶にありません。この先はオール舗装路。ちなみに犬山市側のゲートには「自転車進入禁止」との記載がありました。多治見市側にはそのような記載がなかったのでビックリ。例え通行可能になったとしても以後、通ることはないでしょう。

その後、川沿いに入鹿池に出て大山川沿いに帰投。
約50kmにしては充実したライドでした(^^)


最後に一言、
はっきり言います。この道は使えません!!!

大人しく下街道(r508とR19歩道)を活用しましょう。

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 2

熱中症になりかけた(汗)  

IMG_9320.jpg

天気が良かったので雨沢峠方面へと自然と足が向いた。

庄内川堤防道路を快調に飛ばしていく。

IMG_9321.jpg

夏空だ。

朝食は志段味のセブンで買おう。
そんな補給先回し作戦。

しかし。。。

思った以上に暑さで体力を奪われたようでおにぎりを食べても回復しない。
東谷山への上りで上がった体温がちっとも下がらない。

ヤバイ・・・。

某自転車店まで5km、気合で走ればなんとかなる距離ではあるけどコンビニで緊急休憩。

冷たいスポドリを飲んでも回復する気配はない。
むしろ体温が上昇しクラクラしてきた。

IMG_9322.jpg

もう、駄目だ。
ここで撤退を決めた。

中水野駅から勝川駅までの退却。
輪行袋をセットしている間もクラクラきた。

今回の反省点として、
1・ちゃんと朝食をとってから出発する。
2・夏は朝早くから行動し徐々に暑さにならすよう工夫する。

この二点が必要なのではないかと感じました。

一歩間違えば救急搬送。
電波が入らない山奥だったらと思うとゾッとします。

準備や補給はもちろんですが、退却のタイミングを逃さないようにしてくださいね。

IMG_4816.jpg

その日の夜、気分を変えるためにバーテープ巻き替えてみました。
前回は間違えてソフトタッチを買ってしまったので今回はクラシック。

IMG_4817.jpg

上ハンまで巻いておくと雨や汗で滑らないので夏はこれがベストかな?といった感じです。
夏が嫌だ!と言っていてもすぐ秋がやってくるので今を楽しんでいきましょう!

category: 2016 ポタリング

tb: 0   cm: 4

幻の曙峠を探して・・・  


最近、急に暑くなりましたね。
暑くなると鱧の季節。私も暑熱順化して夏の暑さに負けない体を作らねば。(錯乱)

今日はぶらっと幻の曙峠を探しに行ってきました!

曙峠とは東山にあった?70mちょいの峠。
「古地図で楽しむなごや今昔」という本の中に載ってた地図にチラッと書いてあった。
大名古屋市新地圖 1955年に記載されてたが、現代では名も無き丘みたいな扱いになっている。

一度気になったら実際出向いてみたくなる性格だから仕方ない。
さぁ行こう。

IMG_4723 (1)_R

しかし暑い暑い。
手元のガーミンは40℃を突破。完全に夏の始まりだ。
湿度が真夏よりマシなのが救いかもしれない。

IMG_4726 (1)_R

曙峠に車道は開通していない模様。
古地図を見ながらおおよそ曙峠だろうと思われる地点に向かう。

IMG_4734 (1)_R

ここ??

曙峠?の鞍部には曙橋という陸橋が架かっている。
陸橋上の道は四谷から高針方面の抜け道となっている。

IMG_4730 (1)_R

南を見るとと植田一本松付近の市街地が一望できる。
夜はきっと夜景が綺麗なはず。
ただ落書きもあったし治安は悪そう?

IMG_4740 (1)_R

ついでなので、ちょっと下ってみると湧き水発見!!
こんな場所に湧き水があるなんて驚きですね。
さすがは名古屋のグリーンベルトですw

IMG_4746 (1)_R

さっきの場所が曙峠ってことでいいか~と思ってると巡回中の方がいたので声をかける。

hamo 「すみません。古地図に載ってる曙峠を探してるんですがあの陸橋のところで間違いないですか?」
巡回員 「広義では曙峠で間違いないです。あのあたり一帯が曙峠って言うんです。」
hamo 「では、古地図に載ってる地点はどこですか?」
巡回員 「東山一万歩コースの25番付近です。」
hamo 「ありがとうございます。」


こうなったら行くしかない。

IMG_4748 (1)_R

東山一万歩コースは自転車乗り入れ禁止。
かといって放置するわけにも行かないので押し歩き&担ぎ上げ。

日陰が多く虫が湧いてたり泥濘んでたり結構厄介な道。
ただ小石は散らばってないのでクリートへのダメージは少ないと見た。

IMG_4751 (1)_R

ここらへんがピーク?

IMG_4752 (1)_R

古地図に載ってるピークと思われる地点。
ここが一番高い地点となっている。

ただ・・・曙峠なんて看板もないし文字もない。
名も無き峠だ。古地図には南に抜けられる道筋があったけど・・・そんな道筋なかったような。

IMG_4755 (1)_R

ふぅ・・・長かった。
峠が丘になったり、丘が峠になったり。
その違いは人の捉え方次第なのかもしれない。

地図から消えた峠、地図から消えた道。
そんなルートにロマンを感じるのはなぜだろう。



今回紹介した幻の曙峠はこちら。
わかりづらいですが冒険感覚で是非どうぞ(^^)

category: 2016 ポタリング

tb: 0   cm: 0