ぴなたんに乗って

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【G7 伊勢志摩サミット開催記念】 赤福氷を求めて140km  



人はなぜ走るのか?という曲を聞いてたら急にどこかへ行きたくなった。
この曲の主語を"僕"に、走るを”自転車に乗る”に当てはめるとあっ!ってね!!

目的地はG7伊勢志摩サミットが開催された三重県伊勢市。
今年の正月は往復輪行という怠慢をしてしまったので自走で行くことにした。

IMG_4246 (1)

雑草アレルギーなので時間短縮できる堤防を通らず市内縦断ルートで西へ。
風は弱めの追い風。気温もちょうどいい。

IMG_4248 (1)

今日は昼から天気が良くなると聞いていたのでロングタイツ着用。
なのに・・・桑名で雨が降ってきました(-_-;)

ウィンドブレーカーも持っていなかったので降り続けたらDNFだ!と思ったら雨も上がって。
なんか不思議ですね(笑)

IMG_4250.jpg

鈴鹿のコンビニで朝飯がてら某ブロガーさんオススメのドリンク買ってみた。
トロピカルで爽やかな感じ。口の中がべとつかないのがいいですね。

鈴鹿〜津間のR23 15km区間は路肩も狭く大型車が爆走する区間。
お伊勢参りの難所でもあるわけですが風を上手く味方につけクリアε-(´∀`*)ホッ

IMG_4255.jpg

気疲れしてしまい垂水から旧伊勢街道を走ることにした。
なかなか変わらない信号に苛立ちつつも旧街道へ。

すると、前のクルマが突然停止。
「なんでこんなとこで停まるんだ??」と思ったら・・・

停止線でした(汗)

写真の遠くに見えてるのが対象の信号機です。
見えるけど、停止線の位置が特殊すぎますね。
前通った時はこんな位置に停止線がなかったような気がします。

IMG_4263.jpg

旧伊勢街道は淡々と流すにはちょうどいい。
妻入町屋が増えてきて伊勢に来た!という感覚になってくる。

というのも・・・

hirakiri.jpg
わかりづらい絵ですみません(泣)

旧伊勢街道沿いの独特な雰囲気は"妻入のまちなみ"によって生み出されている。
あの有名な"おはらい町"も妻入の建物が多いですね。
ちなみに建屋の長辺に出入口があるのが平入と呼ぶのだそう。どーでもいいことばかり覚えてしまう

IMG_4266.jpg

松阪に到達。三井家発祥の地の角で伊勢街道を離脱し・・・

IMG_4270 (1)

IMG_4267.jpg

松阪城近くの御城番屋敷へ。ここに来てみたかった。
説明には「武家屋敷の面影」と書かれてるけどどこか沖縄っぽい雰囲気がある。

現在も生活されてる方がいるのでササッと退散し旧街道に復帰。
伊勢まで20km。途中には斎王が暮らしていたという斎宮がある。
都市の全貌がわかるまであと200年かかるとか。ちょっと調べてみようかな?

IMG_4257 2

伊勢に到着!!!
外宮前の赤福にてチェックイン!



2人先客のローディーがいたのですが、皆さん会話なくともTwitterで把握してる状態ww
さすが2016年!侮れないっす^^;

IMG_4273.jpg

そして来ました!赤福氷!!

IMG_4274.jpg

自走で食べる赤福氷は至福のひとこと。
やはり日常から非日常への移ろいや自分の足で来たという達成感が充実感に繋がっていく。


IMG_4277 (1)
IMG_4278 (1)

せっかくなので内宮前まで。
G7だけに7時間切りを目標に走っていたのでやれやれ。

IMG_4266 (1)

サミット効果でごった返してるかと思いきや閑散とした内宮周辺。
こんな空いてるなら赤福本店で食べれば良かったってのはここだけの話です。
明日から一気に観光客が押し寄せるのかもしれませんし。
伊勢志摩サミットのメインは賢島。でも、伊勢神宮のイメージが強い。それより某大統領の歴史的訪問があったからでしょうか?

IMG_4282.jpg

IMG_4286.jpg

伊勢市周辺では年中しめ縄飾ってるんですよねー

IMG_4287.jpg
???

失礼ながらパクリかと思ったのですが、後から調べてみると結構美味しいらしいです。
人によっては赤福氷より美味しいとか!?今度行ったら食べてみようかな?笑

IMG_4289.jpg

伊勢に行ったら必ず寄る?手こね茶屋で手こね寿司ランチ!
このお店靴が脱げる&自転車を見ながら食べられるので安心できるスポットです。
それでいて美味しい\(^o^)/

もはや伊勢志摩うまいもんサミットと化しています笑

でも、まだ最終目的地には達していません!!

IMG_4294.jpg
IMG_4295 (1)

店を出て走っていたら神宮神田を発見。
天照大御神に奉納する米を収穫してる場所です。
テレビでは何度か見ていましたが、偶然的な到達も自転車の醍醐味の一つですね。

IMG_4297.jpg

伊勢二見鳥羽ラインの側道が急傾斜でイライラしながら・・・

IMG_4298.jpg

ここです!!
もうわかりますね。何十億かけたという杉や檜で作られた施設。
外にいても木材の香りがすると記者がレポートしてるのをみて見てみたい!ってなった訳です。
というのもサミット閉幕後は解体されてしまうとのことで・・・

ですが・・・

IMG_4301.jpg

「まだ外国人記者の方がいるのですみません」
まだ警備継続中でした(´・ω・`)

残念だけど時期尚早だったようです。
宇治山田駅を目指してUターン。

IMG_4302.jpg

御幸道路という道に出た。
外宮と内宮を結ぶ主要な道で要人がお伊勢参りするときに通るんだとか。

kaido copy

こんな感じでいつも御木本道路を通っていたので気づかなかったとのこと。
道の雰囲気はこっちのほうがいいですねw

IMG_4305.jpg

あとは輪行袋に自転車を詰めてささっと撤退。
まだまだ走れたけど無理はしない。

やっと自転車に乗って楽しむという感覚を取り戻せた気がする。
140km近く走ったがまだまだ走れる気がする。
もっと遠くへ走りに行きたい!!

スポンサーサイト

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 4

【輪行なんかに甘えない】板取・高賀 モネを添えて130km  

IMG_0087.jpg

空が青い、雲1つない青空。
こんな日はどこかに走りに行きたい。
気づいたら自転車に乗り北へ向かっていた。

今回は前回の"桐谷坂"の反省を活かし別ルートで北上する。
江南を縦断し各務原大橋を目指すのだが、江南は道が放射状?にぐちゃぐちゃになっている。
これを便宜上"古知野ジャングル"とでも呼ぼうか。

真っ直ぐ進んでるつもりがどっか行ってしまうというのもあって、江南には極力近寄らないようにしていた。
今回は仕方なく走行。苦手も挑まねば克服できませんから^^;

IMG_0091.jpg

各務原大橋も久々だ。
愛岐大橋より橋のデザインもオシャレ。

IMG_0094.jpg

木曽川は川幅が広い。
先日の雨の影響でかなり濁流。
これから川遊びのシーズン、水難事故がありませんように。

IMG_0097_20160512173042cb8.jpg

道なりに進むと各務原市役所駅の踏切に出る。
この踏切の手前には…ある意味、"ディープ"なインパクトです(笑)

IMG_0098.jpg

気温も上昇し暑くなってきたので、上下ウォーマー類を取っ払い半袖短パンスタイルに変身!
私は夏でもロングインナー&ロングタイツで日焼けとそれによる疲労を抑える作戦をとっているので、この時期限定。ちょっとは焦がしておきたい。

程なくして長良川の流れがみえてきた。
今回のr93ルートは桐谷坂と比べて無駄なアップダウンがなくてラクちん。
ただ大型車の横暴ぶりは変わりないのでお気をつけ下さい。

IMG_0100_20160512174441dc8.jpg

長良川に合流すると長良川リバーサイドウェイ跡を走る。
この道は車線も狭いので素直に歩道を走るのが吉。

藍川橋で対岸に渡り、ひたすらに単調な県道を直進。
何か走ったことがあると思ったら去年春に反対方向で走ってた(汗)

IMG_0104_20160512174442910.jpg

そんな単調区間も終わりミニ山岳区間に入る。
どうやら"坂の峠"と呼ぶらしい。
標高差は大したことではないが怠けた足には堪える。

IMG_0106_20160512174445620.jpg

坂の峠を越えると板取川流域に。
洞戸観光ヤナ。何度も来たな〜と思いながら。

ここからはR256をリズムよく登坂。
車通りも少なく走っていて気持ちがいい。

IMG_0107.jpg
[モネの池]
ようやくモネの池に到達。
今更感ありますけどお付き合いください(汗)

IMG_0110_201605121757244c8.jpg

う〜む???

IMG_0111 (1)

う〜ん(こちらは加工してます。)

色々ブログで見ていたので期待はせずに行ったのですが・・・
イマイチですねー。

確かにそれなりに綺麗な水に鯉が泳いでる池は珍しいと思います。
ただ、あくまで池で流れがなく淀んだ空気感。清々しさがない。
正直、私の感性には合いませんでした(泣)

まぁ、でも安心してください。
もっと良いところ見つけてありますから笑

IMG_0118.jpg

このまま北上するとタラガトンネルで郡上にも抜けられる。
もっと北上すればアジサイロードなんかもある。
これからの季節、もっと探索してみたい。

IMG_0120_20160512175729f99.jpg

ちょっと走ると今回のメイン?高賀神水庵に到達。
皆さんポリタンクで汲みに来ている名所。

というのも、ここの水は有名なんです。
高賀の森水という名で販売されてますし、プライベートブランドの天然水も中身は高賀の水だったりします。高速道路のSAで売っている眠れる森の美水も高賀の水です。

IMG_0121.jpg

初穂料を納めようとしたところ飲んでっていいよ!と言われたのでお言葉に甘えて。
キンキンに冷えてるわけじゃないけど美味しい。
何よりちゃんと管理されてるので安心して飲めます。←重要ですw

水を汲み終わると高賀神社まで3kmとの看板が目に入る。
渓谷沿いだしずっと登り坂だろうな〜と思いつつも・・・

IMG_0124.jpg

登ってしまうのが自転車乗りの性です(笑)

IMG_0125.jpg

何だか長文で読む気も失せるな(^o^;)
それにしても妖怪ネタが多い。

高賀神社はこの一体の守り神になっているんだそう。
きっとそんな関係で高賀山周辺の水は綺麗なのかな?

ちなみに高賀山の隣は瓢ヶ岳です。
ローディー御用達・片知渓谷を抱える山。
片知渓谷が行き止まりでなくどこかに通りに抜けることができれば行くんですけどー。

IMG_0128_2016051218095966a.jpg
IMG_0129.jpg

それにしても気持ちがいいほど空が青いなぁ〜
しっかり光合成しなきゃ。

IMG_0123 (1)

高賀川の流れは清々しい。某池みたいに流れなく淀んでる水より流れてる水が好き。
人の感性には個人差ありますけどね。

IMG_0130_20160512181002b0d.jpg

高賀神社から下る道に謎の橋を発見。
何のための通路なんだろう?気になったけど表記を発見できず。
誰か知ってる方いれば教えて下さい!

IMG_0131_201605121810034a5.jpg

R256を走り道の駅・ラステンほらどへ!
10時前にも関わらず贅沢にも鮎丼を食べることに!!

これが、最高に美味しかったんです!!

ご飯にもしっかり味がついていて食べやすい。
お値段は1000円しますが、価値はあると感じました。
また食べに行きますw

ここからは往路とは違う道で帰ります。
美山の連続トンネル区間を突破し山県市へ。

美山から市街地なると思いきやずっと郊外路。
いつになったら市街地になるんだと思いつつ我慢の走行。

IMG_0134.jpg

長良橋。
昨日、鵜飼開きが行われたらしい。
今年こそは写真撮りに来たいなぁ。

IMG_0137_20160512182223671.jpg
IMG_0139_20160512182225cc5.jpg

ここからはお得意な道で岐阜駅を経由し一宮を目指す。

IMG_0145.jpg

岐阜駅前で今年初の100km突破。
5月12日、これまで100kmを超えるライドをしてなかった。
12月26日より138日目。長い長いスランプだった。

100km超えると足の怠さが症状固定され、淡々と距離を稼ぐ作業になる。
この淡々と距離を稼ぐことこそがロングライドの醍醐味だ。

IMG_0149_2016051218295929e.jpg

いやぁ〜暑い暑い。手元の温度計は30℃を軽く超えた。
まだ風が冷たいだけ助かるが35℃近くになると鉄板感が増してくる。

ここで熱中症の気配を感じて慌ててピットイン。
あとは淡々と安全に走る。遠くに煙がみえていて何かと思ったら春日井の紡績工場で火災があったらしい。結構遠くからでもみえるんだな〜と。

クルマに甘えてた影響か家に戻ったら身動きとれなくなったのはここだけの話です。
それにしても自転車の達成感・充実感・ここにいるという感覚っていいですね。

自転車に乗るときは速度が出せず苛々するより、ゆっくりでもいいから1km、100m、1mを地道に減らしていくのが大事なのかもしれません。遅ければ周りを見る余裕が生まれます。そして目的地を通過点に変えると達成しやすいのかなって感じました。何事にもいえますけどね(汗)

ところで、今日は半袖インナー(ジオラインL.W.)を着用していったのですが肌が汗でベタベタしたりせず、また脱いだ時も汗臭さを感じませんでした。ジオラインの抗菌防臭効果が効いているのかもしれません。

やっと100kmを超えるライドをして感覚を少し思い出せた気がします。

次はもう少し遠くに行きたい!!

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 0

郡上八幡ライド  


GWどこかへ新緑を見に行きたい。
fbを見てると「郡上八幡に行ってきた」的投稿が目についた。

クルマで行くと呆気無い。
そうだ、自転車で行こう。

IMG_2578 (1) 

決めてしまえば、即行動。
徹夜状態でも問題ない。
郡上といえば郡上おどり、郡上おどりといえば徹夜おどりだ。

r102を北上。車通りが少なく高ペースで進む。

IMG_2582 (1)

犬山城下町に到達。
クルマで来るのと10分しか変わらないっていう発見。

空の色が少しづつ変わっていくのを実感できるのも自転車ならではだ。

IMG_2588 (1) 

御囲堤を爆走し、愛岐大橋へ。
ここから先は自転車では未開の地。

IMG_2589 (1) 

明け方の空の色、朝露に濡れる草の香り。
何度もくどいが自転車でしか味わえないように思える。

IMG_2590 (1)

ここから桐谷坂という小さな峠を越える。
桐谷坂とは各務原アルプスの鞍部を越える道。

日曜の明け方にも関わらず交通量が多い。
そしてかなり暴走してる。平日だったらと思うと通りたくない道だ。

桐谷坂を越えたら道なりに美濃を目指す。
美濃といえば「うだつの上がる町並み」


IMG_2598 (1) 

はい、来ました。
2015年春に道の駅ライドで来たとき以来ぶり。

IMG_2599 (1) 

うだつの上がる町並みを抜けるとこんな看板が目につく。
「白川郷 108km」・・・思ったより近い。
いつかは白川郷経由で日本海に抜けるライドもしてみたい。

美濃からのR156は突然向かい風になり、気温もグッと下がる。
今日は暑くなるとの予報で半袖ジャージも持ってきたのにそれどころではない。
慌ててウィンドブレーカー着用。

IMG_2601 (1) 

今日は交通量が少なかったのでR156を走行することにした。
川の蛇行をショートカットするために小さなトンネルもある道だ。

IMG_2604 (1) 

美並を過ぎた辺りで国道に飽きてしまいr61へ進路を変える。
やはり国道より旧道のほうが気ままに走れて気持ちがいい。
国道だと無意識のうちにオーバーペースになってしまう気がする。

IMG_2605 (1) 

しばらく進むと「粥川」との分岐にさしかかる。
「粥川」といえばウナギを食べないことで有名な地域という印象。
へぇ〜と思いながら分岐点で立ち止まると・・・

IMG_3852.jpg 



サル軍団発見!!
しかも何匹もいる。

そして、自分の進路をみると・・・

IMG_2607 (1) 

またも猿の軍団。
とりあえず熊鈴を鳴らす。
すると、対向車が来てくれて猿が退却。助かった。

IMG_2608 (1) 

IMG_2613 (1) 

粥川との分岐を過ぎると道が細くなり景色も良くなる。
僕は細くて険しい道が大好きだ。

運転は性格が現れるというが、道の好みは人生観にも影響してる気がする。



途中の支流も流れが清らかだ。

IMG_2617 (1) 

小さなアップダウン、小さな集落を抜けていく道は好み。
この道筋はかつての旧郡上街道の一部なのだろうか。
ただ正規の道筋を紹介するサイト等がないのでわからない。

IMG_2620 (1) 

何だかんだで着いちゃいました(笑)
駅名のフォントがこれまたいい。

IMG_2624 (1) 

駅から八幡市街へ向かう。

IMG_2626 (1) 

IMG_2628 (1) 

小京都という言葉が適切なのだろうか。
美しい水に恵まれた八幡の町。
この写真だけなら「京都に来た」と言っても誰も疑わないと思う。

朝だからこそ誰もいない新鮮な町を堪能できるが、昼になれば観光客で賑やかしい事になってるんだと思う。私は人混み嫌いなので一足お先に…だ。

IMG_2629 (1) 

せっかくなので宗祇(そうぎ)水にも行ってみる。

IMG_2630 (1)

郡上の湧水スポットの中でも一番有名な宗祇水。
水を飲もうか迷ったが「生水のためご留意ください」と書かれていたので飲むのをやめた。
こんな注意書きがされてる湧水スポットは初めてだ。
おそらく、「飲んでも問題ないが、飲めない状態のときもある」という意味なんだろうと解釈した。

郡上八幡まで来たなら郡上八幡城。

IMG_2634 (1) 

ぼちぼちな急傾斜アタック。
先行のミニバンがヘアピンでタイヤスピンしてるレベル。

IMG_2635 (1) 

まぁ、フツーな味気ない城。
一応、木造で再建されたらしいですけどね。

ちなみに城内はヒールやスパイク等で入ることができません。
天守閣へ行きたい方は替えの靴を…そもそも自転車乗り相手にしてませんw

まだ時間は8時前…。
高山へ抜けようか?下呂に抜けようか?
はたまた福井?金沢?いろいろ考えた。

しかし、今日はGWだ。
輪行するための特急列車のチケットが取れるとも限らない。

IMG_2636 (1) 

気づいたらR256堀越峠を登っていた。
淡々とヘアピンを回るが斜度が緩いのか標高が稼げない。

IMG_2641 (1) 

もう少しで峠という地点で左膝を痛め急遽転進。
飛騨金山に抜けて周回する予定はなしになってしまった。

IMG_2645 (1) 

毎回定番の輪行。
それにしてもこの風景、
「今、話したい誰かがいる」の風景に似てるんですが(笑)
※本物は三峰口駅ですけどねw

IMG_2647 (1) 

長良川鉄道は最近観光列車を運行し始めて勢いがついてる。
一方で脱線事故もあったりと・・・(汗)

IMG_2650 (1) 


列車に乗り込むと…窓が開いた!!!
私はクロスシートのローカル線で窓開けるのが大好きだ。
輪行なんて・・・と思ってたけど想定外の充実感UP!!
幸せな輪行旅になった。

その後、美濃太田で太多線に乗り換え中央線で帰投。
今回の撤退戦は約3時間でした(^_^;)

やっと長良川水系を少し切り開いたといった感じ。
今度は日本海を目指してみたいなとも思います。

いつになることやら(笑)

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。