05

18

コメント

初ブルベのメダルがやってきた!

IMG_0214.jpg

ちょうど2ヶ月前に参加したBRM318中部200kmのメダルが届きました!

あのブルベが自分にとっていい気分転換になったのは言うまでもありません。
AR中部の皆様ありがとうございました!

かく言う私ですが、
4月下旬の東京~名古屋ツーリングを最後にまとまった距離を走れていません。
燃え尽き症候群でしょうか??


このままでは脚が怠けてしまうと思い、
久々に走りに行こうとするとハンドルが重い・・・

ひょっとして故障・・・


IMG_0211.jpg

メカニック 「あ~これはダメなやつですね

ヘッドベアリングが壊れてしまった模様(汗)

メカニックいわくこのままの状態で"乗れないことはない"と言いますが
「大事をとって乗らないほうがオススメ」とのことなので乗れない状況が続いています

パーツが届き修理が完了するとなると
なんだかんだ1ヶ月まとまった距離に乗れないという事態になりそうです。

困った困った
梅雨が来ちゃうぞーー(-_-;)

05

01

コメント

名古屋→東京ロングツーリング 366km 20h23mの軌跡 【キャノンボール初級】

IMG_0129_20180501121524ae2.jpg

計画を立ててから何年経つんだろう?

僕が2010年に"ロードレーサー(当時)"という乗り物を知り
2011年にロードバイクを購入してから一つの目標だった

東京~名古屋間自転車走破プロジェクト

2011年から試走を繰り返し、2014年・2015年は本格的に出走
しかしいずれも途中でDNF
名古屋まで残り75km地点でリタイヤ(リンク)…なんてこともあった

その後、ドライブにハマってしまい自転車と距離を置く生活が始まり
ますます達成が困難に向かっていった


「もう、諦めたほうがいいのかも…」


諦めるのは簡単だ。
しかし今までのサイクリングもロングライドも
「東京~名古屋間を自転車で移動すること」を目標にやってきた
このまま諦めていいのか・・・???

そんな風に思いかけていたときに参加したのが[BRM318中部200km(リンク)]
怠けきった脚を山岳ブルベに晒したことで忘れていた感覚を思い出した

ちょうど隣国で歴史的な対話が行われていたりとチャレンジするムードは十分に高まっている

それに300kmの走行経験がないと400kmブルベの参加資格が得られない

天気も風向きも気温もベストコンディション!
日も長い季節だ

とりあえず名古屋の中心・栄から東京・日本橋を目指そう




ルートは暗記済み。そりゃそうだ、何度チャレンジしたことやら(汗)
先駆者たちはログを残しているので僕も足跡を残しておくことにした

もしこのブログを読んでチャレンジしたいと思った人の参考になればと思う



[装備]
・PINARELLO FP-Quattro(2013)

半袖ジャージに長袖インナー
指切りグローブにコンビニ手袋
一応ウィンドブレーカーも持参した

サドルバッグには輪行袋とモバイルバッテリーを仕込む
ライトは前後二灯体、反射ベストは常時着用
ログ取り用にGPSも付けておく



2018年4月28日を決行日に決定!
いつかできるから今日できる!



続きを読む

04

22

コメント

【ツールドやはぎ 2nd】 矢作ダム・稲武サイクリング 140km

IMG_0059.jpg

もう夏なんじゃないの??
そんな天候に恵まれた日曜日
久々に矢作ダムまでサイクリングに行ってきました。



矢作ダムへ自転車で行ったのは2013年5月の一回きり。
ピナレロを買って初めて山岳地に足を踏み入れたサイクリングということもあってとても印象に残っています。

車という文明の利器で怠けきった足を鍛えなおすには絶好の目的地。
今の走力の確認も兼ねて。いざ!





続きを読む

04

16

コメント

【木曽川堤防ぐるっとサイクリング2018】 木曽川サイクリングロード~背割堤100km

IMG_0008.jpg


木曽川堤防サイクリング
またの名は"木曽川ぐるっと"
それは僕にとって特別なサイクリング

今の相棒、ピナレロ・FPクアトロと出会ったのが今からちょうど5年前の春
出会って最初のサイクリングこそ"木曽川堤防サイクリング"なのだ

そんな歴史と伝統あるコースをトレースしてみることにした。
もちろん少しエッセンスも加えて…

続きを読む

04

04

コメント

下呂温泉往復サイクリング 【名古屋→下呂→名古屋】

IMG_6589.jpg

プライベートで下呂温泉に旅行に行く機会がありました。
車で行くのも悪くはないですが、やはりここは自走で行きたい。
そんなこんなで自転車で一泊二日の下呂温泉旅行となりました。


ルートはこんな感じ。
王道ともいえる国道41号飛水峡区間を避けてるのは理由があってのこと。

続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

まとめ