【あがりのホイール?】フルクラム・レーシングゼロカーボンがやってきた


結論‥これは最高です(^^ゞ

物自体はとっくに届いていたのですが、なかなか乗る時間がなく…💦

IMG_3260.jpg

今回導入したのはフルクラムのレーシングゼロカーボン。
巷で"レーシングゼロカーボン"と呼ばれているカーボンクリンチャー。

このホイールの最大の特徴はアルミスポークにカーボンリムの組み合わせ。
25c標準化時代対応のワイドリムというのもポイントです。

GP4000の25cを履くとフレームに干渉するので23cを使います。
GP4000の23cは25c相当なので問題はないはずです。 ※自己責任

IMG_3255.jpg

風が強かったので数キロの試走となりました。

まず感じたのは乗り心地の良さ。
アルミスポークによって硬くなるのかと思いきや然程でもありません。
地面からの振動が一発で収束します。

信号待ちからの発進でホイールの良さを体感できますね。
とにかくゼロ発進がスムーズです。

巡航時は円が円のまま回ってくれる感覚で走っていて気持ちがいいです。
ラチェット音がしないので慣れるまでは少し時間がかかりそう。

IMG_3257.jpg

スタバ休憩しつつ折り返し。

帰路も往路と変わらな印象。
カーボンリムで問題になるブレーキも全く問題なし。
効かないという感覚はありません。

IMG_3263.jpg

カンパ純正の赤いブレーキシューがなかなかカッコイイです。
フレームの色と合うのが良き。

少しの試走でしたが非常に好感触。
あとは峠や、ロングでどんな印象になるのか?が気になります。
こればかりは乗ってみないとわかりませんね。



このホイール、どこか新型スバル・インプレッサ18インチ装着車の乗り味に似ている気がします。
なんでだろう??笑







ぴなたんに乗って 〜道しるべ〜

[ 続きを読む » ]

新城市・長篠にある河津桜のトンネルを見に行こう。



少し前からネットで話題になっていた、新城市の「河津の桜並木」
ちょうど見頃との情報も耳にしたので行ってみることにした。

過度に期待するとモネの池のような事態になるので、あくまで動機づけ。
ネットで話題になってる場所に行くのも悪くない。

名古屋から新城へは大まかに3つのルートがある
1, 王道のR1・r5・R151を繋ぐルート
2, R153・R301・R151を繋ぐ作手高原ルート
3, R153・R420・R257・R151を繋ぐ設楽ルート

1は王道過ぎてつまらないし、3は少しだけ気が引ける。
消去法で作手ルートが選ばれた。


IMG_3123.jpg

さぁ行こう。
はやる気持ちを抑えてのんびり走る。

IMG_3126.jpg

まずは起点となる「なごや本町元標」にタッチ!
ここからだ。

IMG_3130.jpg

今回はR153バイパスを走ることにした。
所々、自転車通行禁止箇所があるが尾根幹的な道で快適に走ることができる。

むしろ、以前通った旧道のほうが走りにくい。

IMG_3133.jpg

厚木市に似てる? 豊田市を通過。
中部産業界を牽引しているといってもいい場所。

豊田市街を抜けると山岳区間に突入する
麓には松平氏発祥の地とされる松平郷があるがスルー。

R153バイパスで削られた脚では登るので手一杯。

IMG_3134.jpg

根引峠、地味にキツかった。
距離はないのでプチ雨沢といったところだろうか。

IMG_3137.jpg

疲れてきたので、下山の里で五平餅。
コンビニで在り来りなものよりは現地の物が食べたい。
作手ルートを選んだのはグルメ目当てだったりする。

IMG_3138.jpg

大沼の集落から少し走ると「切山の大スギ」という名所がある。
いつかR301を自転車で走ることがあったら寄ろうと思ってた場所。

行ってみよう。

IMG_3139.jpg

でかい。

IMG_3144.jpg

樹齢1000年超は伊達じゃない。
不気味さすら感じる。

IMG_3151.jpg

もっとじっくり見たいと思った。
ただ、花粉の飛散量が半端じゃない。近くの杉の木はみんな嫌な色になっている。
風も吹いてきた。去ろう。

IMG_3153.jpg

軽く山を越えると作手に入る。
こんな何気ない小川の写真を撮れるのも自転車の魅力。
マイペースに走る。

IMG_3155.jpg
[道の駅・つくで手作り村]
つい先週クルマで来たばかり。

IMG_3154.jpg

ここの目玉は美河フランク。レギュラーとビックサイズがある。
レギュラーのほうがまとまりが良いと思ってレギュラーにした。

FullSizeRender.jpg

うん、美味しい♪(語彙力の低下)
自力で辿り着いて食うソーセージは美味い。

IMG_3156.jpg

ササッと食べたら少し登ってダウンヒル。
本宮山付近のR301の峠は「和田峠」と呼ばれているらしい。

和田峠は典型的な片峠。豊川が流れる中央構造線の断層谷?に一気に下る。

IMG_3159.jpg

新東名愛知県区間も見えた。
3車線で造っとけば良かったのに💢

IMG_3176.jpg

R151に合流し「もっくる新城」を過ぎて暫く走ると到着。
長篠郵便局のある「長篠交差点」を左折すれば案内があるのでわかりやすい。

IMG_3175.jpg

旧田口線跡に植えられた河津桜。
廃線跡は生活道路に転用されている。

上手く使えば奥三河サイクリングが捗りそうだ。

IMG_3165.jpg

トンネルを入ってすぐ写真を撮るのは惜しい。
反対に回ろう。

IMG_3170.jpg

あゝいい。

IMG_3171.jpg

あゝいい。

IMG_3162.jpg

お先に、春、失礼します。

IMG_3174.jpg

河津桜の濃いピンク色がまたいい。
わざわざ足を運んでよかった。

IMG_3173.jpg

花粉で限界に来ていたので予定通り輪行を決断。
電車を調べると10分後に来るとのこと!

急げ(๑•̀ㅁ•́๑)✧

IMG_3178.jpg

5分あれば十分♪
ささっと片付けて無事乗車。

IMG_9241.jpg

豊橋で名鉄に乗り換えて無事帰投。
豊橋輪行n回目だ???笑


結果大満足でした(^^)
それにしても三河は遠く感じますね(汗)

【PremiumThursday.】三度目の正直 in多度山


PremiumThursday.・・・

そんな大げさなことでもないんだけど早帰り。
ちゃちゃっと多度山でも登ってこようか!

ささっと飛ばして、木曽三川越えて…
R256との交点・柚井(ゆい)交差点を直進すれば多度山の登り口。

柚井交差点が丁字路だと思い込んでて、多度川沿いまで南に迂回してた。
恥ずかしぃ(汗)



IMG_3069.jpg

多度山のてっぺんだお!!

今日は何とか脚付きなしで登頂!!
三度目の正直だ。

タイムはstravaのセグメント基準で23:25
多度山への登り口からだと24:36といったところ。

タイムを求めるとストイックになるし、この程度で十分だ!

IMG_3067.jpg

今日もいい景色だな〜
アクションカム装備で登ってきた。あとで動画UPしよっと!
(編集間に合わな〜い汗)

IMG_3065.jpg

みぞれ混じりの雨もぱらつく多度山から望む濃尾平野

IMG_3072.jpg

北東の方角のピカーって反射してたのは何だったんだろう??




下山してたらジャイアント乗りさんがアタック開始してた。
薄暗い山道…健闘祈る( ー`дー´)キリッ

IMG_3074.jpg

多度山は下りが厄介なので、二之瀬の開通が待たれますね!

多度山のぼったど〜


3月4日

花粉症シーズンが本格的に始まったのかムズムズ🌲

とあるブロガーさんの記事を読んでから多度山に行きたいと思ってた。
せっかく時間あるし久々に行こう。

一度、2015年春に行っています。

IMG_3006.jpg

立田・長良川・油島大橋を越えていく。
700mの間で愛知→岐阜→三重と渡る区間。

MAGロード(死語)なんてのもあったし、MAGブリッジと命名したい。

IMG_3007.jpg

宇賀神社のところから急に始まる山岳路。
入口で写真撮るの忘れてしまった。

平地から一気に400mの山頂を目指すので急傾斜。
これがよい。これがよいのじゃ。

IMG_3056.jpg

ギュッ!ギュッ!
踏力の地面への伝達感が坂の魅力だ。


コンクリ舗装ということもあって、ヘアピンでのコース取りは重要。
迂闊に踏み込むと前輪が浮き上がる。

休むにしても場所を選ばないと再発進不能。
車が来たときは素直に降りて、発進できるポイントまで押し歩きですw


IMG_3023.jpg

のぼったど〜!!
2015年4月ぶりの登頂!

IMG_3042.jpg

盛ってるけど景色いいですのーん

IMG_3037.jpg

なんかいいなぁ〜

IMG_3027.jpg



思わず「何度目の青空か」を口ずさみたくなりますね〜

近くに少年がいたので何しにきたのか? 尋ねてみた。
彼は鳥を見に来たらしい。このあたりには鳴き声の可愛い鳥がいるんだとか。

シティーサイクルで頂上まで来て、双眼鏡で鳥を探す。
どんな大人になるのか興味がありますね。またどこかで会えるかも?

さてと下山。

IMG_3052.jpg

多度山はMTB遊びとしても人気らしい。
マウンテンバイク興味あるし、ゆくゆくは…

IMG_3053.jpg

新しくなった離陸地点を確認してダウンヒル。

久々のダウンヒルは握力不足でヒヤヒヤ。
ワイヤー内装ハンドルが引きを重くしてるのかもしれない。


IMG_3057.jpg

じゃあね、多度山♪
40kmちょいでしたが、いい負荷になりました。

思ったより脚の疲れはありません(^^)