ぴなたんに乗って

坂折棚田タッチ145km【with ikarugasan】  

11月20日

IMG_2163.jpg


今日はikarugaさんからライドのお誘いがあったので走ってきました。
まずは集合場所の朝宮公園まで回送。

IMG_2166_20161120234032dd9.jpg

途中、霧が出て前が見づらい箇所もありましたが至って順調。
早く着きすぎてしまったのでikarugaさんと合流するまでストレッチしてたりしてました^^;

程なくしてikarugaさんが到着。

ikarugaさんとは?「ikarugaの日記」を書かれている方。
ロング寄り、ヒルクラが得意、レースには出ない位しか索敵できていませんでしたが、雨沢峠のタイムみる限り着いてけるか不安で一杯だったわけです^^;


IMG_2170.jpg

まずは木津用水と旧木曽街道を繋いで善師野越を目指します。
久々に裏道ルートを走ったのですが、この道は好きですね。

善師野を越え、帷子…可児市内に入ると…

IMG_2173.jpg

うわっ‥濃霧だわ、これ(・_・)

霧は雪と並んで好きな気象条件なのですが、ウエアに細かな水滴がついて地味に体温を奪われます。
かといって何か羽織ると湿度で汗冷えという困った状況。

ikarugaさんはサドルバックが小さいので泥跳ねして背中が濡れてるし…
いやぁ〜タフですね笑(自分はオルトリーブに助けられましたw)

IMG_7378.jpg

八百津のサークルKで小休止。
だいぶ霧も晴れてきて良かった(^^)

IMG_2175.jpg

ここからは丸山水力専用鉄道跡の県道を走ります。
その道の先に何があるかって?

IMG_2174.jpg

黒瀬湊跡の絶景です。
八百津は昔、川湊として栄えた町です。だからこそ津という字が入ってるんですね。
昔は少し上流まで木を流し、ここで筏を組み海まで流していたそうです。

IMG_2179.jpg

しばらくすると蘇水峡に出ます。

って、ここ前も誰か連れてきたような(^_^;)

それはさておき、旧418の旅足橋を目指したもののゲートが設置され通行不可だったので引き返し418バイパスへ。

IMG_2187_20161121001858e7d.jpg

このバイパスは景色が単調で一人で登るとめげそうになるのですが、二人だと心強いです。
すべては五平餅のため。食うために走るライダーなってました。時既に遅し(笑)

IMG_2191_20161121001900cca.jpg

ああああああ疲れたああああ

1ヶ月ちょい振りにまとまった距離乗ったからかクタクタです。
五平餅よりおまけで付いてきたキュウリの漬物が格別に美味でした(笑)


潮南にいても埒が明かないので、坂折棚田を目指します。
途中、潮南小学校の激坂に立ち寄ったり…。

幾つかの小さなピークを越え、滑る要素しかない激坂を下り…

IMG_2193_201611210019044e1.jpg

何度目の坂折棚田〜(棒)
怠けた脚にはキツすぎて感動する余裕すらありません。

ただ、ikarugaさんのブログを知ったらこそ新旅足〜潮南〜坂折〜笠置山あたりに来ることが増えたので一緒に来れて良かったです。

ここから蛭川峠を越えて中津川方面に行く予定だったのですが、文を読んでもお分かりいただける通り足に余裕がない状況だったので泣きを言ってプラン変更!ikarugaさんが下街道を走ってみたいというので案内することに…。
私としてはR363行きましょうよ!って言われたら輪行離脱DNFするしかないですからホント助かりましたw

IMG_2192_2016112100190242e.jpg

もう11月末なのに10月みたいな気候。
もっと晴れるかと思いきや、意外に曇天。
ツッコミどころ満載ですが、気ままに走ります。

IMG_2195.jpg

武並橋まで一気に下り、あの癖の悪い坂を登ります。
一気に引き離されるhamoさん。このままでは鱧の湯引きになりそうです。(意味不明)
待たせて申し訳ないなと思いつつも自己ベストで攻略成功!

IMG_2197.jpg

武並で下街道に合流。
東濃駅伝が開催されていたからか路面にチョークで矢印が書かれててわかりやすいですね。

このあたりで股関節に謎の激痛が走り、心配されながらも気合で五平餅スポットを目指します。

IMG_2199.jpg
[あまから瑞浪店]
ここの五平餅が食べたかった〜\(^o^)/
いつ食べても美味しい名店ですねw

この先はルートとしては単調なので先頭を交代!
こういった作戦はソロライドでは不可能なので新鮮です。

内津峠を越える脚なんて残されてないので愛岐道路でショートカット。
ikarugaさんと神領駅で解散!!お疲れ様でした!!!

途中離脱DNFという醜態を晒すことなくゴールできた喜び。
ホッとしてしばし感情を失っていました(笑)

騙し騙し乗ることは可能でしたが、注意力散漫で事故りそうだったので神領駅より輪行。
今日に限っては特に怪我するわけにならない事情があったのです。

たまに誰かと一緒に走るというのは楽しいですね。
事故なく怪我なくお付き合いいただきありがとうございました(・∀・)


category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 4

五僧峠に散った夏  


IMG_0905.jpg

今日は昨日の五僧峠リベンジ!!
同じコースで二之瀬越を目指します。

IMG_0907.jpg

二之瀬ヒルクラスタート地点付近は雨がパラパラと…。
正直、雨が降ってたほうが涼しくてありがたい。

特に意識することなくテキトーに登坂。

ん?昨日より脚が回ってるぞ。。。。
キツイには変わりないけど(汗)

IMG_0908.jpg

TIME 28:10

ギリ許容範囲といえるでしょう。
ただ本調子なら27分前後、絶好調なら25分を切ってるので悔しさもあります。

ささっと裏二之瀬へ下ります。

IMG_0910.jpg

IMG_0911.jpg


いなべ市側に下る途中にちょっと変わった祠があった。
前から気になっていたけど、なかなか立ち止まって写真を撮る気になれず。

IMG_0914.jpg

二之瀬を下り藤原町界隈をアップダウン。
この道は地味に脚を削られる嫌な道。

IMG_0916.jpg

あの山の向こうは近江国だ。
2016年8月12日現在、R306鞍掛峠は通行止め。
石榑トンネルは微妙だし、関ヶ原は山ではないし。残されたのは五僧峠ルートのみ。

IMG_0917_201608130855358ff.jpg

あの鞍部が[五僧峠]なのだろうか?
時の集落で水を補給しいざ登坂!!

が・・・走っても走っても高度が稼げない。
「ひょっとして最後で激坂になるパターンでは?」そんな不安は的中することになる。

IMG_0921_2016081309025157f.jpg

海津のコンビニで補給した3つのおにぎりが底をつき急遽養鱒場で補給を目論むが…

hamo 「ご飯って食べられますか?」
養鱒場 「魚しかないです!」


鱒だけでは補給にならない。私は炭水化物が欲しいのだ。
ないなら仕方ない。先に進もう。

IMG_0923.jpg

保月越の難路を選んだ…

この表現からして先の道のりが険しいことを察した。
このあたりは時山という集落だ。平家の落人伝説なんてのもあるらしい。
落ち延びた人が暮らしたり通ったりする道。

「普通の人は通らない」
この言葉に尽きるのだ。

IMG_0924.jpg

ようやくゲートに到着。この時点でも大した高度は稼げていない。
一時は何年も開かずの林道だったというこの道。さぁ行こう。


IMG_0925.jpg

県道から林道になってから突然路面が荒れ始めた。
そして急傾斜。10%を切ることがない・・・

登れば登るほど日差しが強くなる。熱い。
汗が吹き出して収まらない。

IMG_0926.jpg

もう、駄目だ。

五僧峠までなら気合いで登りきれる自信はあった。
でも、その先の杉坂峠までは持たないと見込んだ。

山では撤退のタイミングが難しい。
ビビりすぎても行けないし、根性で突っ込んでも遭難する。

IMG_0928.jpg

帰ろう。
いつか、絶対越えてやる。

IMG_0931.jpg

あまりにもお腹が空いたので通りがかりの店でピッツア休憩。
店の名前はわからなかったけど美味しかった。

IMG_0933_20160813091850c82.jpg

勝地峠は越えず多良峡ルートで上石津トンネルを迂回。
川沿いのルートもそれなりにアップダウンがあるので勝地峠のほうがいいかも。

IMG_0936.jpg

ふひゃ〜汗

濃尾平野ゾーンになると大型車が堤防を爆走。
この道は関ヶ原から三重方面の抜け道になっている。

大型車が来たら路肩でやり過ごすんだけど・・・・

ダンプのタイヤがスレッスレを通過して怖いんですが(;・∀・)

IMG_0937.jpg

美濃高田の町を抜けて・・・

IMG_0940_201608130928025ee.jpg

源氏橋から津屋川堤防へ。
この道を使うことで高田から駒野までほぼノンストップで快走できる。

IMG_0942.jpg

あ・つ・い

堤防だけあって日陰が全くと言っていいほどない。
ジリジリ焼かれていく…

この暑さの中100km走れたし復活した感が高まってきた。
帰投後、あまりの怠さに2時間仮眠・・・

そして!!

IMG_0956.jpg

ペルセウス座流星群が絶好の観測日よりとのことでクルマでGO!
稲武方面にクルマを走らせたがとても観測できる状況ではなかった。
伊勢神トンネルのあたりで雨降ってたし汗

稲武→恵那→山岡→瑞浪…そんなルートで200kmくらいナイトドライブ。
途中でSNSで交流のある方とたまたま遭遇しクルマ座談&撮影会を開催。

充実した一日でした(^^)

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 2

Onshore Ride130km!【坂折棚田右回り周回】  


暑いですね。最近はクルマばかりで体力もだら下がり。このままじゃ夏に負けちゃう。海から陸に吹くオンショアに乗って山に行こう。日程の都合上(一番暑い)真っ昼間からのスタート。さぁ行きまっせ。

IMG_0464_201607252130590cc.jpg

木曽街道を走り可児へ。中山道との追分を過ぎ兼山へ。途中で脱水気味になったりと撤退する理由はありましたが、走りたいという欲だけで何とかここまでたどり着きました。

IMG_0466.jpg

兼山から錦織に抜ける県道はかつての線路跡。クルマで通ると少し狭く感じるが自転車だとちょうどいい。少なくとも対岸のR418よりは快適なサイクリングが楽しめます。

IMG_0476.jpg

そのまま道なりに進むと蘇水峡橋。ここから道が本気を出してきます。

IMG_0477.jpg

不気味なトンネルを抜け・・・

IMG_0478_20160725213732d19.jpg


超道を走り抜けると・・・

IMG_0483.jpg

丸山ダムの小和沢橋。この橋の廃れ具合が気に入ってる。ただ、現場周辺は現在新丸山ダム関連工事で賑やか。いずれこの橋も取り壊される運命なのかもしれません。ここからは人道の丘(笑)経由でR418丸山バイパスに合流します。なぜ(笑)を付けたのか。

IMG_0485_20160725213735524.jpg

はい、どう考えても非人道的です。

私は人道の丘に登る坂を"非人道的な坂"と名づけています。

IMG_0486.jpg

実際行ってもらうとわかりますが、谷底から一気に這い上がる道なので傾斜がキツイ&長い。もうこれだけでお腹いっぱいな感じです。人道の丘より潮南方面は自販機がないのでドリンクを自販機にて調達。

IMG_0487.jpg

R418丸山バイパスは傾斜が地味にキツく、直線基調で見通しが良いため気力が奪われる道。そんな道の途中でちょっと好きな風景に遭遇しました。集落を綺麗なカーブで走る二車線道路。なんか好きです。ちなみにこの丸山バイパスは下りなら快適なのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし西風がそれなりに吹いているので惰性でスピードに乗って下ることがほぼほぼ困難で思ったほど快走路ではないのでご注意ください。


IMG_0492 copy

やっときました、新旅足橋。昼間だと高低感が強調され高所恐怖症に陥ってしまいそうです。橋の途中で立ち往生するわけにはいかないので、極力道路の端に寄り過ぎないように走行しました。ここで、ふと補給地点の営業時間が気になり調べると残り30分。急がねば。単調な上り坂を極力飛ばし、最後はスプリント!!!

IMG_0496.jpg

【しおなみ山の直売所】

何度かドライブがてら立ち寄りましたが、自転車では初めて来ました。何とか営業時間にも間に合い五平餅を食べよう!と張り切っていると、なんと日曜日しか五平餅を焼いてないと宣告されました(汗)。仕方ないので、近くにあった栗大福やよもぎ餅を購入してみましたが絶品!

IMG_5148 copy

※食べかけの写真でごめんなさいorz

まだ7月なのに、早くも秋を先取りです!ちなみに、この大福や餅は八百津の亀喜総本家のものらしい。美味しかったんでまた食べにこようかな?(笑)

IMG_0499.jpg

補給を済ましたら尾根伝いの道を走り篠原集落へ。標高も600mを超えるので体に当たる風がヒンヤリとしています。そして名も無きピークを越えていくと、どこへ出るでしょう?

IMG_0515.jpg

当ブログでお馴染み?の坂 折 棚 田 です!
クルマでも来てはいますが、自分の脚で幾つもの坂を越えてたどり着くと違った風景を見ているような気分になります。

IMG_0510.jpg
IMG_0519.jpg

周囲でひぐらしが鳴く中、撮影していると小学生くらいの女の子が補助輪を付けて登ってくるではありませんか。ビックリです。こちらから挨拶すると事案になりかねないので会釈すると元気のいい「こんにちは〜」との声。ごく普通のことですが挨拶というのは大切ですね。

IMG_0521.jpg

中野方川沿いに下り笠置峡へ。swarmでチェックインしようと思ったら登録されてなかったので登録しておきました。あとは武並橋を超え、小さなピークを超えて土岐川の谷筋を目指します。

と、ここで。最近流行りのポケモンGOを開いてみました!

IMG_0523.jpg

結果です(笑)
ポケモンより野生動物のほうがいそうですね^^;

最近の自転車走行不足による体力の低下で上り坂での速度維持が厳しくなっていました。武並橋からヘアピンカーブでちょっとした峠を越えるのですが、全然踏めない、回せない(泣)。ちょっと真剣に鍛えなおさねばと思った瞬間であります。

IMG_0529.jpg

ピークを越え、土岐川流域に入ったらR19をアンダーパスし下街道へ。R19を使う人もいるかもしれませんが、断然下街道のほうが安全でかつ快適なサイクリングを楽しめます。道は1%の下り坂。これが逆方向だと結構鬱陶しい道です。

IMG_0535.jpg

途中にはナンチャラ酒造だとか風情ある建物もあったりと走っていて良いアクセントがあります。釜戸を過ぎてしばらく走ると追分があり右斜めへ進みます。ここで直進すると瑞浪駅前に出やすいので五平餅を食べに行くときは直進するのですが、本日は残念ながら休業日。どちらにしても営業時間外でしょうけどね(笑)

IMG_0539.jpg

瑞浪のコンビニで焼き鳥補給して再び走り出します。土岐市高山宿を通り抜けると地味にキツイ神明峠。ササッと登り、R19へ。神明交差点から東町交差点までの1.5km区間は抜け道がないので気合でスプリントして抜けます。某ブロガーさんの記事で土岐川沿いの道を通ることで神明峠を迂回できるとの情報を掴んではいるのですが試したことはありません。

IMG_0540.jpg

多治見に下ると、なぜか熱風が吹いていて暑い。そんな暑い多治見の街に、美濃焼風鈴の音色が響き渡っていました。

IMG_0543.jpg

多治見と春日井の間は自転車乗りにとって厄介な迂回不可避な区間。そんな区間に突入する前に最後の休憩でソフトクリームを食べました。今回走行したルートでクルマが怖い!と感じるのは先程の神明峠区間と内津峠の登坂区間。反射タスキや尾灯を2つ点灯させて突入です。路肩は広いので比較的マイペースに登れますが皆さん爆走してるので怖いものがあります。

IMG_0544.jpg

やっとこさ内津トンネル。だいぶ慣れましたがパワー不足が否めない感触。まぁ地道に走りの秋に向けて鍛えていきましょう。峠を越えると春日井市。下り坂に身を委ねサラーッと加速していきます。

IMG_0548.jpg

100kmを超えたあたりから淡々と足が回るようになってきて、残距離は快適に走行することができました。久々の130km。体力不足な人に累積標高1200mは少しキツかったようにも感じますが、自分の脚に自信が持てたので良しとしましょうか。

やっと風が変わった♪ナンチャッテ笑

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 2

【G7 伊勢志摩サミット開催記念】 赤福氷を求めて140km  



人はなぜ走るのか?という曲を聞いてたら急にどこかへ行きたくなった。
この曲の主語を"僕"に、走るを”自転車に乗る”に当てはめるとあっ!ってね!!

目的地はG7伊勢志摩サミットが開催された三重県伊勢市。
今年の正月は往復輪行という怠慢をしてしまったので自走で行くことにした。

IMG_4246 (1)

雑草アレルギーなので時間短縮できる堤防を通らず市内縦断ルートで西へ。
風は弱めの追い風。気温もちょうどいい。

IMG_4248 (1)

今日は昼から天気が良くなると聞いていたのでロングタイツ着用。
なのに・・・桑名で雨が降ってきました(-_-;)

ウィンドブレーカーも持っていなかったので降り続けたらDNFだ!と思ったら雨も上がって。
なんか不思議ですね(笑)

IMG_4250.jpg

鈴鹿のコンビニで朝飯がてら某ブロガーさんオススメのドリンク買ってみた。
トロピカルで爽やかな感じ。口の中がべとつかないのがいいですね。

鈴鹿〜津間のR23 15km区間は路肩も狭く大型車が爆走する区間。
お伊勢参りの難所でもあるわけですが風を上手く味方につけクリアε-(´∀`*)ホッ

IMG_4255.jpg

気疲れしてしまい垂水から旧伊勢街道を走ることにした。
なかなか変わらない信号に苛立ちつつも旧街道へ。

すると、前のクルマが突然停止。
「なんでこんなとこで停まるんだ??」と思ったら・・・

停止線でした(汗)

写真の遠くに見えてるのが対象の信号機です。
見えるけど、停止線の位置が特殊すぎますね。
前通った時はこんな位置に停止線がなかったような気がします。

IMG_4263.jpg

旧伊勢街道は淡々と流すにはちょうどいい。
妻入町屋が増えてきて伊勢に来た!という感覚になってくる。

というのも・・・

hirakiri.jpg
わかりづらい絵ですみません(泣)

旧伊勢街道沿いの独特な雰囲気は"妻入のまちなみ"によって生み出されている。
あの有名な"おはらい町"も妻入の建物が多いですね。
ちなみに建屋の長辺に出入口があるのが平入と呼ぶのだそう。どーでもいいことばかり覚えてしまう

IMG_4266.jpg

松阪に到達。三井家発祥の地の角で伊勢街道を離脱し・・・

IMG_4270 (1)

IMG_4267.jpg

松阪城近くの御城番屋敷へ。ここに来てみたかった。
説明には「武家屋敷の面影」と書かれてるけどどこか沖縄っぽい雰囲気がある。

現在も生活されてる方がいるのでササッと退散し旧街道に復帰。
伊勢まで20km。途中には斎王が暮らしていたという斎宮がある。
都市の全貌がわかるまであと200年かかるとか。ちょっと調べてみようかな?

IMG_4257 2

伊勢に到着!!!
外宮前の赤福にてチェックイン!



2人先客のローディーがいたのですが、皆さん会話なくともTwitterで把握してる状態ww
さすが2016年!侮れないっす^^;

IMG_4273.jpg

そして来ました!赤福氷!!

IMG_4274.jpg

自走で食べる赤福氷は至福のひとこと。
やはり日常から非日常への移ろいや自分の足で来たという達成感が充実感に繋がっていく。


IMG_4277 (1)
IMG_4278 (1)

せっかくなので内宮前まで。
G7だけに7時間切りを目標に走っていたのでやれやれ。

IMG_4266 (1)

サミット効果でごった返してるかと思いきや閑散とした内宮周辺。
こんな空いてるなら赤福本店で食べれば良かったってのはここだけの話です。
明日から一気に観光客が押し寄せるのかもしれませんし。
伊勢志摩サミットのメインは賢島。でも、伊勢神宮のイメージが強い。それより某大統領の歴史的訪問があったからでしょうか?

IMG_4282.jpg

IMG_4286.jpg

伊勢市周辺では年中しめ縄飾ってるんですよねー

IMG_4287.jpg
???

失礼ながらパクリかと思ったのですが、後から調べてみると結構美味しいらしいです。
人によっては赤福氷より美味しいとか!?今度行ったら食べてみようかな?笑

IMG_4289.jpg

伊勢に行ったら必ず寄る?手こね茶屋で手こね寿司ランチ!
このお店靴が脱げる&自転車を見ながら食べられるので安心できるスポットです。
それでいて美味しい\(^o^)/

もはや伊勢志摩うまいもんサミットと化しています笑

でも、まだ最終目的地には達していません!!

IMG_4294.jpg
IMG_4295 (1)

店を出て走っていたら神宮神田を発見。
天照大御神に奉納する米を収穫してる場所です。
テレビでは何度か見ていましたが、偶然的な到達も自転車の醍醐味の一つですね。

IMG_4297.jpg

伊勢二見鳥羽ラインの側道が急傾斜でイライラしながら・・・

IMG_4298.jpg

ここです!!
もうわかりますね。何十億かけたという杉や檜で作られた施設。
外にいても木材の香りがすると記者がレポートしてるのをみて見てみたい!ってなった訳です。
というのもサミット閉幕後は解体されてしまうとのことで・・・

ですが・・・

IMG_4301.jpg

「まだ外国人記者の方がいるのですみません」
まだ警備継続中でした(´・ω・`)

残念だけど時期尚早だったようです。
宇治山田駅を目指してUターン。

IMG_4302.jpg

御幸道路という道に出た。
外宮と内宮を結ぶ主要な道で要人がお伊勢参りするときに通るんだとか。

kaido copy

こんな感じでいつも御木本道路を通っていたので気づかなかったとのこと。
道の雰囲気はこっちのほうがいいですねw

IMG_4305.jpg

あとは輪行袋に自転車を詰めてささっと撤退。
まだまだ走れたけど無理はしない。

やっと自転車に乗って楽しむという感覚を取り戻せた気がする。
140km近く走ったがまだまだ走れる気がする。
もっと遠くへ走りに行きたい!!

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 4

【輪行なんかに甘えない】板取・高賀 モネを添えて130km  

IMG_0087.jpg

空が青い、雲1つない青空。
こんな日はどこかに走りに行きたい。
気づいたら自転車に乗り北へ向かっていた。

今回は前回の"桐谷坂"の反省を活かし別ルートで北上する。
江南を縦断し各務原大橋を目指すのだが、江南は道が放射状?にぐちゃぐちゃになっている。
これを便宜上"古知野ジャングル"とでも呼ぼうか。

真っ直ぐ進んでるつもりがどっか行ってしまうというのもあって、江南には極力近寄らないようにしていた。
今回は仕方なく走行。苦手も挑まねば克服できませんから^^;

IMG_0091.jpg

各務原大橋も久々だ。
愛岐大橋より橋のデザインもオシャレ。

IMG_0094.jpg

木曽川は川幅が広い。
先日の雨の影響でかなり濁流。
これから川遊びのシーズン、水難事故がありませんように。

IMG_0097_20160512173042cb8.jpg

道なりに進むと各務原市役所駅の踏切に出る。
この踏切の手前には…ある意味、"ディープ"なインパクトです(笑)

IMG_0098.jpg

気温も上昇し暑くなってきたので、上下ウォーマー類を取っ払い半袖短パンスタイルに変身!
私は夏でもロングインナー&ロングタイツで日焼けとそれによる疲労を抑える作戦をとっているので、この時期限定。ちょっとは焦がしておきたい。

程なくして長良川の流れがみえてきた。
今回のr93ルートは桐谷坂と比べて無駄なアップダウンがなくてラクちん。
ただ大型車の横暴ぶりは変わりないのでお気をつけ下さい。

IMG_0100_20160512174441dc8.jpg

長良川に合流すると長良川リバーサイドウェイ跡を走る。
この道は車線も狭いので素直に歩道を走るのが吉。

藍川橋で対岸に渡り、ひたすらに単調な県道を直進。
何か走ったことがあると思ったら去年春に反対方向で走ってた(汗)

IMG_0104_20160512174442910.jpg

そんな単調区間も終わりミニ山岳区間に入る。
どうやら"坂の峠"と呼ぶらしい。
標高差は大したことではないが怠けた足には堪える。

IMG_0106_20160512174445620.jpg

坂の峠を越えると板取川流域に。
洞戸観光ヤナ。何度も来たな〜と思いながら。

ここからはR256をリズムよく登坂。
車通りも少なく走っていて気持ちがいい。

IMG_0107.jpg
[モネの池]
ようやくモネの池に到達。
今更感ありますけどお付き合いください(汗)

IMG_0110_201605121757244c8.jpg

う〜む???

IMG_0111 (1)

う〜ん(こちらは加工してます。)

色々ブログで見ていたので期待はせずに行ったのですが・・・
イマイチですねー。

確かにそれなりに綺麗な水に鯉が泳いでる池は珍しいと思います。
ただ、あくまで池で流れがなく淀んだ空気感。清々しさがない。
正直、私の感性には合いませんでした(泣)

まぁ、でも安心してください。
もっと良いところ見つけてありますから笑

IMG_0118.jpg

このまま北上するとタラガトンネルで郡上にも抜けられる。
もっと北上すればアジサイロードなんかもある。
これからの季節、もっと探索してみたい。

IMG_0120_20160512175729f99.jpg

ちょっと走ると今回のメイン?高賀神水庵に到達。
皆さんポリタンクで汲みに来ている名所。

というのも、ここの水は有名なんです。
高賀の森水という名で販売されてますし、プライベートブランドの天然水も中身は高賀の水だったりします。高速道路のSAで売っている眠れる森の美水も高賀の水です。

IMG_0121.jpg

初穂料を納めようとしたところ飲んでっていいよ!と言われたのでお言葉に甘えて。
キンキンに冷えてるわけじゃないけど美味しい。
何よりちゃんと管理されてるので安心して飲めます。←重要ですw

水を汲み終わると高賀神社まで3kmとの看板が目に入る。
渓谷沿いだしずっと登り坂だろうな〜と思いつつも・・・

IMG_0124.jpg

登ってしまうのが自転車乗りの性です(笑)

IMG_0125.jpg

何だか長文で読む気も失せるな(^o^;)
それにしても妖怪ネタが多い。

高賀神社はこの一体の守り神になっているんだそう。
きっとそんな関係で高賀山周辺の水は綺麗なのかな?

ちなみに高賀山の隣は瓢ヶ岳です。
ローディー御用達・片知渓谷を抱える山。
片知渓谷が行き止まりでなくどこかに通りに抜けることができれば行くんですけどー。

IMG_0128_2016051218095966a.jpg
IMG_0129.jpg

それにしても気持ちがいいほど空が青いなぁ〜
しっかり光合成しなきゃ。

IMG_0123 (1)

高賀川の流れは清々しい。某池みたいに流れなく淀んでる水より流れてる水が好き。
人の感性には個人差ありますけどね。

IMG_0130_20160512181002b0d.jpg

高賀神社から下る道に謎の橋を発見。
何のための通路なんだろう?気になったけど表記を発見できず。
誰か知ってる方いれば教えて下さい!

IMG_0131_201605121810034a5.jpg

R256を走り道の駅・ラステンほらどへ!
10時前にも関わらず贅沢にも鮎丼を食べることに!!

これが、最高に美味しかったんです!!

ご飯にもしっかり味がついていて食べやすい。
お値段は1000円しますが、価値はあると感じました。
また食べに行きますw

ここからは往路とは違う道で帰ります。
美山の連続トンネル区間を突破し山県市へ。

美山から市街地なると思いきやずっと郊外路。
いつになったら市街地になるんだと思いつつ我慢の走行。

IMG_0134.jpg

長良橋。
昨日、鵜飼開きが行われたらしい。
今年こそは写真撮りに来たいなぁ。

IMG_0137_20160512182223671.jpg
IMG_0139_20160512182225cc5.jpg

ここからはお得意な道で岐阜駅を経由し一宮を目指す。

IMG_0145.jpg

岐阜駅前で今年初の100km突破。
5月12日、これまで100kmを超えるライドをしてなかった。
12月26日より138日目。長い長いスランプだった。

100km超えると足の怠さが症状固定され、淡々と距離を稼ぐ作業になる。
この淡々と距離を稼ぐことこそがロングライドの醍醐味だ。

IMG_0149_2016051218295929e.jpg

いやぁ〜暑い暑い。手元の温度計は30℃を軽く超えた。
まだ風が冷たいだけ助かるが35℃近くになると鉄板感が増してくる。

ここで熱中症の気配を感じて慌ててピットイン。
あとは淡々と安全に走る。遠くに煙がみえていて何かと思ったら春日井の紡績工場で火災があったらしい。結構遠くからでもみえるんだな〜と。

クルマに甘えてた影響か家に戻ったら身動きとれなくなったのはここだけの話です。
それにしても自転車の達成感・充実感・ここにいるという感覚っていいですね。

自転車に乗るときは速度が出せず苛々するより、ゆっくりでもいいから1km、100m、1mを地道に減らしていくのが大事なのかもしれません。遅ければ周りを見る余裕が生まれます。そして目的地を通過点に変えると達成しやすいのかなって感じました。何事にもいえますけどね(汗)

ところで、今日は半袖インナー(ジオラインL.W.)を着用していったのですが肌が汗でベタベタしたりせず、また脱いだ時も汗臭さを感じませんでした。ジオラインの抗菌防臭効果が効いているのかもしれません。

やっと100kmを超えるライドをして感覚を少し思い出せた気がします。

次はもう少し遠くに行きたい!!

category: 2016サイクリング

tb: 0   cm: 0