ぴなたんに乗って

道を走るのが好き

初めてのクロモリ試乗  


僕はレースに興味がない。

周りの友達のほとんどがレースで競い合っている。
それでも興味が沸かない。

そもそもロードバイクに憧れた要素とはスピードではない。
ペダルを回せば、どこまででも行けてしまう」という点だ。

そんな僕に以前からクロモリを勧めてくれた友達がいた。
しかし「クロモリは熟練したサイクリスト」が乗る印象があった。
とても僕には・・・


クロモリを調べる、結構乗っている人が多い。
TTやレースに出ない人はこれが一番オススメとも書いてある。

僕の使途はロングライド。レースは出ない。(゚∀゚)キタコレ!!

気づいたら毎日RNC7をググる生活をしていた。
あっ、これ、もしかして恋なのかもしれない。



一週間前に訪れたバイクフォーラム青山に再び出かけることに。

DSC02531.jpg
[ANCHOR・RNC7]
ホリゾンタルフレームが美しい。
ペダルを回して第一感想
そんな重く感じない!

なんだろ?独特の伸び感がある。
嫌なしなりなどはない。

DSC02532.jpg
[青山北町アパート]
戦後初建てられた都営住宅らしい。
クロモリフレームは歴史的建造物に映える気がする。

DSC02541_201502191756236b7.jpg
[裏道に多いこんな道]
走るシチュエーションに極力合わせて試乗する。
乗り心地はラテックスを履いた時の感覚に似てる。
フレームが自分の味方になってくれるような乗り味だった。

DSC02543.jpg
[RL8]
一度店舗に帰ると、「もう一台乗ります?」と聞かれたので再びRL8を試乗。
クロモリとは違う。
乾いた乗り味でスワッーと転がっていく。
しかしどこか似たような部分もあったりなかったり。
上りでペダルを下死点に踏み込んだ時の反応はクロモリの方が好きだ。

快走 Quattro↔RL8↔RCN7 快適


クロモリの一番の魅力は、

焦らせない、競わせない、比べない雰囲気かな〜って!

カーボンバイクに乗っていると、

「◯◯よりタイムが遅かった。」
「あの人より強くなるぞ」
「あの人より遅い自分なんて・・」


こんな風についつい闘争心から人と比較してしまう自分がいる。
人と比較する行為は、自らを不幸に誘う。


カーボンがナンバーワンを狙う素材だとするならば、
クロモリはオンリーワンを目指す素材だと思う。



今回の試乗を通して「ぴなたん」の良さがわかった気がする。
僕には合ってるフレームなんだろうな〜って。


クロモリってどうですか?
クロモリユーザーの方がもしいたら満足感とか教えて下さいm(_ _)m


憂鬱な春。どっか行きたいなぁ(´・ω・`)
チタンバイクにも乗ってみたい。

category: 2015 ゆるポタ

tb: 0   cm: 4

どんな自転車乗ってるの?Ⅱ  


前回に引き続き、僕のサブ機を紹介します。
ロードデビューした一台であり、今は東京で活用しています。



DSC02316.jpg

[フレーム] BH VOLAN 2010 (46?)
[コンポーネント] 3400系SORA
[ブレーキ] テクトロR520→5700系105
[ギア] 12-25T
[ホイール] ALX200→R500
[タイヤ&チューブ] アスピーテプロ 24c/Rair
[ハンドル] デフォルト 380mm (アナトミック?)
[ステム] デフォルト 90mm
[シートポスト] デフォルト
[サドル] VELO RACER SADDLE
[ペダル] PD-A520


それでは、少しだけ思い出を振り返ってみましょう。
-- 続きを読む --

category: 愛車プロフィール

tb: 0   cm: 0

カトサイ往還 【裏道紹介】  




春よ、こんにちは。
小さな春の訪れを感じる暖かい日。

信号待ちをしていると虫が僕に寄ってきた。
そういえば最近虫にも会ってなかったな。

今回は名古屋では有名な[カトーサイクル]に向かう裏道を紹介する。
自転車乗りたちの多くは[環状線]を使ってるようだ。
しかし[環状線]は交通量も多く路肩も荒れている。
そんな環状線の裏道を辿ることにしよう。

DSC02015.jpg
[郡道]
R153(飯田街道)と東海道を結ぶ旧道で明治時代に造られたらしい。
古井ノ坂交差点の近くからその道を辿る※ルートラボ参照

いつも通っていた裏道が[郡道]という云われのある道だとは最近知った。
今日は荒畑まで郡道の一本西の古井村道(登城街道)を辿ってみる。

DSC02016.jpg
[名古屋工業大学]
何かと縁がある名工大。今後も縁があるのだろうか?

DSC02018.jpg
[古井村道・登城街道]
狭い道だ。この道が郡道に進化し、やがて環状線になったのだ。
この地域の南北交通軸の源ともいえる。

DSC02019.jpg
この近辺は戦前高級住宅だったそうだ。
今でもその面影がある。
今では南山などが高級住宅街の代名詞だが、当時としては町外れの高台だったのだろう。

DSC02020.jpg
荒畑から郡道に復帰する。
郡道は旧街道と同じ要領で飛び出しには注意して進む必要がある。
飛ばしたい人は幹線道路に行くべきだが、20km/h程でのんびり流すなら丁度いい。

DSC02022-1.jpg
郡道・東海道分岐点?
ここで旧東海道に合流する。

DSC02024.jpg
[旧東海道]
ここから一気に笠寺台地を駆け上がる
笠寺台地は松巨島とかつては呼ばれていたらしい。


DSC02025.jpg
テストサドルを返却する。
オルトリーブの金具を外すのを忘れてしまいドライバーを借りた。
久々の元のサドル、結構攻撃力がある。

DSC02029.jpg
矢橋ホキ
帰りは大津通で都心を突っ切るルートで。
熱田の踏切待ちをしていると矢橋ホキと呼ばれる石灰石貨物が来た。

DSC02036.jpg
[なっちゃんストレート]
東別院から上前津までの区間は快走できる。
大須より先は路肩が混雑するので左車線を専有して車と共に走る。

DSC02040.jpg
[御用水跡街園]
スタート地点の三階橋に戻る。
距離と時間の比較がこちら。

[三階橋→妙音通]
郡道ルート→11km 52分(実質45分くらい)
大津通ルート→14km 52分
※郡道ルートはコンビニ寄ってたりしてるので時間かかってます。

たまには違う道でカトサイ行くのもいいのではないでしょうか?
慣れた道を走ると交通事故の原因にもなりますし。

近道は遠回り、急ぐほどに足をとられる。
始まりと終わりを直線で結べない道が、この世にはあります。
迷った道が、私の道です。

category: 2015 ゆるポタ

tb: 0   cm: 4

どんな自転車乗ってるの?  




遅らせながら僕の相棒の紹介します。
健忘録がてらって感じです。


DSC01887 copy


[フレーム] PINARELLO FP QUATTRO 2013
[コンポーネント] 5700系105 9000系デュラエース
[ギア] F:5800系の50/34t/ R:12-27t
[ホイール] カンパニョーロ Zonda
[タイヤ&チューブ] GP4000s2 23c/Rairチューブ
[ハンドル] deda RHM02 420mm/バズキル
[バーテープ] fizi:kクラシックバーテープ
[ステム] deda zero2 80mm
[シートポスト] Most製の完成車に付いてるもの
[サドル] スペシャライズド・Toupe EXPERT GEL
[ペダル] PD-9000
[シューズ] fizi:k R5B uomo
[Fライト] EL540RC/VOLT700
[Rライト] ラピッド5/ファイバーフレア
[サイコン] Edge800j/ストラーダスリム
[サドルバック] オルトリーブサドルバックL
[ツール缶] ウィザード製
[外部電源] Anker Astromini 3000mAh ×2
[輪行袋] モンベル コンパクトリンコウバッグ

[ヘルメット・アイウエア] KASK mojito/adidas a262(6104/6105)
[夏ウエア] 半袖ジャージ+長袖インナー+レーパン+指切りグローブ
[冬ウエア] GOREアウター/パール長袖インナー/5℃対応レーパン/パール靴下/0℃対応シューズカバーor手袋+(寒ければウィンドブレーカー)

[ツール缶] チューブ×2/Co2×2/タイヤレバー/パッチ/六角3本/レンズ拭き/変換バルブ
[ジャージポケット] EOS M10/iPhone6/財布/鍵/交通安全御守


完全装備だとこうなりますが、普段は多少減らして走ってます笑



※2016年1月10日現在

category: 愛車プロフィール

tb: 0   cm: 0

クランクとか変えてみた。  



先日ワイズロード名古屋店でバイオレーサー1000をやりました。
というのも、膝の違和感がハンパなかったのです。

走るとカックンカックンきてしまう・・

測ってみるとサドルが高いとか、クランクが長いとか・・・
話を進めていくと「このまんま無理すると膝壊しますよ」と言われてしまい特別予算編成!

DSC01772 copy
DSC01774 copy

[105 50T-34T 165mmコンパクトクランク]
落差がない愛車です。
こっそりクランクが変わってます!

変えて走ってみると回せる!!
回しやすくなったので巡航が楽になりました(^^)

同時に違う筋肉を使ったからか筋肉痛に(>_<)

DSC01776 copy
家に帰ったらワックスを忘れずに塗らなきゃ!

DSC01817 copy
東京海上のビルの公開空地からみた十六銀行。
もう少し絞って撮ればよかったと後悔・・・


DSC01830 copy
[ボントレガー・バズキル]
家に帰ってからバズキルを交換する。
買って一年、確かにカーボンハンドル並の効果あります!!

カーボンハンドル買っても効果がわからなかったので本物かと・・・。
最近片方が脱落しカタカタうるさかったのです。


DSC01827 copy
ツールボトルのお友達が一人増えました。
これはカメラのレンズを拭くもの。出先で曇らせたり油をつけたとき泣けますからね笑

一枚一枚分けられて梱包されている点が高評価です!

c24rjnkjpxy copy
※画像引用 元リンク不明、削除依頼あれば削除します。
[adidas a262]
adidasのアイウエアを購入しました。こちらは身内に予算を捻出して頂きましたね。
数ある中で24000円くらいのルディの調光を買おうとしたのですが真ん中の金具が気になり・・・

a262というモデルはスペースミラーを愛用しているので実績があります。
掛け心地最高ですし、見やすさも最高です。

その色違いであるクリスタルグラデーションを導入
クリアレンズなので夜間走るときに助かりますね。

DSC01833 copy
最後にこちら。
シーポスのネジがなめてしまったのでmostのシーポスを買いました。。2kですしいいですよ、これで
上のサドルはプロロゴのナゴです。テストサドルなのでしっかり感じたいと思います()

category: 機材・パーツ

tb: 0   cm: 2

モーニングライド in定光寺  





曇り/ときどき雪=曇り/ドキドキ雪


明日は名古屋にも雪が舞うとか天気予報で流れてる。

そうだ、定光寺に行こう。そして雪が薄っすら積もる玉野川渓谷を写真に収めよう。

雪が降ると興奮してくる、眠れない・・・
予定時間の5時を過ぎても雪が舞うことはない、それでも行ってみるだけ行ってみよう。

DSC01437.jpg
暗闇の八田川・御幸橋からのスタート
マルチショットノイズリダクションを使うと夜景も綺麗に撮れる。

鳥居松村を経由して、高蔵寺を目指す。

JR中央線を越える踏切待ちをしていると雪が舞い始めた。(歓喜)
気墳町の坂を登ると更に強く降ってきた。

DSC01439.jpg
「この先、定光寺旧千歳楼南側付近、駐車場解体工事・・・・」
千歳楼が解体されるのではなく、その南側にある駐車場が解体されるということなのだろうか?

ここから先の一本道、谷に沿っていて狭い。
僕の苦手とする部類の道、心拍数があがる。

DSC01458-1.jpg
[定光寺・城嶺橋]
ついに来てしまった。
チャリ友たちは口を揃えてここには来たくないと言っていた覚え・・・
幽霊に鉢合わせるのも怖いが、DQNと鉢合わせするほうがもっと怖い。
yahooリアルタイムでDQNが千歳楼付近にいないことを確認してから凸した。

DSC01531 copy

DSC01460-1.jpg
[定光寺・廃墟旅館千歳楼]
2枚目は白黒にしているが、現地に行くとこのままの雰囲気。
とても彩度が低い風景。もはや自然に溶けこんで景観の一部になっている。

千歳楼はかつて定光寺=千歳楼という印象だったそう。
今も昔も、良くも悪くも、定光寺のシンボルとしては変わらない存在感がある。

DSC01497-1.jpg

DSC01466.jpg
[玉野川渓谷]
静けさに 岩を切り裂き 玉野川 尾張名古屋の 奥座敷かな。
玉野川とは庄内川の上流の名をいう。岐阜県に入ると土岐川と名乗る。
思ったより水量があって驚いた。

DSC01535.jpg
[東海自然歩道入口]
なぜか碓氷峠のめがね橋のような雰囲気がある。
それにしても定光寺の空気はとても窮屈で重い上に圧迫感がある。不気味だ。

DSC01530.jpg
[愛知県道205号線]
さぁ帰る。この道、狭い割に交通量が多く待避所でうまくかわす必要がある。
車に後ろに付かれたら、路肩によって手招きして「先どうぞ」と合図することにしている。
たったこれだけでお互いが気持ちよく道をシェアすることができる。


DSC01540.jpg
[志段味サイクリングロード]
新東谷橋を渡り名古屋のチベットといわれる志段味エリアへ
kanzさんのブログで紹介されていて行きたかったサイクリングロードを訪れるためだ。

DSC01541.jpg
なかなかおもしろい道だ。ハイクオリティーウェイ。
僕が実現を目指している「ケッタウェイ構想」の参考になる点がないか徹底的に調査する。

DSC01547.jpg
距離にして2kmちょいだがなかなか楽しめた。歩行者が少ないのもありがたい。
この志段味エリアは尾張旭市の延長線のイメージがある。

DSC01552.jpg
[煙の見える丘公園]勝手に命名
かなり高台にある公園、トイレに行きたかったのにトイレは設置されていない。
遠くに楠にあるタワーマンションがみえる。

DSC01553.jpg
[愛知県道15号線]
この区間はゆとりーとラインも街路を走る。
そのためにバスレーンが設置されていて、自転車は安心して走ることができる。
雰囲気は東京の聖蹟桜ヶ丘あたりの道に似ている。

DSC01559-1_20150205221953425.jpg
[朝日に輝く伊吹山]
帰り道は雪も舞うこともなく、いつしか晴天に。
遠くに伊吹山が赤く輝いていた。

良い物も悪い物も、消え去れば必ず良き思い出になるという原則 それを学んだライドだった。
「千歳楼は不気味だから取り壊せ」と今は思っても、数年後きっと「あの頃の定光寺が好きだった」と言うだろう。

今ある風景は今しかない。全く同じ風景など永遠に訪れないのだ。
だから今を大切にしたい。




category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 2

幻の明治東海道ライド  




今日は強い北風が吹くとか、なら東西軸でライドしよう。

sitiri.jpg
[七里の渡し 熱田湊]
江戸時代は熱田から桑名まで渡し船で通行していた。
今回は明治に入って七里の渡しが廃止され、今の国道1号線が誕生するまで使われた幻の道を辿る。

その道の名は「明治東海道
おおよそ現在の「東海通」のルートだ。

なぜ東海通という名前なのか?東海道はそこちゃうだろ!とずっと前から思っていた。
幻の道の存在を静かに示していたとは・・・恐れいりましたw

東海通は路肩も狭く、交通量も多い。
単なるライドなら国道1号線を強くオススメする。


DSC01288.jpg
[イオンモール名古屋茶屋]
「茶屋わず(*^_^*)」とかつぶやいてる人らが来てるであろう場所。
特に何も用事はない。一度見てみたかった。

ところで[茶屋]という地名、もしかしたら明治東海道にあったかもしれない茶屋から取った??

そんな仮説を論じても仕方がない。ここは港区南陽町。
木更津金田や常滑のような風景が広がっている。

名古屋のラストフロンティアともいえる。


DSC01295.jpg
[とだがわこどもランド]
10年ぶりの戸田川緑地。何も変わってない。
変わったのは僕の穢れた心だけだ。

それでも純情だったあの頃に戻りたくて、ローラー滑り台を滑ってしまった。

DSC01310.jpg
地味な道が延々と続く。
かつての往来を偲びながら走るが面影が少ない。

[知多]という地名を見て察する。
我が地元の春日井市知多町は、現在の知多郡からきた農民によって開拓されたとか聞いたことある。
春日井市花長町は津島街道沿いのあま市花長の農民が開拓したとか。

多分そういう関係なんだろう。そもそもこの道は新田開発のときに設置されたのがはじまりらしい。

興味があるかたはこちらで。春日井の地名由来(リンク)


DSC01308 copy
時々渡る橋の上からは名港トリトンがキレイにみえる。


DSC01314.jpg
[ふたつやの渡し]
昭和初期に尾張大橋が架かるまで現役だったらしい。
そういえば中野の渡しも新濃尾大橋が開通すると廃止されるだろう、一度乗っておきたい。

DSC01316.jpg
尾張大橋を渡り長島へ。
無補給で来てしまい貧血気味なのでセブンでおにぎりを。
そこにいた自転車乗りが、「伊勢大橋怖すぎぃぃい」と話していて先が思いやられる。


DSC01325.jpg
長島の旧道はところどころ名残がある。この石もきっと人為的にかつて積まれたのだろう。


DSC01327.jpg
伊勢大橋は難なく越え、桑名へ

sitiri2.jpg
[七里の渡し 桑名湊]
昼間の桑名に来たの久々だ。いつも真っ暗。
この場所に来たのも初めてだったりする。

kuwana.jpg
遠くに名古屋駅、さらに遠くにはアルプスの峰々・・・

次の目的地、立田村まで1時間ほどかかる。
サークルKで焼き芋を購入。糖分と炭水化物をしっかり摂取。

DSC01357.jpg
想定はしていたけど、風が強い。
堤防は吹きさらしなので15km/h出すのもやっと。

DSC01353.jpg
養老山系の山々に雪?っぽいものが舞っている。
あの電波塔は多度山上公園のだろうか?ここも行ってみたい場所のひとつ。

DSC01375.jpg
[道の駅・立田ふれあいの里]
身内に頼まれたレンコンを購入し、れんこんうどんを食べる。
これが最高に美味しい。麺が味噌煮込み用なんじゃないかってくらいコシがある。
また食べに来よう。


DSC01376.jpg
[佐屋三里の渡し跡]
佐屋街道の渡し跡。七里の渡しの迂回路だったとか。

DSC01381.jpg
津島神社へ向かう道沿いにあった集落。
あまり深入りしないほうがいいのかもしれない。津島はこんな懐かしい風景が至る所にある。

DSC01384.jpg
津島神社の門前町で団子を食べる。あの秋のライド以来だ。
おばあちゃんは相変わらずお元気そう。暖かいお茶も出していただいた。ありがとう。


DSC01388.jpg
[津島街道]
いつもの道を〜

DSC01393.jpg
須ケ口のセブンでオロナミンCを投入。
ポジションに慣れてないからか極楽サドルが牙を剥く。体が痛い。

あの激風でも1時間15kmのペースは守ることができた。
つまり走り続ければ例えどんなことがあろうと大概はどこまででも行けるわけだ。

どこでも行けそうな気がして。まずは40km走ってみてから考えよう。

category: 2015 サイクリング

tb: 0   cm: 2