ぴなたんに乗って

元旦の伊勢志摩ライド【伊勢神宮・国府白浜・渡鹿野島】  

IMG_1686-1.jpg

新春のお慶びを申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


hamo


<今回のルート>
伊勢市駅→外宮→猿田彦神社→内宮→国府白浜→渡鹿野島→鵜方駅



元日にお伊勢参りに行きたい。
そんな風に考えていたがどうも乗る気がしない。

元日は交通量が少なく快適なはず。
でも、寒いし、暗いし、飲酒運転してる人多そうだし。
何より私含めみんな浮かれてる。そんな夜道を走る必要はない。

新年早々事故とか、更には年が越せないなんて嫌だ。

名駅までに行った時、近鉄特急の終夜運転を思い出しチケット購入!
0:30の特急で伊勢を目指す。

IMG_1353-1.jpg
[2016年1月1日 0時00分]
あけましておめでとうございます。
近鉄名古屋駅に向かう道中で年越しを迎えました。

IMG_1365-1.jpg
0時半発の特急に乗車。
もっと混んでるのかな?と思いきや、意外にガラガラ。
そりゃそうだ。年越しを伊勢で迎えたい人たちは前日入りしてる。

IMG_1369-1.jpg
年明け早々に輪行する人ってあまりいないと思う。
往路輪行をしてからというもの自走にこだわる必要性を感じなくなっている。
それは冬の夜の寒さと長さが関係してると思うけど省略しよう。

IMG_1379-1.jpg
[伊勢市駅]
まずは外宮に参る。
切符は宇治山田まで買っていたが伊勢市で下車。
思ったよりホームから改札まであって輪行勢には向いてないかも。

ただ駅前から外宮まで一本道なので雰囲気はいい。
一方で私のエンジンが不調。低体温対策で持ってきた体温計が37.1℃を示す。
様子見て37.5までいったら強制的に帰ろう。

IMG_1381-1.jpg
[伊勢神宮外宮]
外宮まではほぼ押し歩きで到着。
人々が火を囲っている。人類の原始的光景だ。
人間は火を囲うことで交流を発展させてきた。

今でこそ"空調"というものがあるから身を寄せ合わないけど、
昔は火が暖かさであり、明るさでもあったと思うと感慨深いものがある。


IMG_1390-1.jpg
前回と雰囲気が違うな〜と感じたのは表参道から入ったかららしい。
いつも北御門参道を通っていたようだ。

御正殿→風宮→土宮→多賀宮と参拝。
特に願いはない。願いを叶えるための努力は神様ではなく自分の役割だ。
今までお見守りありがとうございました。これからもお見守りください。
そんな思いが自然とこみ上げてくる。

その後、猿田彦神社にてお参りをし、新しい御守を頂きました。

IMG_1396-1.jpg
[おはらい町]
内宮に向かうおはらい町は混雑。
赤福付近で自転車も押せない状況になり川沿いの抜け道に迂回しました。

IMG_1397-1.jpg
[伊勢神宮内宮]
賑わってはいるものの想像よりは少ない感じ。
熱田神宮のほうが混んでる?って可能性もある。ないか。

IMG_1403-1.jpg
[宇治橋]
宇治橋を渡り暗い参道を歩く。
伊勢神宮は普段夜間参拝できないので貴重な機会だ。

鳥居の前では一旦停止して一礼するのだが、
する人しない人がいるので追突しそうになっている場面をよく見かけた。

IMG_1407-1.jpg
渋滞しらずで内宮御正殿に到達。
正面でお参りするのは恐れ多いので左端。
気持ちがスッキリする。

IMG_1408.jpg
荒祭宮に向かう途中の山道でみかけたご神木。
夜の暗さも相まって怪獣の足みたいにみえた。

荒祭宮に参拝後、風日祈宮に参拝し、甘酒を飲んで宇治橋へ。

IMG_1414-1.jpg
当然人はいるものの、日中ほどではない混雑具合。
元日の日中はすごい人だろうな〜と。

少し小腹が空いたので何か食べようと企むも混雑していて食べられない。
そうだ、昨年も行ったあの店にいこう!

IMG_1418-1.jpg
[手こね茶屋本店]
朝4時から名物合わせ食べちゃいました\(^o^)/
手こね寿司を初めて食べましたが美味しかった。

そして何より付け合せのひじき?が最高に美味しい。
ちなみにこのお店、店舗内から駐輪した自転車を監視できるのでお勧めです!!

店を出て志摩へ向かいます。
途中の交差点でヒヤリハット!!
青信号でも確認していたので発進せず事なきを得ましたが、
青だと浮かれて発進してたらぶつかってたかもです。

IMG_1420-1.jpg
[伊勢道路]
五十鈴トンネルを抜けると漆黒の闇に。
今日は初日の出対策でヘッ電を装備しているので多少はマシですが、
道の傾斜がつかめず平衡感覚を失いそうになりました。

この区間の暗さは深夜の雨沢峠の比じゃありません。
周辺の絶対光害量が少ないからでしょうね。
月明かりすらなかったら…通りたくありません。

IMG_1421.jpg
[志摩路トンネル]
本日の最高点に到達!!
この近くには天の岩戸があるそうですが、夜なので通過です。

志摩市に入ると突然舗装が良くなります。
至る所で舗装工事の準備。伊勢志摩サミットの効果ですかね?

時間が余ってしまったので途中のコンビニで時間調整。
それでも余ったので近道をやめ、パールロード経由で国府を目指します。

IMG_1423.jpg
ついに国府の表示が出始めました。
ここで明け方の海岸対策としてこれでもかというほどホッカイロを仕込みます。

肩甲骨の間x1、腰x1、腹x1、シューズカバーx2、靴の中x2、貼らないx2
これで万全の体制。さすがに低体温の教訓から学ばねば。
ここで意外な発見。靴下にカイロを仕込んだらペダルが回しやすくなりました。
どうやらクランク交換時に2.5mmも上げたのが間違いだったようです。


IMG_1430-1.jpg
[国府白浜]
ついに初日の出待機場所に到達。
志摩エリアだと大王崎灯台や安乗埼灯台が有名です。
ただすごい人混みなのは目に見えてる。

私はキャーキャー叫ぶような場所が苦手。
穏やかな気持ちで初日の出を拝みたい。

人が少なくて、綺麗にみえる場所。
太陽の昇る角度から計算してやっと見つけたのが国府白浜なのです。


IMG_1471-1.jpg
日の出も綺麗だけどマジックアワーが一番美しい気がします。
市民薄明から日の出までの30分間の色の変化が大好きです。
乃木坂46の"命は美しい"のジャケ写風に現像してみました。

IMG_1477-1.jpg
しばらくすると地元の方々が海岸線に集まり始めた。
この人口密度の低さ。素晴らしい。

IMG_1550-1.jpg
[6時59分]
3年ぶりの初日の出。神々しい。
雲が湧いていてダメかと思っていたら見れてホッとした。

IMG_1582-1.jpg
IMG_1686-1_201601020517573c6.jpg
IMG_1712.jpg
7時20分頃まで余韻を楽しみました。
久しぶりの海。外海の海岸線に来たのは何年ぶりだろう?
少なくとも海からの初日の出は人生初です。

海面上昇やダムの影響で日本の砂浜が姿を消しつつあると聞きます。
そう思うと一瞬一瞬を大切にしたいものです。


IMG_1715-1.jpg
[渡鹿野島へ]
ここまで来たからには渡鹿野島に行っておきたい。
渡鹿野島…「いろんな歴史」のある島。

最近では島の形がハート型に似ているので、
"ハートアイランド"としてPRしている。

この島の名前を知ってる人も、知らない人もいるだろう。
非常にマイナーなところだ。一般的な観光客はあまり来ない。

IMG_1737-1.jpg
甲板に自転車を乗っけてもらい島へ向かう。
渡船料は片道180円くらい。県道船もあるが事実上この渡船が唯一の交通手段だ。

IMG_1720-1.jpg
渡鹿野島に上陸。
第一印象としては静かな島といった感じ。
変な噂がネット上では散見されるがそんなこともない。
そもそも昔は温泉地にそういったものが付き物だったと聞いている。


IMG_1722.jpg
渡船を降りてすぐ"パールビーチ"と書かれた看板が目につく。
行ってみると子供連れでも安心な波の穏やかなビーチでした。

というのも、それより目を引かれたものがありまして、、、

IMG_1721-1.jpg
そうです。廃墟です。
この島には廃墟が多くあります。

IMG_1726-1.jpg
そしてこの島の最大の魅力?は細く入り組んだ路地。
離島の細くて狭い道は官能的な美しさがある気がします。

IMG_1729-1.jpg
謎のモニュメントなんかもあったりしました。

IMG_1734_20160102054503b56.jpg
[激坂発見!!]
寂れた廃墟を撮るならまだしも、どこか今ひとつの取れ高。
一度、渡船乗り場に戻って立体地図を確認すると謎の超激坂を発見!

さっきの坂より間違いなくキツいはずだ。行ってみよう。

IMG_1736-1.jpg
うわっwwwなんだこれwwwwww

とてつもない激坂。クリートははめずに登らないと怪我してしまうレベル。
第一走、助走なしで撃沈。
第二走、助走ありで撃沈。
第三走、助走ありで成功!!

何とか攻略しました。
あとから確認してみると、距離40mで高低差9m平均勾配21,9%とのこと。
あくまでGPSログ解析なので実際はもっとあるかもしれません。

激坂を満喫したので渡船で渡鹿野島から志摩半島に戻ります。
ちょっとした離島探検・・・

島民みんなが家族みたいな暖かさがありました。
名も知らない誰かとも、あけおめ挨拶する。そんないい島でしたよ。


IMG_1741.jpg
復路の切符は志摩磯部駅から購入していたのですが、鵜方駅のほうが近かったので変更。
往路で強い追い風に遭遇したので復路を案じてしまいました。

IMG_1744-1.jpg
おかげで予定より一本早い特急に乗ることができ名古屋へ。

IMG_1746-1.jpg
鳥羽で名古屋行き特急に乗り換えます。
明星・斎宮付近では、いつも自転車で走る旧伊勢街道の道筋がみえました。

IMG_1752.jpg
そういえば渡鹿野島に向かう渡船の運転手が
「一宮から往復自走でみえた方がいる」と言っていた。

そういえば私も昨年は往復自走してますし、やろうと思えば・・・
でも、この風ですよ。めげますよ。

程なくして名古屋に到着。

こうして元日深夜から電車に乗って伊勢ライドができたのは、
元日にも関わらず働いている人たちがいたからです。

思わず出会った店員さんに言ってしまいましたが、
元日から頑張っている人たちに良いことが起こって欲しいなって思います。
私みたいに彷徨ってる自転車乗りより・・ね笑

今年こそはずっと行きたかった場所、やりたかったライドをしたいと思います。
皆様にとって素晴らしい一年になりますように。
本年もよろしくお願いします(^^)

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 6