ぴなたんに乗って

【東海道の風になれ】名古屋-浜松TT的ライド  

IMG_1109.jpg
私はなぜ浜松にいるのだ?



本当は朝からどこかへ出かける予定だった。
しかしワクワクして眠れず…

そんなわけで朝に寝落ち。夕方に起床。
いわゆる昼夜逆転。ここからどうする?

GPV天気予報で風向きチェック…
どうやら北西風が強いようだ。

よしっ!東海道を東に向かって走ろう。

IMG_1083.jpg
[なごや本町元標]
私が勝手に決めてる名古屋の中心点は桜通本町交差点の北西角。
この交差点の一つ南側が江戸時代名古屋宿の中心"札の辻"と言われていたらしい。
今でいう伝馬町通本町交差点あたりだ。

ここからGPSのログを開始!
行ってきまーす!!


大津通で熱田に出て、熱田からは国道1号線をひた走る。
この道は今月初めに一度走行しているので気分的に楽だ。

桶狭間を越え、三河に入る。
そして矢作川を越える。

IMG_1085.jpg
[岡崎城]
ここまでで既に15km/h換算で1時間貯金に成功。
軽く回すだけで35km/h近くで巡航できるのは驚異的だ。

IMG_1092.jpg
今回は一応東京までのGPXデータで残距離表示させている。
残り298km…思ったよりも近いように感じる。

IMG_1094.jpg
[聖地?岩屋キャノンボウル]
キャノンボーラーにとっての聖地とされる場所。
いつかキャノンボール初級にチャレンジしてみたい。

今日のライドもその練習だったりするのだけど笑

ここからは潮見坂コースではなく新所原コースで浜名湖を目指す。
うーん、ほぼ満月で月明かりはあるのだけど浜名湖らしさは感じられない。

IMG_1096.jpg
高塚?あたりの国道1号線は自転車走行空間の整備がされていた。
正直、夜は左端の白線の外側を走りたくない。

IMG_1098.jpg
[浜松]
名古屋を出て4時間半、グロスアベレージ23km/h
驚異的な追い風に乗って浜松に到達。

もしこのまま走り続ければ静岡まで4時間。
明日の午前中には東京に到達できそうだ。

・・・なんだけど

なんだろう?
時間に縛られて走ってる自分って???という感覚に陥ってしまった。

一言でいうなら"走っていて楽しくない"
無理に走って身内に心配かけてもいけないし撤退することに決めました。

IMG_1103_201512270101566ec.jpg
ここからが意外な発見。
浜松はちょっと大きい地方都市という印象だったが、実は結構な都会。
そして賑やかで驚きました。

IMG_1113.jpg
[ソラモ]
ソラモ?という施設のライトアップが綺麗で思わず写真撮りました。
ミラーレスを持ってこなかったのが残念ですが仕方ないですね。

意外な発見ができて自分なりに納得しながら輪行準備を済まして

IMG_1117.jpg
[新幹線輪行]
もたもたしてると列車がなくなってしまうので新幹線チートを炸裂!
自由席特急券で4400円くらい。
う〜ん高いですね。遠距離輪行すると予算が枯渇してしまいます。

名古屋までは40分。
それなら京都に行ったほうが良かったとかいうのはなしです笑

何とか日付が変わる前に帰着。

festive500
ようやく219km
残り281km

結構追い込まれてますね(泣)

category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 0

【WAR100 KisoにKiss】冬の開田高原へ  

IMG_1186-1.jpg
素晴らしい!!

WARとはWinter Adventure Rideの略。AARの冬版です。
冬の冒険ライドしてみようかな〜?と思いたち前日に乗車券を買った。

今回は木曽チャリというサイトリンクで紹介されていた、
木曽福島駅から高山駅まで自走するルートをたどります。
夏場だと自転車乗りに人気?なルートなんだとか。

予定では仮眠をとるつもりが眠れず・・・
まぁいいや、家を出たのは4時くらいだっけ?

濡れた暗闇の堤防道路を飛ばし神領駅へ
輪行準備していると・・・




IMG_1062-1.jpg
今回は、有名な5:44発の松本行き各駅停車で向かう。
この電車に乗ると7時名古屋発の特急より1時間くらい早く到着できる。

恵那…中津川…

途中からスノボを持った人が乗ってきたり、
車窓からは木曽川に立ち込める川霧がみえてきたりするのだが、

全く雪が見当たらない。

そう、今回の計画は暖冬&雪不足のおかげで実行できてるのに過ぎない。
例年通り降っていれば考える余地もない計画なのだ。


IMG_1088.jpg
[木曽福島駅]
約2時間で木曽の玄関口に到着。
輪行解除して福島の町をうろつく。

IMG_1091.jpg
ここまで来ると木曽川もちょっとした小川だ。

私は往路輪行はしないと自分の中で決めている。
なぜなら、日常から非日常への変化を楽しむのが好きだから。
でも、今日だけは許してしまった。

ここから新地蔵トンネルへの上りが始まる。

IMG_1097.jpg
IMG_1111.jpg
[R361]
しばらく上っていると霧が出てきた。
しかも結構濃い。

まだまだ見えるし大丈夫だろうと突っ込む。
ガーミンの高度計が1000mを突破・・・
さらに霧が濃くなる。

そんな繰り返し。

IMG_1105.jpg
朝霧に浮かぶ木々をみて非日常を感じる。
次第に青空がみえてきた。

1.5kmほどの新地蔵トンネルを通り抜けると


IMG_1115.jpg
ひんやりとした空気が立ち込める開田高原にIN!!!
一度は来てみたいとずっと思ってた場所に立つ。
嬉しい。嬉しすぎる。


IMG_1127.jpg
IMG_1129.jpg
それにしても開田高原の空は持て余すほど広い。
写真で伝わるかわからないが手を伸ばせば雲に届きそうな感じだ。

そしてメインである木曽馬の里へ

IMG_1134-1.jpg
めっちゃキレイ〜
まさかこんなに綺麗にみえるとは。。

数分待っていると更に雲が取れて

IMG_1186-1.jpg
ホント、、何も言うことありません。。。
美しすぎる御嶽山。


つづいて木曽馬の乗馬をしてみることに。

IMG_1205-1.jpg
この子が私を乗せてくれた。
木曽馬は在来種なのでポニーとかとは違うとのこと。

佇まいがどことなくキリッとしていて凛々しい。
レーパン&ビンディングでも乗れたので訪れたらぜひ(^^)

IMG_1191-1.jpg
IMG_1209-1.jpg
すご〜くのんびりした空気が牧場内を流れる。
そして人工的な音がない。

開田高原はいいところだ。
また新緑の季節にきたい。

IMG_1216-1.jpg
[開田高原アイスクリーム工房]
気温が低く寒いのでパスしようかと思いましたが食べました!!
名物の"とうもろこしソフト"

期待通りの美味しさで大満足。
自家製ヨーグルトやらも美味しそうなのでまた来た時に食べてみることにしましょう。


続いての目的地は九蔵峠。
御嶽山が雲に隠れる前にたどり着きたい。

途中で猿に威嚇されながら駆け足で上り

IMG_1226-1.jpg
IMG_1221-1.jpg
[九蔵峠] 1280m
素晴らしい眺めです。

ここに来たもう一つの理由は献花台で手を合わせること。
覚えていますでしょうか。昨年秋御嶽山が噴火し犠牲者を出したことを。
少し来るのが遅くなってしまい申し訳ないかぎりです。

九蔵峠を登り切ると下り坂に変わり西野地区にたどり着きます。

IMG_1228.jpg
[開田高原 西野]
"西野"と聞くと乃木坂46の西野七瀬さんが思い浮かびます。

話は脱線してしまいましたが、
西野から長峰峠への登り返しが始まります。

ぼちぼちキツイですが、嫌な坂ではありません。
もちろんキツイことには代わりはありませんけどね。

IMG_1229.jpg
[長峰峠] 1350m
峠を越えれば飛騨に入ります。
この長峰峠は標高1350m
12月の末に自転車で来れるような場所ではないですね。

でも来れちゃうんだな それだけ異常気象ってことです。

ここから北側斜面に下ることになるので最終確認。
万が一凍結してた場合遭難しないか念には念を入れて確認する。


結論: まぁ大丈夫だろう。

木曽馬の里で出会った高山から来たという人が
「雪の轍を走れば大丈夫ですよ。」といってた。
この意見を信じようと。

IMG_1230-1.jpg
下り始めてすぐ準凍結道路になりました。
対策として空気圧を落としました。

IMG_1231-1.jpg
しばらくずっとこんな感じ。
ベタベタなシャーベットの中に氷があるという厄介な路面状況。

日和田高原を過ぎると雪も減りましたが、雪解け水で路面はベタベタ
オルトリーブLをつけていても水が体にかかって来る状態に

奪われる体温
濡れたシューズカバーにタイツのヒザ下
まずい・・・このままだとまた低体温っぽくなる。

ここで貼るカイロチートを発動!!
インナーの首元に貼り付けるとすぐに復活!!!
さすがだ。

IMG_1232-1.jpg
野麦峠の分岐点あたりまで来ると空気のヒンヤリ感が取れてきた。
あ〜やれやれ。あれがあと30分続いてたら倒れてましたよ、えぇ。

飛騨川上流部にある高根ダムを脇目に進んで

IMG_1233.jpg
[道の駅 飛騨たかね工房]
レストランが閉鎖中なのでインスタント麺にお湯を入れてくれるサービス実施中。

チキンラーメンを啜っていると地元の人に話しかけられ色々と意見交換。
「今日の天気は春みたいだ」とか、「夏場は自転車乗ってる人が多い」とか。

そして「冬に自転車で来る人は変わった人」と言われちゃいました(*´∀`)
褒め言葉・・・ですよね?

長居もしていられないのでお礼をいい先へ進む。
またお会いできたらいいですね。

途中の道の駅"ひだ朝日村"は定休日のためスタンプ押せず。

IMG_1234.jpg
仕方ないので高山を目指します。
高山は宮川流域すなわち日本海側です。
今まで辿ってきたのは太平洋に注ぐ飛騨川。

IMG_1241.jpg
[豆天狗]
ここのラーメンが美味しかった記憶があり本店に初めてきてみた。
店員さんに味玉をサービスしてもらい完食!

運動したせいなのか前食べたときより塩辛く感じたのはなんでだろうな〜と。
あと、一度この店に来たデジャヴを感じたんだけど、なんでだろ??

時間が微妙になってしまったので一時間後の指定席を買い市内を散策。
陣屋団子美味しくておかわりしたけど、これまた少し塩辛い。

IMG_1245-1.jpg
高山の古い町並みは外国人観光客だらけでした。
いいことなんだけどね笑笑

IMG_1244-1.jpg
時間があったのでふとフレームに目をやるとご覧の汚れよう。
シクロクロスじゃないんだからと思ってしまいます。

このまま輪行するのはマナー的にまずいのでボトルの水を使い軽く洗車。
シューズカバーでささっと拭き取ります。

そろそろ時間になったので駅に行って列車に乗ってみると・・・

IMG_1257-1.jpg
何が起きてしまったのかわかりますか?
そう、駅員さんが展望車の最後列を取ってくれたのです。

展望車は名古屋に行くとき最後尾になります。
最後尾の運転席側には乗降用の扉がありません。

さぁどうなるでしょう?
車内通路を端から端まで歩き狭い空間で切り返して座席裏に収納する必要があるのです。
これには参りました。

もし在来線特急で輪行を考えてる方がいましたら、
ドアの位置と座席番号を確認したうえでチケットを取ることを強くおすすめします。
自由席にすれば間違いないんでしょうけど、小心者なので指定じゃないと不安なのです。

IMG_1263.jpg
高山駅から名古屋駅までは2時間半。
途中飛騨萩原あたりでうとうとしたり。

しかし今日はいい一日だった。
地元の人が御嶽が綺麗に見える日は滅多にないと言ってたので嬉しい限りです。

暖冬だからこそできること、
雪が少ないからこそできること、
いろんな偶然が重なり合って素晴らしい冒険をすることができました。


#Festive 500は残り400km!!

次はどこへ行こうかな?

category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 4

そよ風に吹かれて【冬の夕立山・東濃牧場130km】  

IMG_2540-1.jpg
そよ風に吹かれるって最高・・・


この一週間強いストレスに苛まれ疲れてしまった。
広い空の下で一息つきたい。




目的地は雨沢峠経由の東濃牧場!
寒くて寝不足だけど行きましょう!!

IMG_2476-1.jpg
6時過ぎに自宅を出発!!
空気がキンキンに冷えている。

雨沢峠までは庄内川堤防をひた走る。

IMG_2477-1.jpg
[日の出]
6:56分、志段味付近で日の出を迎えた。
この時点で手元のガーミンで氷点下2℃を記録。
放射冷却でどんどん熱が奪われていく・・・

コンビニで朝食のおにぎりを購入したのに暖めないと喉を通らない状態orz
前回のライドの反省を生かしカイロも購入!これで大丈夫なはず!


IMG_2481-1.jpg
[上品野バス停] 7:55
さぁ、ここから雨沢アタック!!
本数の少ないバスも目撃!!病み上がりだけど頑張ろう。





IMG_2482.jpg
TIME 23:46
病み上がりとしてはぼちぼち・・・

ただ!!雨沢峠ですれ違った5人すべての方と元気よく挨拶できたのは最高でした(^^)
少しずつでも雨沢峠がいい方向に向かってるのは嬉しい限りです。
来年は雨沢峠にとっていい年になりますように!


IMG_2484-1.jpg
IMG_2485-1.jpg
あまり長く休憩すると冷えてしまうのでとっとと先へ進みます。
裏雨沢方面は霜が降りたようで季節が真冬といった感じ。

今年は例年より5℃近く高いので冬らしい風景をみると何だかホッとします。
ただ路面凍結の可能性があるので飛ばさずに慎重に…


いくつかの小さなピークを越え、陶町のサークルKで小休止
少しずつ日差しのぬくもりを感じるようになってきました。


IMG_2489-1.jpg
陶町を過ぎ恵那市に入るとご覧の絶景!!
遠くの峰々は中央アルプスでしょうか?

IMG_2490-1.jpg


IMG_2504-1.jpg
[山岡町のまきばちゃん?] 9:51
信号待ちをしていたら馬を発見!!
近寄るとどこか寂しそう。それにしても可愛いな〜(*^^*)

名前がわからなかったので"まきばちゃん"と勝手に命名しましたw
またね!と別れを告げ先へ進むと・・・

IMG_2508.jpg
とっても悪質な坂道です!!!

この道は9月に一度走っていますがとにかくキツい!!
10%というのは大嘘で15%近く平気であります。※ガーミン表示

しかしこの道を通るのが東濃牧場へのベストルート。
美しい風景に出会うためには多少の苦痛も我慢我慢(汗)

IMG_2512-1.jpg
R418との交差点で約580m、
夕立山は720mというわけでこのアプローチが楽なはずです笑

冬眠しているとは思いますが念の為音楽を流しながら登坂



IMG_2614-1.jpg
[岐阜県畜産研究所]
ここが自転車で夕立山に一番接近できるポイント。
実は9月にBHで到達しています。→記事

夕立山とは庄内川の源流の山。
名古屋市民なら誰もが知る?庄内川の原点です。

源流の山頂に行ってみたい・・・。

前回はこの地点で妥協しましたが、関係者っぽい人がいたので聞いてみました。

「夕立山って登れないんですか?」

すると・・・

「入所手続きしてもらって長靴に履き替えてもらえばいいですよ!」


やったー!!こりゃ登るしかない!!
家畜の防疫上長靴に履き替え、石灰水で消毒する。

いざ、研究所内へ!!


IMG_2518-1.jpg
近づくとわざわざ起き上がって近づいてきてくれました。
どこか気持ちが通じたのかな?と思うと嬉しいものです。

牧場内はあの独特な臭いが漂ってました。
私はそんなに嫌いじゃないです。

IMG_2523-1.jpg
整備された道を慣れない長靴で歩く。
約10分で山頂に到達!!

IMG_2526-1.jpg
[夕立山山頂 727m] 10:40
ここが庄内川源流の山、夕立山の山頂です。
大丸山神社の中に三角点があるようですが、鉄条網があって中に入れず…

他の人のブログによると潜って入った的な記述がありますが、
神社は神域です。恐れ多いことはできないのでここでぐっと我慢します。
※鉄条網は放牧中の牛が誤って入らないように設けられたのではないか説が有力です。

またいつか確認とって三角点タッチに来ましょう。宿題ってことで^^;
ちなみに夕立山は山頂部を残してほぼ草地になっています。


ということは・・・

IMG_2540-1_2015122020375059a.jpg
とにかく見晴らしがいい!!
そして空が広く、雲に手が届きそうな雰囲気で開放感半端ないです。

そして東濃牧場との大きな違いは、

"そよかぜの音色が聞こえる"ってこと。

風が唸ってる音や風が切ってる音は聞くことはあるかと思います。
しかし"そよかぜの音色"って聞いたことがありますか?

木々が擦れたり、草が揺れる音ではない。
風自体の音色…

私は初めて聞いたので感動しました。
風が何かを話しかけているような、
そんな優しい音なのです。

しばしボッーと"そよかぜの音色"を聞いていると、自然と深呼吸をしていました。
こんな風に一息つけるっていいな〜
将来こんな場所で暮らしたいもんです。

IMG_2533-1.jpg
ずっと夕立山にいても仕方ないので東濃牧場へ向かいます。
路面がかなり荒れているので注意して…っと

IMG_2617-1.jpg
[東濃まきば館] 11:40
夕立山からは10分ちょいくらいで到着です!
今年3回目、ピナでは2回目、
初めて牧場内の激坂も脚付きなしでクリアしました。

IMG_2619-1.jpg
IMG_2620.jpg
IMG_2621-1.jpg
夕立山より東濃牧場のほうが恵那山がしっかり見えます。
雲ひとつない青空…とはいきませんでしたが良しとしましょう。

写真を撮っているとネット生放送をやってる人に話しかけられました。
私はいいですが、今の御時世ちゃんと許可とらないと肖像権が…と思いました。
人によっては仕事抜けだして来ていて写ったらマズいっていう人もいるはずですからね。


いつもは東濃牧場から阿木川ダム方面に下りますが、
今日はあえて北側の超激坂をダウンヒルすることにします。

IMG_2630-1.jpg
[東濃牧場裏手のつづら折れ]
傾斜半端ないです(汗)
とあるブロガーがこの坂を登ったそうです。
とてもじゃないけど登る気になりませんね笑笑

恵那から槙ヶ根を越えず三郷を経由しようと企んだのですが・・・
結果から言いますと・・・

計算違いでした(大汗
ルート工夫すれば楽できたようですが土地勘なく撃沈ww

そんなこんなで足を削られ道の駅でピットイン
蕎麦屋は昼時で大混雑なので五平餅を補給しました!

IMG_2633-1.jpg
IMG_2634-1.jpg
[岐阜県道65号]
三郷からは佐々良木川に沿って釜戸に下る県道を選択!
r66で駄知方面にも抜けられたのですが、もうこれ以上登りたくないのです。

IMG_2635-1.jpg
思ったより道は狭かったですが、
佐々良木川の綺麗な水の流れがみれたので良しとしましょう。

ふと朝からおにぎり2つと五平餅しか食べていないことに気づき、
急遽、瑞浪駅前の"あまから本店"へ。

IMG_2640-1.jpg
[五平餅 一人前] 13:26
とっても美味しい五平餅。道の駅で食べたのは俵型でしたが、ここは団子型。
くるみ味噌が最高でこの後2本追加しちゃいました(^^)

食べていて・・・
ん??なんかどこかで食べた事ある味だ・・・

DSC04642.jpg
そう、3月の東濃牧場ライドで立ち寄った岩村のお店。
ここの支店らしいです!
岩村行こうか迷っていた結果、なぜか本店の五平餅を食べれて大満足!!

ここから自宅まで40km・・・
輪行に誘われそうになりましたが、自走します!!

土岐市に入ったあたりで眠気とだるさを感じてなんでだ?と思ったら、
脱水症状でしたwww

朝起きてから水を500mlすら飲んでいない。
冬場は相当意識して飲まないといけないんだな〜と。
飲んだら回復したので間違いないと思いますw


IMG_2641-1.jpg
多治見に昔懐かしい鳥屋さんがあったり・・・

ここからは最後のボス、内津峠越えです。
アウターローで粘り強く走って・・・

IMG_2645-1.jpg
このトンネルを抜ければ愛知県春日井市。
私のホームグラウンドです。

トンネルを抜け下街道を快調に走り・・・


IMG_2646-1.jpg
GOAL!!!!  

走行距離約130km、累積上昇1700m超のライドが無事終了しました。
病み上がりのせいか少しへたばっています(・∀・)

それにしても風っていいな〜と思いました。
風に吹かれると元気になれる気がします。


寒さに勝てば一年で最も空気が澄んだ季節
広い空のもとどこかへ走りに行きたいですね!!


次はどこへ行こうかな?


category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 0

新東名を自転車で走ろう!【東三河(新城)FUN!FUN!サイクリング】  

IMG_2339-1.jpg
最初で最後の新東名!





12月6日 新東名開通前記念 東三河(新城)FUN!FUN!サイクリング
愛知県新城市で開通前の新東名を走るイベントが行われると知ったのは二ヶ月前。
高速道路マニアとしては参加しないという選択肢はなくエントリーしました。

高速道路を走るイベントはかつて2回経験しています。
一つは2011年の名二環、もう一つが2012年の新東名引佐連絡路です。

IMG_2214.jpg
出発したのは午前2時前。
ギリギリまで輪行と迷いましたが、往路輪行は気分が高まらないので自走にしました。

IMG_2216.jpg
水分橋から新城ICまでは約90km
グロス15km/hで進んだ場合6時間かかる。

今回は15kmごとに定点を設置。ここでのタイムで進行状況を把握する作戦。
笠寺・知立・岡崎・音羽・豊川

深夜の名古屋市内は暴走防止のためか信号の繋がりが非常に悪い、
笠寺定点でも4分しか貯金できず。

桶狭間を過ぎると交通量も減り快適な巡航状態に入った!
風は無風もしくは追い風!35km/hで巡航できるなんて滅多にない。

IMG_2223.jpg
安城にてローディーを発見。
「どこへ行かれるんですか?」と聞いてみたところ
「新東名のイベントです!」とのこと。皆考えることは同じなんだな〜

お先に失礼し、闇夜の国道1号をひた走る。
安城〜岡崎あたりの路面は綺麗で走っていて気持ちがいい。

岡崎定点を36分早通、なかなかいい調子!

岡崎からは本宿越え?の上り坂に突入する。
私は本宿あたりを"三河の関ヶ原"と勝手に命名している。

ロードに乗り始めた頃、押し歩きをした嫌な思いがそうさせてるのかもしれない。


IMG_2229.jpg
坂の途中にある道の駅・藤川宿に立ち寄ってみた。
スタンプが押せれたらと思ったけど、残念ながら押せませんでした(泣)

IMG_2231-1.jpg

こうなったら走るしかない。
どんどん伸びる速度、このペースで行けば東名間16時間台も夢ではない。

国府で東海道とは別れ姫街道へ
交差点を曲がり陸橋を越えたのですが・・・

IMG_2235.jpg
自転車通行禁止でしたorz
こちら方面へ向かわれる方はご注意ください。

IMG_2237-1.jpg
定点・豊川稲荷に1時間半早着。

そんなわけでお参りは省略。
その代わり途中のコンビニで甘酒とからあげを食べました。

IMG_2240-1.jpg
豊川から伊那街道を走っていると次第に東の空が明るくなってきた。
微妙なアップダウンを幾つかこえ新城市内に突入!

IMG_2242-1.jpg
新城インター入口に到達。"まさか"の一番乗り!!
狙っていたわけではないですが、一番っていいもんです。

待っている間、地元の自転車乗りから今回のイベントの裏事情をいろいろ聞きました。
私も経験していますがイベントの運営って大変。運営サイドを経験していると少し優しくなれます。

IMG_2253-1.jpg
30分ほどで7時になりゲートが開門
一番乗りなので一番最初にゼッケン確認!

しばらく料金所前でボッーとしていると
係の方が「入って、どうぞ」と言ってくださったのでコースに入ることに!

IMG_2259-1.jpg
今イベントで走る自転車としては一番初め。そう思うと興奮してくる。

IMG_2261.jpg
IMG_2266.jpg
IMG_2267-1.jpg
イベントで大勢で走るのも楽しいけど、この独り占め感が大好き。
それに朝日に照らされるハイウェイは格別だ。


IMG_2269-1.jpg
当然、一番乗りなので駐輪スペースはガラガラ。
ここまで来たなら先頭でスタートしたい。
そんな欲が出て一番出し入れしやすい位置をキープしました。

後で記載しますが、この風景が嘘のような状態になります。お楽しみに。

IMG_2271-1.jpg
今日は私と繋がりのあるyoutuberさんが取材に来ているとのこと。
果たしてどんな動画になるんでしょう。楽しみです。
追記: 文末に動画添付しました。

IMG_2275-1.jpg
IMG_2284-1.jpg
スタートの整列まで1時間半以上あるので意味もなく徘徊。
愛三レーシングが来ていた。知らない人はいないというほど有名らしい。
私はレースに全く関心がないので今日まで失礼ながら存じ上げませんでした汗

IMG_2278.jpg
開通時には長篠設楽原PAから信長本陣跡に歩いていけるようになるらしい。
意識的に歩いてるのにどんどん体が冷えてくる。

ここで反省したのですが、このようなイベントに出るときはカイロ必須ですね。
ないと体を冷やしてしまいます(T_T)

IMG_2288-1.jpg
8時を過ぎると先ほどの駐輪場が密林状態にwww
今日はかなりの台数が参加するらしい。

しばらくすると場内アナウンスで
「只今より…スタート地点へどうぞ」と流れた。

みんなどこがスタートなのかわからない。私も同じだ。誘導もない。
でも最前列を確保したい。そんなわけで真っ先に本線に飛び込んだ。
すると「わかんないけど、この人に付いて行くしかない」などと後ろでざわめいてる。

後ろ振り返ると大量のローディー
一人が行けばみんなついてくる。集団の動きって不思議だ。
がむしゃらに最前列を狙っていたグループも確証が得られるまで抜かさなかったのだから。

IMG_2291.jpg
そんなこんなで最前列を確保。
もうこの時点で満足感に満たされている。

IMG_2303-1.jpg
開会式が始まる。
新城市長はじめ地元代議士、そしてnexco中日本の担当者が祝辞を述べる。
こうして誰が喋っているのか顔をみられるのも最前列の特権だ。
私もいつか来賓として祝辞を述べてみたい。

話し終わると拍手が起こるのだが・・・

ローディーたちはグローブをはめている。その状態で拍手をするとどうなるだろう。
パチパチ!!ではなく、ボコッボコ!!と拍手の音が響くのだ。

この光景になぜかツボってしまった。

IMG_2309.jpg
9時に新城市長の号砲とともにスタート!!
号砲といえば、今回のイベントが開催された新城は長篠の戦いの合戦地だ。
今から450年近く前、この地域には火縄銃の音が響いていたのだと考えると感慨深い。

スタートしたらあとは気ままに先頭集団にいるのみ。

IMG_2310-1.jpg
みんながそれぞれの楽しみ方をする。
トレインを組んで高速感を堪能する人や路面を観察するかのように走る人など十人十色。。

私は、"もし自転車版高速道路があったなら"というテーマで楽しむことにした。
みんなが道路を中央を走るなら極力左によっていつものように走る。
それがまた面白い。

IMG_2312-1.jpg
IMG_2317.jpg
先頭にはペースカーと誘導ライダーが付いている。
つまりどんどん後ろから追い上げてくる人たちがいて先頭集団は過密状態になった。

すると何が起こるだろう?

IMG_2324-1.jpg
そう、追い越そうとする自転車が右側に集中し車間距離が減少。
そして段差などのボトルネックでブレーキ、その連鎖で渋滞が起きてしまっていた。
なのに左車線はガラガラ。

この原理はクルマでも自転車でも同じことなんだ!と思うと面白い。
あえて車間距離を空けブレーキ波を吸収する渋滞吸収走行をテストしてみたりした。

IMG_2330.jpg
休憩者が一人もでない先頭集団でしたが、私が折り返しの新城ICで路肩に寄せると次々と休憩する人や写真を撮る人が出始めました。
みんな停まりたかったんだよね。でも、一番初めに離脱するのは惨めだから嫌だ。
私も同じです笑

IMG_2328-1.jpg
次から次へと元気よく自転車が走ってくる。
なのになぜか私の元気はみるみるうちになくなった。

原因はハンガーノック!
往路での補給不足と寒さで体力を消耗してしまったようだ。

足に力が伝わらず15km/hが目一杯。
次第に意識も遠のいてボッーとしてくる。

補給ができる長篠設楽原PAが見えてきたところで

ズコッ!ガツッ!!!

ヘルメットがハンドルのライトにコン!と当たった。
後ろからは「ズコッ!」と逝ったね!との声。

何に落ちたのかというと・・・

IMG_2354.jpg
おそらく雨水排水口だと思います。
一応落ちないようにコーンが立っているのですが、私が見落とし自爆したわけです。

IMG_2355.jpg
深さがこれだけあります。
もし慌ててハンドルを切っていたなら落車していたのは間違いありません。
ケガをしてしまうと他の参加者や主催者に迷惑がかかります。
もしかしたら高速道路を走行するイベントが開催しづらくなってしまったかもしれない。
そう考えると運良くハンドルを切らなくて助かったなと思いました。

IMG_2349.jpg
PAの"おもてなしブース"(有料)に到着するとすぐさま補給!!
五平餅!助六寿司!猪肉バーガー!豚汁!レッドブル!!
これでもかというほど補給した結果、無事に回復。
特に猪肉バーガーの猪肉メンチカツは絶品でした(^^)

もう一周する予定だったのですが、くたびれてしまい会場を後にすることに。

IMG_2356.jpg
IMG_2358-1.jpg
もう二度とこの区間を自転車で走れる機会はないでしょう。
今度はクルマでドライブにでも来ましょうかね?笑

IMG_2359.jpg
ICの近くに"もっくる新城"という道の駅があったのでスタンプを押し猪肉ラーメンを食べました。
どこか蕎麦っぽいスープ…少しイメージと違ったかな?

帰路はもちろん?輪行です。三河東郷駅から飯田線で撤退します。

IMG_2368-1.jpg
IMG_2369.jpg
三河東郷駅は休憩小屋みたいな素朴な駅。

IMG_2385-1_20151206173257777.jpg
対向列車から降りてきた客がICカードの取消手続をしていました。
もちろん駅員はいないので車掌が対応、すなわち列車に遅れが出ます。

それでも乗客は怒らないし微笑んでる。
都会なら罵声が響く場面なのになんて優しい世界なんだろう。
こんな小さな温もりを守っていきたいものです。

IMG_2389_201512071339490ae.jpg
イベントでもらった粗品のミニエコバックが輪行時に役立ちました。
ちょっとしたものを持ち歩くのに便利です。

IMG_2394-1.jpg
豊橋で名鉄特急に乗り換え名古屋に向かいます。
今年3回目の豊橋駅からの輪行です。

IMG_2411-1.jpg
50分ほどで名古屋に到着。輪行袋に入れたままミッドランドを徘徊してみました。
レクサス…カッコいいです。

IMG_2432-1.jpg
その後、輪行解除し自宅まで自走。
全部ひっくるめて130kmくらいのサイクリングでした。

130kmの割に遠くまで行った感があるのはなぜなんでしょうね?
恐らく高速道路を走るという非日常感が充実度を高めたのだと思います。

また高速道路を走るイベントがあれば参加したいと思います!
次回は東海環状道三重県区間が有力でしょうか?
そのときは参加費2~3000円でお願いします。今回は9000円でした。

今回のイベントに参加された皆様、そして運営の皆様ありがとうございました。

category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 6

【まさか!】二之瀬越"むすび"ライド   

IMG_2115-1.jpg
この後ろ姿は・・・もしや(・∀・)


二之瀬越が例年まもなく冬季通行止めに入る。
登れるうちに登っておこう!
通行止め後も登れるらしいけど、そういうのは・・・ね笑

IMG_2105.jpg

ふれあい橋に到達したのが午前6時。夏場なら明るいのにまだ暗い。
あと20日もしないうちに冬至だし仕方がない。

IMG_2112.jpg

庄内川沿いに枇杷島まで。
枇杷島橋で信号待ちしていたときロードバイクを発見。

「暗いうちからどこ行くんだろう?」
そう思いながら見過ごした。

しかし、尾灯の光り方が独特だし、黒くて大きめのサドルバック付けてる。
どこかデジャブを感じて追いかけてみることに。

知らぬふりして「こんにちは〜」と挨拶しフレームをちら見
私は確信しました!

「もしかしてMMRさんですよね?」と問いかけると
「はい!」と返事が来た。本人だ!(≧▽≦)

※MMRさんとは 自転車乗って候 というブログを書いている方。
このブログを始めたのもMMRさんの影響だったりする。
それくらい僕の中でずっと会いたかった、そして憧れのブロガーさんなのだ。

アレコレいろいろ話しながら二之瀬までご一緒することに。
舞い上がってしまい失礼な部分もあったかと思います。スミマセンorz

IMG_2117-1.jpg

朝日に照らされる反射ベスト。
シューペル・ランドヌールの背中はたくましい。

IMG_2121.jpg
IMG_2124.jpg

東海大橋に到達。
二之瀬に行くときは必ずここで一枚写真を撮る。というか撮ってしまう。

ここからの風景は特に日の出1時間後くらいがおすすめ。
昼や夕方も美しいけど、朝が別格だと思う。

IMG_2125.jpg

海津のセブンで補給。
それにしても今日こうしてご一緒できてることが信じられない。

IMG_2127.jpg

二之瀬入り口の庭田地区に到達。
庭田は"niwata"ではなく、"niwada"らしい。何度も来てるのに勘違いしていた。

IMG_2129.jpg

MMRさんが先にスタート、僕が後から追いかける。
程なくして追いつき先に行かせてもらうことに。

追い越した以上、追い越されるわけにいかない。

IMG_2133.jpg

"追う"よりも"追われる"こと。
"追う"よりも"逃げる"こと。

この感覚ってなんだろう?
僕にはわからないけど、国も会社も追われるというのは辛いのかもしれない。
だから常に何かを追う必要があるのかな〜と

そんな意味不明な考え事をしながらヘロヘロ登る。
気温が2~3℃なのに滴る汗が違和感でしかない。

IMG_2136.jpg

TIME 27:06
一度、奇跡の25分切りをしているのでタイムにはこだわっていない。
向上心がないと言われてしまえばそれまでだけど競う必要が無いかなと。

IMG_2160-1.jpg

程なくしてMMRさんも登頂!お疲れ様でした(^o^)
MMRさんは裏に下って上石津方面へ回るとのこと。

そんなわけで、ここでお別れ。またお会いできるといいですね!

IMG_2162-1.jpg

南濃町側は綺麗に色づいてるもみじが数本ありました。
ひょっとして香嵐渓より綺麗?

以前の香嵐渓ライドで紅葉満喫できずどこか蟠りがあったのでスッキリしました。

IMG_2167.jpg

振り子電車のように傾き走り去る自転車・・・
これに憧れて自転車に乗りたいと思ったなぁ〜と。

IMG_2171-1.jpg

空は冬雲が流れて、ひんやり冷たい九十九折
カーブの途中に先月自転車と乗用車の事故の目撃者いないか?的な看板があった。
気をつけなきゃね…

長いダウンヒルもブレーキシューをヤスリで削りリムを磨いた成果か快適!
嫌なザラザラ音やカスカス感がないとここまで違うものなんですね。

IMG_2184.jpg
IMG_2185.jpg

ダウンヒルで冷えきってしまったので道の駅南濃で山菜そばを食べました。
自転車を見張りながら立ち食いできる点がいいです。

復路も往路とほぼ同じルートで…
こういうコース取りは好きではないけど明日のこともあるし無理はできないのです。

IMG_2187.jpg

途中コンビニを見てみるとズラーっとロードバイクが!!
皆さん走り納めに来てるようですね。

IMG_2188.jpg

蕎麦を食べたばかりなのに思わずサークルKで焼き芋を購入!
この焼き芋とにかく美味しい。ここ数日毎日食べてます\(^o^)/
ぜひ食べてみてください!

IMG_2189.jpg

東海大橋なのですが、少し形状が変わっていました。
以前はガードレールがなくそのまま直進できたのですが、今は微妙に南側に回らされます。
一瞬改悪?と思ったのですが、いろいろ考えると改良なのかな?

IMG_2191-1.jpg
遠くに見える能郷白山?はもう雪山に。
冬がここ一週間で一気にキタ!って感じです。

IMG_2194-1.jpg

日差しのぬくもりを感じられない天気ですが仕方ない。
たらたら流して帰投しました。

二之瀬もまもなく冬眠、すなわち結び。
今日、MMRさんにお会いできたのも縁であり結びでしょう。
ありがとうございました。

そんなわけで"むすび"ライドは無事終了しました。


明日は待ちに待った・・・
詳細は後日ブログで報告します!

category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 4