【レーシングゼロカーボン→ゾンダ】 レーゼロカーボンを1000km使ってわかったこと


IMG_3830.jpg


○ フルクラム・レーシングゼロカーボンの感想

3月末から愛用していたフルクラム・レーシングゼロカーボン。ホイールが真円で回る感覚が気持ちがいいホイールだ。回転性能が高いハブを搭載しているので緩傾斜でも速度が落ちづらく、ブレーキングも優秀。カーボンクリンチャーとしては一つの完成形として高い評価を得てるのも頷ける。そんなクリンチャーホイールの頂点に君臨するともいえるレーシングゼロカーボンだが問題点が無いわけではない。


1つ目が横風に対する弱さ。

私の体重が軽いからか横風で足をすくわれそうになる。
ゾンダは前24mm,後ろ30mmのリムハイトだがレーゼロカーボンは前後とも30mm。
たった6mmの違いだがかなり違う。心底ディープリムを買わなくてよかったと思った。


2つ目が尻(坐骨)の痛み。

今まで尻痛とほぼ無縁のサイクルライフを過ごしてきたのに急に痛みが発生。100kmを超えるとまともに座っていられなくなるほど痛くなる。カンパのG3に対してフルクラムの2to1という組み方が効いているのか?
はたまた、ゾンダのステンレスに対してレーゼロカーボンのアルミスポークが効いているのだろうか?

サドル幅を変更しても一向に改善がみられないのでゾンダに戻して検証してみることにした。


IMG_4441 copy


○ カンパニョーロ・ゾンダに戻してみて

第一印象は「乗り心地が良い」ということ。ブチルチューブからラテックスチューブに変えたときのような変化がみられた。レーゼロカーボンと比べてると真円感やハブの回転性能では劣るような気がするが、踏んでも足に反発が来ないのでウィップを効かせながらダンシングしたり加速すると気持ちがいい。一方で、緩傾斜での速度維持や向かい風での速度維持においてはレーゼロカーボンに軍配が上がるような気がする。ゾンダはナローリムなので23cを履かしても後ろめたさがないのもいい。ラチェット音はカンパの特権だ。


○ 総合的に‥

ゾンダは価格的にも性能的にも良いホイールなんだろうなと改めて思った。
一方でこの乗り心地の良さはスポークから来てるのか?それとも組み方から来てるのかも気になる。

G3組でアルミスポークのユーラスだとどうなんだろう?
G3ではないステンレススポークのニュートロンだとどうなんだろう?
そんな風に好奇心が広がっていく。

レーシングゼロカーボンは名前からしてレーシングゼロの延長線に位置するモデル。
ガツガツ乗る人や、少し柔らかいフレームや金属系フレームに合わせるとより輝くのかな?とも。

"加速・瞬発のレーシングゼロカーボン"
"巡航のゾンダ"


ホイールによって得意なことは違う。
どちらも良いホイールだ。

残念ながら現行のゾンダはロゴも地味でワイドリムになってしまった。
今持っているゾンダは大切に使っていこうと思う。


旧春野町・天空の茶畑スカイラインへ行こう

IMG_4346.jpg




何気なく国土地理院の地形図をみていたら浜松市天竜区(旧春野町)に良さげな尾根道を見つけた。
Googleストリートビューも途中の集落までしか対応していない。

その先に続く道を見てみたい!

徹夜で名古屋を出発。
23号バイパス-東名高速-新東名と繋ぎ浜松浜北ICより下道で。

IMG_4329.jpg

春野町のとある駐車場に拠点を設置。
迷惑になってはいけないので一番隅っこに駐車した。

眠くなる前に登ってしまおう!!

【東部丘陵は遠いよ‥】新ルートでモリコロへ



今日はモリコロパークへ行ってきました。

とは、いっても普通に行くのでは詰まらない。
佐屋街道を使って回り道していこう。

IMG_4302_20170520212756b65.jpg

まずは金山にあるタイ料理店でランチ♪
トムヤムクンヌードルが好きで本物を食べてみたくてやってきた。

味は2015年秋にデニーズで食べたトムヤムクンに似てる感じ(笑)
あの時です…

暑い上に、トムヤムクンで体が火照り目的を喪失。
仕方ないのでカトサイを経由して天白川を目指す。

IMG_4306_2017052021275836f.jpg

天白川もサイクリングロードが整備されれば便利になりそう。

IMG_4307.jpg



親子でサイクリングしてた人を追走してると砂利道へ。
しかしこの子供さんよく道を知ってるなぁ〜汗

途中で追い抜き、私は植田川沿いを上社へ。
上社からは県道を使って東部丘陵を駆け抜けていく。



旧佐屋川・天王川の面影を探そう 【AcademicCycling】


連休初日‥
前日の昼に食べたものに当たってしまったらしく調子がイマイチ。

そんなこんなで廃川跡を辿る学究的なサイクリングをすることにした。

目的は佐屋川の面影をみつけること。

佐屋川とは木曽川の支流。祖父江緑地付近から木曽川から分かれ、森川町の先で再合流していた。しかし明治時代に堆砂が深刻だったため締め切られてしまった。その後、佐屋川用水が整備され、現在は海部幹線水路が佐屋川跡をほぼ踏襲している。

佐屋川を紐解かないと津島の街を語れない。
早速、現場へ向かった。